NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

医療の犯罪 1000人の医師の証言 - 動物実験を廃止せよ 3P

2014-10-04 20:43:22 | 読むとためになるもの
医療の犯罪 3p 動物実験を廃止せよ
日本動物実験廃止協会会長 医学博士 甲田光雄


一、「科学」の名のもとに出てきた薬害

科学至上主義がまかり通ってきた二十世紀も、その終わりに近づいて大きな欠陥がつぎつぎと表に現れてきました。
最近の薬害によるエイズの発生も、そのよい例であります。
日本国民を恐怖に陥れ、新聞やテレビなども毎日のように犠牲者たちのいたましい姿を報じ、大きな社会問題になっております。
日加熱製剤お輸血によるエイズの感染は、ほぼ間違いなしという症例が幾例も出ているのに、加熱製剤の使用を決断しなかった理由は、加熱製剤の安全性が「科学的」に証明されていないということでした。

「科学」の名のもとにまかり通ったこの暴挙で、じつに1800名以上の人々がエイズに感染し、400名余りが死亡するといういたましい結果となってしまったではありませんか。
その加熱製血液の安全性を「科学的に証明するため」に、まず動物実験を行うというのが有力な条件になっているところに大きな問題があるわけです。
こうして「科学的」にその誤りが証明されるまでに危険な薬剤や製品の使用が続けられた結果発生した大惨事は、薬害エイズの前にもいくらでもあります。

昭和29年(1954年)に起こった森永ヒ素ミルクによる中毒、それに続く九州での水俣病などもその例外ではありません。
またスモン病やサリドマイド事件などもまだ私たちの記憶にはっきりと残っております。

「科学的にその誤りが認められるまでは」というこの「科学」の名において人類が蒙った被害がどれほど大きなものであるかを、いま私たちは謙虚に反省する必要があると主張したいのであります。

「科学的」という言葉がいかにも正しくて、私たちの生活を幸せに豊かにしてくれるものと信じてきた人々が、いまや大きな衝撃を受けることになったわけですが、しかし、いまだになお、「科学的」という名のもとに、その正当性を妄信している人たちが少なくありません。
動物実験がそのよい例であります。


二、動物実験は信頼できるか

医学あるいは薬学の分野で提出される論文で、動物実験の結果を証拠としてその論文の正当性を発表することが、学界での審査にパスするもっとも有利な条件とでも云うべき「暗黙の了解」があるようです。

したがって、医学あるいは薬学の研究に従事する人たちは、まず動物実験が出来る教室や研究所を選択することになるのです。
そして、動物実験を行っているということがいかにも学究的な、レベルの高い研究者であるかのような妄想にとりつかれてしまっているわけです。

こうして誰も彼もが、いたいけな動物を無残にも殺生し、「無益とでも思われるような」実験にも手を下さざるを得ないと言うのが研究室での現状であります。
その結果でてきた成績が、自分の論文に対する評価を高めることになるのだと信じているところに大きな悲劇があるわけです。
しかし、このような動物実験得られた成績を添えて提出された論文が、学界での審査にパスするための有力な「切符」となっている限りは、止むを得ぬ手段と云うべきでありましょう。

問題はこのような動物実験を「正しい科学」と位置づけた学界の風習であります。

色々な動物実験をよく検討してみると、その結果は人間にそのまま当てはまらないという場合が極めて多いことに気がつく筈です。

例えば、痙攣を沈静する作用があるスコポラミン(アトロピン類に属する)は、たった2グラムで一人の人間を殺すことができます。
しかし、犬や猫ではその100倍の量でも死なないのです。
もし犬や猫での実験結果をそのまま人間に応用すれば大変なことになってしまうでしょう。

またアヘン(モルヒネ、コデインなど)は麻薬として一般の人々に使用が禁止されておりますが、このアヘンの中毒患者が半月(15日間)毎日使う量を、ハリネズミに全部一度に与えても平気であります。
人間なら命に関わる問題であるのにです。

このように動物実験の結果をそのまま人間に当てはめることは出来ないのであります。

そのうえ動物実験はその動物にとって強度のストレスとなっている場合が少なくないのです。
例えばマウスに注射針を差し込んだ場合を考えて見ましょう。
体重50グラムのマウスに0.2mmの太さの注射針を差し込むとすれば、50キログラムの人間に換算すると(100倍)、なんと10cmという太い注射針になってしまうのです。
その10分の1の注射針であっても、それを腕や脚に差し込まれたら、どれほど強いショックを受けるか、想像できるではありませんか。
そのようなショック状態で得られた動物実験の成績を、果たして正しい評価としてよいのでしょうか。
私は長年断食療法の研究を続けてまいりましたが、断食をする人の精神状態によってその成績がひじょうに違ってくることを痛感しているのであります。
強い不安感や恐怖をいだきながら絶食を行う場合、あるいはまた強制的に断食させられた場合と、「この断食で自分の病気は必ず治る」と確信して喜び勇んで断食を行う場合とでは、その結果に歴然たる差が生じるのは当然であります。
喜びや希望で、体内でのβエンドルフィン(ホルモン)分泌が増え、不安や恐怖ではアドレナリンの分泌が増えることからもその理由を説明できる筈です。

しかるに動物を絶食させて実験するという場合は、ストレスにこそなれ、決して快感は生じないのであります。
このような状態で行った動物実験の成績をそのまま信じてよいものか、すぐ解るではありませんか。

私が患者さんたちに対して「断食」という言葉を使って、決して「絶食」と云わない理由はここにあるわけです。

以上のことから、動物実験の必要性を謙虚に反省していただきたいと思うのであります。


三、病気の大半は誤った生活が原因

私は長年、西式健康法を基本にした断食療法、玄米小食療法応用して、現代医学の治療法でも治らなかった難病疾患、例えば慢性関節リウマチや全身性エリテマトージス、多発性硬化症、強皮症などの膠原病、それに重症筋無力症や橋本病(慢性甲状腺炎)、或いは慢性肝炎や慢性以遠などの患者さんたちの治療に当たってまいりました。
その結果、注目に価すると思われる好成績を挙げることが出来たのであります。

この臨床経験の中で人間の病気の大半は、各自のライフスタイルの誤りが原因で起こってくる、ということを痛感した次第です。
したがってこの誤れる生活内容を各自の患者さんたちがよく反省し、それを正しいライフスタイルに改めるならば、必ず病気は治ってくるという姿をあまりにも多く見てきたわけです。

たとえ遺伝的な疾患と思われるものであっても、「正しい生活」の実行によって症状の改善が認められるということを筋ジス(進行性筋ジストロフィー症)の坊やたちの臨床で確認することが出来ました。
この問題については拙著『ぼく筋ジスなんかに負けないよ』(せヽらぎ出版発行)の中で報告しておきました。

以上の経過から私には動物実験の必要性を感じておらないのであります。


四、真理の芽を抑圧する学界の風習

ところで、この筋ジスの坊やたちに応用した栄養療法は、当院で創案した生菜食療法であります。
これは火を加えたものは一切食べず、生の野菜と生玄米粉だけを長期に食べ続けるという厳しい食事療法であります。

成人男子では一日に数種類の生野菜を泥状にしたもの1キログラム、生玄米粉150グラムで、これを二回に分食するのです。
一日の総摂取熱量は僅か900キロカロリー、蛋白質は約25グラムという低カロリー、低蛋白食ですが、この食事で大の男が1年でも2年でも元気に働いてやってゆけることが、解ってきました。

これは現代栄養学の常識では考えられないことです。
大体、基礎代謝量にも足りない低栄養では早晩栄養不良に陥り、倒れてしまうに違いないと考えられるでしょう。
ところが、どっこいそうはならないのです。

これまで約6000名の人たちがこの生菜食療法を実行してこられましたが、この食事で栄養不良になるどころか、現代医学で治らないとされている各種の難病も治ってくるという症例が続々と出ているのであります。
この問題については、またの機会に詳しく説明することにいたしましょう。

ところで甲田医院での生菜食療法に関する症例報告をまとめて、学界に発表しても、結局は無視または黙殺されることになってしまうのであります。
動物実験のような基礎的研究の手順を踏んでいないからだめだというのが学界側の意見ですが、これによって折角育ってきた新しい真理の芽が抑圧されてしまうことになるのです。

人類の健康と福祉の増進のために誠に残念な風習と云わねばなりますまい。


五、真の平等思想に基づいた医学

人類はいまや有史以来、最大の危機を迎えているように思われます。
加速度的に進展する環境問題、例えば大気中の炭酸ガスの増加による気温の上昇、フロンガスによるオゾン層の破壊、それに酸性雨、熱帯雨林の激減、砂漠の拡大等々、どれも皆人類ばかりか、地球上の全生物にとっても死活の大問題であります。
地球が危ない!という叫び声が世界の各所から吹き出しているのも当然のことと云わねばなりません。

このような危機を迎えた原因は何か?
それは人類がこの地球上に出現して以来、4百万年の間、「人類独尊」という差別思想に終始した生活態度をとってきたことが根本原因であると、私は考えております。

つまり、人類に都合のよい「いきもの」は飼いならして利用し、兵器で殺傷してきました。
動物実験もそのよい例であります。
また、都合の悪い「いきもの」は皆殺しを強行してきたわけであります。

農薬の乱用、抗生物質の乱用などがそれですが、その報いを受けて、今度は人類生存にも脅威が迫ってきたではありませんか。
これは、病害虫を皆殺しにする差別思想の農業や医学に対する天の警告であります。
いまこそ私たちは、この差別の農業や医学を反省し、あの2500年前に説かれた釈尊の「真の平等思想」に基づいた生き方をするのでなかったら、21世紀からの人類に、幸せな未来はないと考えられるのであります。

つまり、人間の命だけでなく、動植物や微生物の「いのち」を含めた、すべての「いのち」が共存共栄をはかるという生活態度が、いま問われているのです。
したがって、動物実験の廃止は当然のことと私には考えられるのであります。


六、動物実験廃止の大運動を展開せよ

さて、それではいかにして動物実験の廃止を成功させるかという問題になるわけですが、これには想像以上に困難な障壁が、その前に立ちはだかっているものと覚悟しなければなりますまい。

動物実験を廃止されては困る人たちがいかに多いかを考えればすぐに解ることです。
しかもその最奥に「見えざる政府の陰謀」があることを理解しておく必要があるのです。

この問題については『世界医薬産業の犯罪』(ハンス・リューシュ著 太田龍訳。三交社)に詳しい説明がありますが、私たちが21世紀からの真の繁栄と健康を成就するために乗り越えなければならない最大の障壁であると考えられるのであります。

しかし、「真理」に目覚めた先覚者たちの警告に耳を傾け、この社会の真実の姿を理解した人たちは正義の御旗のもとに一致団結して動物実験廃止の大運動を展開すべきではないでしょうか。

その日が一日も早く来ることを願って止みません。

医療の犯罪―1000人の医師の証言
三交社



http://alfjp.blog96.fc2.com/
動物愛護 映画館 ★ アニマルライツ シアター


     

ジャンル:
やっちゃった
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療の犯罪 1000人の医師の証... | トップ | グリーーーーーン、アーーー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。