NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

 焼肉、好きですか?

2013-09-06 11:37:09 |  声 な き 動 物 た ち

これを書いてる本人は楽しくて書いてるんだろう、と思いますか?
読んでるあなたは、「考えたくないから読みたくない」で良いと思いますか?


 命を大切にする事ってどう言う事、。
動物の命は人間より軽いのか 世界最先端の動物保護思想



▽毛皮の為に残酷な方法で皮をはがれる動物。

「人が生きる為、食べる為に必要じゃないのに酷すぎる!」と言う人。


子供の頃から何の疑問も持たずに牛の肉を食べて育ってきた人間。


そして、

 その牛はどうやって育てられて、どんな過程で食卓に並ぶのかを考えずに生きてきた人。

考えない大人は、子供に教える事が出来ない。
 子供は知る事が出来ない。 考える機会も与えられない。

      


「牛は食べても良い」 「今までずっと食べてきたから」

「殺されるのは可哀想だけど、人間が生きていく為には絶対に必要なんだ」



◆人間が食べる為に育てられる動物は、多くの食物と土地を必要とします。

一人の平均的な肉食をする人は、一年間に八頭~九頭の牛を食べています。
 1頭の牛は、一年に1エーカー(千二百二十四坪)の青草、トウモロコシ、または大豆を必要とします。

こうして一人の人が食べる肉の為に、一年に約9エーカー分の植物が必要となりますが、
 もし肉を食べないなら、人間は2分のⅠエーカー分の穀物ですみます。

一人の人が肉を食べるための動物を育てる穀物の量は、
 約二十人の人が一年間、十分に食べていく事が出来る量なのです。



◇アメリカ合衆国だけでも、家畜類は10億人以上の人を十分養える穀物や大豆を食べています。

約450グラムの牛肉を得るのに、約7.2キログラムの穀物が必要なのです。

肉の消費をたった10%減らしただけで、人間が消費できる穀物が1200万トン増える事になります。

こうして得た穀物は、毎年飢えで死んでいく人々の全てを養えないにしても、
 そのほとんど、つまり六千万人の人を養う事が出来ます。


     


「かわいい犬を食用にするなんてひどい」 「犬は人間に身近な存在だ」


「牛よりも犬のほうが殺される恐怖を感じる」 「犬は食べた事がないからこれからも食べなくて良い」



 牛と犬 猫と鶏 豚とヤギ クジラとアザラシ ゴリラと人間

  そんなに 何が違うんでしょうか。


◇世界の多くの地方では、チンパンジーやゴリラの肉はカンガルーと同様に人気があります。


◆ベジタリアン(菜食主義者)には多くの型があります。

「穀物・野菜」 だけしか食べない人。
 「穀物・野菜」プラス卵の人 「穀物・野菜」プラス乳蛋白質の人 その両方の人。


◇菜食主義の食事は、肉をふくむ食事よりもずっと健康的です。 

特に、肉にさまざまな種類のホルモン剤が注入されている場合、
または肉となる動物が殺される前にストレスを受けた場合の肉食の食事より、菜食ははるかに健康的だと言えます。

肉食が動物への残酷さに関わっている事から、多くの人々が肉の消費を減らすか、肉を避ける事を選択しています。



   ただ、食べたいから 殺す。


   誰かが知らない場所で殺してくれるから 食べる。


この網の上、いつもの鉄板の上に乗っている肉は、本当に牛肉ですか? 



牛のページ
 http://www.all-creatures.org/anex/cattle.html
犬のページ
 http://www.all-creatures.org/anex/dog.html

映画 Earthlings [アースリングス] 日本語字幕 3/13 食べ物 牛
http://www.youtube.com/watch?v=rLGGmy1tsec


知ってる人は知っています
なぜ「牛乳」は体に悪いのか
医学界の権威が明かす牛乳の健康被害 (プレミア健康選書)


  にほんブログ村 動物愛護(アニマルライツ)うさぎちゃん 





2011/11/6 以前

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やもりの子を見て | トップ | 鯨に丸呑みピンチの恐怖映像... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。