めぐみのひとりごと

これからどうしよう~。。。

という日記です♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボルドーワイン祭り

2008-06-30 15:40:53 | Weblog
6月26日から29日までの四日間、ワイン祭りが開催されました。

ボルドーワイン祭りは、2年に1度(偶数年)4日間でヨーロッパ各地より
30万人以上が参加する欧州有数のイベントだそうです。


チケットが一人用13ユーロ、二人で使えるドュオチケットが16ユーロで
こんなに可愛いグラス用のサックとグラスがついて、11枚のデグスタシオン
チケットやミネラルウォーターや記念品がもらえるチケットまでセットに
なっています。




27日の金曜日から3日間タップリと楽しんできました!!



トラムまでお化粧しています!!





いつもの川沿いがこんな風景になっています。





ちょっと失敗してソーテルヌから試飲してしまいました。。。

というのは後に飲んだワインの味が酸っぱく感じるのです。

ソーテルヌは甘いので。でも、美味しいよ~!!





お次はサンテミリオン






レストランまで出現!!



途中でヨンチャンに遭遇



そして翌日もやってきました。








赤ワインにはやっぱりチーズでしょう!という事でチーズのデグスタシオンも
一緒に。






人形劇もありました。




木陰で寝てる人達も。。。こういう休憩場が作れるのがやっぱりフランスって感じ。



話は変わって朝の7時半に我が家から見える空。

すでに明かりが一杯です。今日も暑くなりそう~。

この日ですっかり更に黒く日焼けしてしまいました。。。


そして最終日は人が多いのを承知で暑さを避けて夜の7時半から
ワイン祭りに出掛けました。





日が暮れて来て心地よい風が。。。



親日家の女性の方達と暫くオシャベリして仲良くなりました。






だんだん日が暮れて来ました。この明るさで夜の10時半位です。



可愛い女の子二人に写真を撮らせてもらいました♪







晩ご飯を食べて出てきたのに、カモ肉のサンドイッチを食べてしまいました~!!



そしてフォアグラやコンフィーの盛り合わせも。。。

ワインと合うんですよね~!!



そしてこの後、プラスブルーズの建物をスクリーンに見立てての
ワインのお話の光のショーが催されて、最後に11時半からの
花火を見て夜中の12時でワイン祭りは終了しました。


ちなみに花火は4日間とも開催されていました。


さすが世界のワインの首都という名に恥じない素晴らしいお祭りでした。


2年に一回の開催という事なので、このお祭りを見れたのは
本当にラッキーでした!!



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの写真日記

2008-06-26 20:02:20 | Weblog
ボルドーマグナムの佐納さんにシャトーバランドロウ(サンテミリオンのレッセンシャルという
バーも経営しています)のワインケースをおねだりして頂いちゃいました!!

この箱を整理箱にしています♪




引っ越しパーティー第一弾  双子の兄弟とソフィー




佐納さんのオススメ、シャトーカレオンヴェルンの2003年と
1990年の飲み比べをしてみました。

やっぱり1990年が今、飲み頃というのがようく解りました!!




二日掛かりでペンキ塗りをやり遂げました!!ペンキ塗がこんなに難しいとは
知らなかった~。てかってるところは最初、ペンキを混ぜずに塗ってしまった
ところです。今もテカテカのまま。。。





デカ過ぎてイタリアから大阪に送れなかったマスク屋さんで購入した月。

石の壁によくマッチしてるので、暫くはこのままで。。。





引っ越しパーティー第二弾 それぞれのグラスは私へのプレゼントです!!




オリビエのオススメのシャトーオーブリヨン1997

美味しかったけど、実はグラスにちょこっとしか飲めなかったんです~~~(泣)




だってね、友達の友達とかが正にその時にやってきてしまったのだ~~~。。。




日付は変わって壁紙を張り替えてくれているガッセン。




こんなに綺麗になりました!!




お客様のご紹介で大阪からマラソンランナーの明日香ちゃんが遊びに
来てくれました!!

二日間いてくれて、申し訳ない事にずっと我が家での食事でした。。。


明日香ちゃんは9月のボルドーマラソンに戻ってきてくれるそうです。




そう言えば、週末にサンセバスチャンにも行ってきました。

タパスとサングリアが本当に美味しかった♪




しかし床はゴミだらけ。。。




私は寒かったけどビーチでは甲羅干しててる若者がいました。




一番最近のチラシ寿司パーティーの準備をグレゴリーと美和ちゃんに手伝って
もらいました。




グレゴリーは完全にブルースリー化しておりました。

もうカッコイイって解ったから~~~、普通にやって!!




ケンジ・リュウ・ジョバンニ君 10歳です。カワユイ~♪




ユキコちゃんのホームパーティーにて・・・





シェリフのお友達のフランクと息子のコンタン




メグちゃんとコンタン  カワユイ~~~♪




僕、コンタンでちゅ♪




先日、ソフィー宅に夕食にご招待して頂きました。

ソフィーから《ドゥーバゲットシルブップレ!》と電話をもらい、
フランスパンを2本買って行ったら、バゲットってお箸の意味も
あるんですが、そのお箸だったそうです。。。こんな風に言葉が原因の
勘違い無駄使いはしょっちゅう発生します。





ソフィーの力作、韓国料理ディナー。  美味しかったです♪




ソフィーの隣人のニコラ  すっごい親日家です!!




というようなここ1ヶ月間の写真日記でした~!!







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Fタカさん 素敵~!!

2008-06-23 18:35:12 | Weblog
ボルドーの日本料理レストランのFタカさんに昨日、グレゴリーの
ワインショップで偶然に会ったのです。


金髪で青い目の、可愛いと綺麗を混ぜたような、とても感じの良いフランス人の
女の子と一緒でした。


御挨拶して話をしてみると、何と!?婚約者だそうです~!!


思わず、Fタカさんの腕を振り回して喜んでしまいました。


というのは、ボルドーに来てから、白人男性とアジア人女性の組み合わせは
珍しくも何ともない光景なんだけど、もっとアジア人男がんばれよ!!って
言いたくなるほどアジア人男性と白人女性の組み合わせを見る事が
無かったのです。

過去に2回程度しか見ていません。


アジア人男性はモテないのかなぁ?フランス人男性のオシの強さに比べたら
確かにアジア人男性は控え目か。女も一緒だけど。。。


まぁ、密かにそんな事を思っていた矢先に日本人男性のホームランを
見たら自分の事のように本当に嬉しかったという訳なんです。


Fタカさんはフランスに来て6年、彼女と知り合ってから8年、
お二人で夕食に合すワインを選んでいる
お姿は後ろから見ていても微笑ましい光景でした。


ところで私は昨日はミワちゃんとグレゴリーのお店でワインのデグスタシオンゲームみたいなのに参加していたのです。


ヒントを貰ってもチンプンカンプンだったのに、今日、メールが来て、
全問正解だったのでボトルプレゼント!!だって。


眉つばですが、ま、素直に喜んでおきましょう!!

この記事をはてなブックマークに追加

ディナーカレー

2008-06-23 18:21:52 | Weblog
カレールーの中で一番大好きなディナーカレーをHさんに送ってもらったのだ~。


カレーを作る時にはちょっと気合いを入れて作ります。


こだわりは玉ねぎをようく炒めること。次に牛肉をようく炒めてフライパンの
焦げ付きも水でジュッとしてから鍋に入れちゃいます。

いいダシが出るんです。

牛肉はブロック系。

フルーツを何か入れる事。


それ以外の野菜はニンジンしか入れません。あ、後はインスタントコーヒーも
隠し味で入れます。どっかで聞いてからずっと実行してるのよん。


さてさて、スーパーで一番量の少ない牛肉でも600グラムも入ってるんです。

なので、牛肉とニンジンゴロゴロカレーの出来上がり~。


昨日はミワちゃんと久しぶりにジャンリュックが遊びに来ました。


カレーを披露すると、ヘッヘ~ン。我ながらウマイ・・・とは
思ってましたが、皆(って二人やけど)絶賛してくれました。


一口食べるとほのかな甘みが広がって、後からフワ~、いや、ハァ~!!アッ??!!

と辛さが口に広がります。お子様向きではないのですよ。


いや~、ちょっとカレーには思い入れとこだわりがありますから。


これにピクルスがまた合うんですよ。


ディナーカレーの説明を改めて読んでみると、フォンドボーと
ソテーオニオンとマッシュルームの旨味を・・・と。


だからフランス人の口にも合うのでしょうね~。

一度インド料理レストランでカレーを食べてガッカリしたんですよ。

来るであろう辛さを予感して構えていたのに肩すかしを喰らってしまって。


店の人に聞いたらフランス人は辛いのが苦手なので事前にリクエストが
無い限り辛さの素を入れないんだって。


それ以来、外でカレーは一度も食べてないけど、自宅でこんだけできたら
我ながら満足。。。


ディナーカレーに感謝!!です♪

この記事をはてなブックマークに追加

フランスに痴漢!!

2008-06-22 22:51:39 | Weblog
昨日はフランス全土、街の至るところでプロ、アマを問わず朝の四時までライブが行われる音楽祭でした。


昨夜は佐納さんの紹介で知り合ったユキコちゃんのお家で巻きずしパーティーに
招かれていました。


ミワちゃんのトラムの時間があるので23時過ぎにお暇して、ブラブラ
歩きながら帰宅途中、プラスビクトワールからサントカテリーヌ通りが
何とすし詰めの人ごみ!!


こんなにボルドーって人がいたのか?しかも若者ばかり。

そんな訳でノロノロと人の流れに沿って歩いていると、さっきから
お尻がムズムズ。

電車で痴漢にあった経験があるので、アレ?と意識はお尻に集中。


気になって手でお尻の辺りを振り払うと暫く止まるが、また時々感じる。

電車の中でバックの角が当たっているような感触とは明らかに違う。

振り返りたいけど振り返っても顔しか見えないのが解っているので、
タイミングを待つ。


少し人波が緩くなったところですかさず振り返ったら、何と!?後ろの
普通の白人のオジチャンが、左側のミュージシャンを鑑賞している女の子達の
お尻をペロン、ペロンと触りながらこちらに向かって歩いてくるではないか!?


ヒェ~!!フランスにも痴漢っているのね?


だけどこの人ゴミと多分、フランス人は痴漢になれてないのか、気づいてる
様子の女の子は一人も無し。


前を歩いていたミワちゃんを呼び止め、あのオッチャンに注意な!!と
言い残し、左側の自宅に無事に帰還。


そして昨日はボルドーで初めて経験した猛暑。


そのせいか、午後からビールを飲んだり、ユキコちゃん宅でシャンパンや
ワインを頂いたのが、そんなに飲んでないのにやたら身体がだるかった。


家に着くなり1,5リットルの水を飲み干してからシャワーを浴びた。

しかし、暑かった。


アパートの住人も皆、酔っぱらって大声で朝方まで騒いでいるし、
音楽も朝方まで鳴り響いていた。


夜中の2時頃一度、すごい大雨が降って、まさに水を差すってこういう事を
言うのかなぁ?などと考えていた。


しかしその雨はすぐに止んでまた祭りは再開。


こちらは日本ではすぐに逮捕されるアレが一応違法らしいが、道で普通に
買って皆普通に吸うらしい。

と言う事を聞いていたので注意してい見ていたら、巻きタバコを吸ってる人が
確かに多かった。中身は知らないけれど。。。


ところで昨日はシャトーで働いているユキコちゃん、ソムリエの佐納さん、
シャトーで働きたいミワちゃん、シャトーで働いているユキコちゃんの
友達のラティシエとフランス在住20年のカツエさんとその息子の
ケンジ、リュウ、ジョバンニ(一人で3つの名前)君というメンバー構成でした。


ラティシエのお母さんが親日家で京都に親子で数年住んでいたそうで、
彼女も日本語が話せるし、ユキコちゃんのプロ並の巻き寿司とで
楽しい一夜になりました。


そして、今日、フランス人に痴漢の話をしたら、ハハハ、と笑うだけ。

犯罪でしょう?って聞いたら、犯罪じゃないそうです。

しかも、心配しなくて良い。そんなに人が多くなるのは一年に数回しか
ないから普段はいないよ。って。


そんな問題か?とも思ったが、まぁ、まだお尻を触られるだけ娘と認識されたのかも?と
変な喜びが混じってたりして。。。


痴漢に心から怒りきれない複雑なお年頃かも。。。

この記事をはてなブックマークに追加

レギュームタルタル

2008-06-21 10:58:02 | Weblog
今日、プラス カミュジュリアンという場所にあるレストランで
レギュームタルタルという料理を初めて食べました。


カメラを持ってなかったので写真を撮れなかったのですが、
盛り付けがオシャレでしたよ~。


グラスに下からキュウリ、トマト、セロリ、赤カブのみじん切りが
カクテルのように詰められていて、白いお皿には他のサラダが盛りつけて
ありました。

暫くどうやって食べるのか思案してみると、お皿に空白があるので、
そこにグラスの野菜のみじん切りを移して食べるのだと気付きました。


小さいグラスにはこれまた4種類のドレッシングが色とりどり。


ただの野菜サラダなんですが、こうやって盛りつけると特別な
料理に変身するんですね~!!


ボルドーは今や昼はカンカン照り、しかし木陰に入ると涼しくて、
太陽が雲に隠れた瞬間に気温がぐっと下がります。

そんな訳で夜は窓を閉めていても部屋は寒くて、私は長袖の
ジャージーが手放せません。


今もくしゃみが出て、また風邪を引いてしまうのでは?と嫌な予感。


明日は佐納さんの紹介で知り合った日本人女性でシャトーで勤めている
ユキコさんの家でお食事会です。


ワーキングホリデーで来ている最近知り合ったミワちゃんとお邪魔します。


久しぶりに日本人だけのお食事会。


何だかホッとします。


もう、理解してもらえないのと理解できないのに慣れてしまって、
不思議な感覚が普通になってきました。


けど、これって少しづつストレスが溜まってるんですよね。。。

なので、明日は発散してきます。でも、人の話をよく聞いてから
自分の意見を言うように気をつけます。


これくらい意識してちょうど良いくらいかも。


話を元にもどして、レギュームタルタル、なかなか目でも楽しめて
ヘルシーな一品でした!!

この記事をはてなブックマークに追加

夢をかなえるゾウ

2008-06-20 19:24:26 | Weblog
母がHさんに託して本をプレゼントしてくれました。

久しぶりに大阪弁が聞きたいだろう、という事で。

何気なく読みだした本でしたが、一気に読んでしまいました。


最初の出だしは星の王子様の登場の仕方に似てるかな?と思ったものの、
内要は全く違う面白い内要でした。


仕事をしない生活を始めて早、9か月。

この本を読んだら、仕事が懐かしくて懐かしくて、その反面、思い切り
基本に立ち返る事が出来て、逆に不安が胸をよぎったりしてしまいました。


でも、最後にゾウの神様が《無理せんでええ。》って言いはったので、
(って私も大阪弁になってしまってる?)ちょっと安心しました。



ドラマ化されてるそうなので、いつか是非、一度見てみたいと思います。

この主人公、私だったら誰をあてるかなぁ?



やっぱりオダギリジョー?あるいはヤマピー?ちょっと若すぎるか。


や、イケテツさんかメイケンさんもはまりそうですよね?


最近、やっと気持に余裕が出来て、一気に手元にあった小説を読んでしまいました。


田辺マネージャーが送ってくれた《一度も植民地になった事がない日本》、
自分で買った飛行機の中で読もうと思っていた《梟の城》、京子ちゃんが
置いていってくれた《私の男》。


やっぱり小説は良いですね~。すっかり自分の想像の世界に入れるし。


フランス語の小説は手つかずで本棚に整列しとります。ハァ~。。。

この記事をはてなブックマークに追加

PLANET

2008-06-17 17:16:27 | Weblog
フランスの2チャンネル、プラネットという番組で昨夜、日本の特集を
していました。


何を言ってるのか半分以上解らなかったのがつらいのですが、映像は
理解できました。

日本の典型的なおじいちゃんとおばあちゃんと一緒に住んでいる7人家族の
家庭がクローズアップされていました。


お父さんは私と同じくらいの年で神戸のビジネスマン。

朝はストレッチ体操を含むミーティングから始まり、居酒屋で同僚と
飲んだ後、会社に戻り、残業をして会社の床で寝ます。

土曜日は子供の野球の練習を観戦し、日曜日は家族全員で
山にハイキング。


おばあちゃんが茶道をされているので、家族全員着物を着て、お茶を立て、
茶道をします。


子供達の学校の様子や放課後の様子もクローズアップされていました。


家屋は典型的な日本家屋。


一緒にテレビを見ていたフランス人を含む友達に、《メグミの家もこうか?
茶道もするのか?書道もするのか?》

恥ずかしい事に答えは全てノーン!!でした。

そして、今度は映像は東京に移り、アニメの服装をしてる若者や、
今時の若者のファッションが注目されていました。

フランスから東京の若者のファッションの写真を撮って、自分の
服のデザインの参考にしている人もいました。


そして最後に日産自動車のゴーン社長のインタビュー。


これが一番聞きとりしたかった。けど、哀しい事に、《フランスと日本の
文化は全く違う。》とか、簡単な事しか聞き取れないんです。

何故?具体的にどう?とか一番聞きたい事が聞けない。くやしい~!!!


2時間近くこの番組はしていたと思います。かなり日本を網羅した番組だったみたいです。


フランスは意外にも日本のマンガ普及率も世界で一番高いらしく、
かなり好意的のようです。


映像の撮り方が外国らしく、日本で見る外国の紹介番組と雰囲気が全く
違うのが面白かったですよ。


日本が日本に見えない感じ。


映画のバベルってありましたよね。あれを見てるような感じでしょうか?


そういえば、あの女優さんもインタビューに出ていました。


もっと日本の食事もクローズアップしてほしかったけど、笑ってしまったのが、
たまたま取材されていた二つの家庭が二つとも食事がお好み焼きだったのです。


こちらはキャベツが固くて小さくて高いので、個人的には皆に披露したいのですが、
まだ試していません。残念。


今日はグレゴリーと女の子だけのお食事会です。


またチラシ寿司とテンプラになってしまうかな?まだ献立を考えてないのです。

何かオススメがあったらメール下さいね~!!


ちなみに日本で定番のカラアゲをしたいのですが、鳥肉が固いんです。


テンプラかからあげ、どっちにしようかなぁ~~~。というような、
ふやけた頭の日々を送っています。。。

この記事をはてなブックマークに追加

キュイジニエ

2008-06-14 21:32:10 | Weblog
昨日はガッセンにミワちゃんを紹介して欲しいと言われたので、
我が家でお食事会をすることにしました。


とは言いつつ、体調がイマイチだったので、鍋の準備よりも
簡単なラクレットにしました。


夜の8時に集合だったのに、またもやガッセンは現れません。

さすがフランス人!!自分からお願いしておいて来ないとは。。。


ちょうど昨日はオランダとフランスのサッカーの試合があったので、
シェリフから連絡があり、友達も一緒に連れて来てサッカーを
見せて欲しいとのこと。

3人も4人も5人も変わらないので、どうぞ~!!


7時から私とミワちゃんは赤ワインを飲みながら人が揃うのを待っていた
んですが、結局9時にやっと4人揃いました。

サッカーも9時にスタート。

そこへ別のギオムという人もやってきました。

皆、元レノワイユ(以前グレゴリーと行ったボルドーの由緒あるレストラン)の
キュイジニエ(コックさん)だそうです。


コックさんと知り合えるとは嬉しいなぁ~。や~、こんな簡単な料理で
恥ずかしいと思っていたら、美味しい、美味しいと感激して食べて
くれました。


って、ハムやポテトにチーズをかけるだけだから逆にシンプルで良いのかも。


さて、ゲームが始まると私とミワちゃんはテレビに背を向けて座っていたので
サッカーはさっぱり解りませんが、フランス人3人の盛り上がり方は激しい。。。


普段、スポーツを見ないのでよく解らないのですが、日本でもサッカーを
見る時って皆、叫んだり、周りの人とああでもない、こうでもない、と
盛り上がるもんなのですかね?


ミワちゃんとサッカーより観戦してる人達を観戦してる方が勉強に
なるし楽しいねぇ~と笑いっぱなしでした。


ところで、やはりコックさんだけあって日本料理にすごく興味があるらしく、
日本ではフグを料理するのに免許が必要だとか、非常によく知ってました。


魚料理に関しては日本の技術が最高だ!と言ってもらって嬉しくなるのは
やっぱり私も日本人なんだなぁ~と実感する瞬間です。


コックさん達のお友達も今、沢山日本で仕事をしているらしく、
大阪でレストランをするんだったら連れて行ってくれ、と
行ってくれました。


ボルドーの由緒あるレストランのコックさんが料理を作ってるという
だけでワインも美味しく感じますよね~。。。



それも良いかも。あ、でも個人的にはポン酢味の魚料理が恋しいです。。。



この記事をはてなブックマークに追加

ネット開通!!

2008-06-13 17:50:45 | Weblog
やっと待ちに待ったインターネットが我が家で出来るようになりました!!

ORANGEという大手通信会社で電話とインターネットがセットで毎月39.90ユーロ
というコースを申し込みました。


さすがフランス。


ネットをつなげる時のIDとパスワードが到着したモデムに添付されていなくて、
結局、携帯からお客様センターに電話しました。


って、自分で出来ないから双子のフランス人のシェリフとガッセンにお願いして
かけてもらいました。


普通はIDとパスワードが先に封書で送られてくるはずだそうですが、すった
もんだして何とか開通。


本当にこちらで腹が立つのは、お客様相談は電気会社も航空会社も
通信会社も全て有料!!

しかも高い。(すみません。最近みみっちい話題が多いですよね。わたし。。)


向こうの手落ちなのに、問い合わせの電話賃を後でチェックしたら10ユーロ
超えてました!!生活が大変って言うの解ってくれます?


シェリフとガッセンもイライラが募って兄弟ゲンカになりかけつつも
何とかインターネットは開通。


しかし。。。電話が繋がらない。。。


何故か知らぬが繋がらない。。。


ガッセンが《セパグラーブ。(大した事ないよ。)オヌユティリゼパ ノーマルモン。(普通は使わないし。)》って最後に諦めの一言。


おいおい!!私にはグラーブなんだよぉ!! 毎月の固定経費+ちゃっちいのに
高いフィリップスの電話機が無駄になるじゃんかぁ~!!


という事で作業再開したものの、壁に突き当たったまま進歩がないので
私の方が疲れてしまい、もう良いよ、と言ってしまいました。


さて、この兄弟、インターネットが繋がったのが私よりも嬉しかったらしく、
そこからチュニジアの初代大統領のインタビューや色んな歌手のビデオクリップを
見出して止まらなくなりました。


パソコンにまぁまぁのスピーカーを接続しているので、私も正直驚きましたが、
音がかなり良いのです。


マイケルジャクソンのビリジーンのコンサートシーンには釘付けになってしまいましたが、
それ以外は残念な事に世代の違いという事で何を聞かされても初めて。


悲しい。。。

そしてフランス語のインタビューはほとんど理解出来ないので、しまいに
あくびの連発。


12時過ぎに重い腰をやっと上げてくれました。


フランスのパソコンはキーボードの配列が違うので、
《トレ ビザール。(ホンマに変やなぁ~。)》とぼやきまくりでしたが、
私は心の中で《フランス語のキーボードが変なんだよぉ~。》とぼやいておりました。


だから皆、キーボート指二本打ちなんでしょう?


あ、語弊がありましたが、私が見た中では指二本打ちの人が本当に多いもので。


カッコイイ人がこれだと、何故かガッカリしますよね~。


見てはいけないものを見てしまったかのような、あの少しこっちが恥ずかしいという変な感覚です。


という事で更に家で過ごす事が多くなってしまいそうです。。。

この記事をはてなブックマークに追加

アマゾニア

2008-06-12 16:18:07 | Weblog
昨日、ソフィーとIKEAに行った帰り、久しぶりにグレゴリーから電話がありました。


ちょうど、その日に同じクラスに新しい日本人の女の子が来たとソフィーから聞いていたので
確認するとミワちゃんという同一人物でした。


トラムがちょうどカンコンスに着く手前だったので皆でワインを飲む事に。


久しぶりのアンソニーも一緒でした♪

バーアバンでお喋りしてから、今からスポーツクラブに行くというグレゴリーとアンソニーに同行。


ソフィーがスポーツクラブを探していたからです。


さて、行ってみると、そこはパーラメント広場のすぐ横。


しかも名前がアマゾニア。

過去に二回、セントカトリーヌ通りをソフィーとHちゃんと歩いていた時に私にだけチラシをくれたのがアマゾニアのチラシでした。

しかも二回とも!


ソフィーもHちゃんも普通より細身。


私にだけくれるのも納得。

しかし、細い人の方が美意識が高いんですよね~。


ソフィーはエレベーターの無い五階に住んでいて、余り元々食べないし、この上スポーツクラブかぁ~。


見習わねば、と思いつつ、日本に比べたらこじんまりしてるスポーツクラブに通う気がしないなぁ。。。


社交の場と思えば価値も出るか?


アマゾニアというスポーツクラブは日本で言うとコナミみたいなフランス全土に散らばっている
施設を使えるシステムだそうです。


しかしですなぁ、さすがフランス。


夜は8時で終わり、昼休みも毎日あるし、土日に至っては午前中だけだと。


時間割を見ただけで私には無理だと観念しました(-_-)


ボルドーは景色が綺麗なのでスポーツクラブより外を歩く方が良いなぁ~。


新大阪では逆なんですけどね。


こちらで例えば商売するには?と言う主題で話をすると、
レストランのマネージャークラスの人とはかなり盛り上がります。


ボルドーは閉鎖的な街で由緒ある古いファミリーが一等地を牛耳っているそうですが、
内々にオーナーが変わったりすることもあるそうです。


そのような耳寄り情報を得る秘訣はヨーロッパらしく、コネクションだそうです。


だから常日頃、社交に精を出さないといけないらしいです。

学校の勉強は頭が痛いけど、こういう話を聞く時はテンション上がるんですよね。


アマゾニアから話がまたもやそれました。


という訳でアマゾニアにはメグチャンは行きませぬf^_^;

この記事をはてなブックマークに追加

洗濯機・・・

2008-06-11 20:26:28 | Weblog
こちらでは洗濯機が一番安くて300ユーロもするのです。


ウウウンン~~~!!

元を取れないだろうと思い買えなかった一品なのですが。。。


引っ越ししてから近所のコインランドリーがいつ行っても混んでるんです。


待つこと30分。その間、時間を潰すためにカフェでコーヒーを飲む。


そして洗濯ものを投入し、またもや40分時間を潰すのに、今度は
ネットカフェへ行く。


そして、今度は乾燥機に入れてから1回6分の乾燥機を様子を見ながら
回していると結局、最低5回はいつも回している。


週に一回、コーヒー代とネットカフェの費用を入れると、もしかして
洗濯機を買った方が良いのでは?と思い始めました。。。


みみっちいですが、改めて計算してみましょう。


洗濯7キロまで  3,5ユーロ

乾燥 5回    2,5ユーロ

カフェとネットカフェ  5ユーロ  締めて11ユーロ

×ことの週4回=44ユーロ!!  オオ~!!??


洗濯機を買うべきか?しかし、ボルドーとおさらばする時に
置いて行くのも惜しいような、って結局その方が損しないのに、
女ってイヤですね~。。。


明らかに洗濯機を買った方が良いと今、初めて計算してみて
納得しました。

しかし、5万近く出したら日本だったらそこそこ良い洗濯機が
買えそうですが、こちらの洗濯機、、、私が購入を迷う位ですから、
何となく性能が解るでしょう?


しかも、ラクレット兼焼肉が焼ける器械なんかですね、オンかオフ、しかも
プラグを挿すか抜くかの調整ですからね。

日本のような親切丁寧な温度調節というものが元々ついてないんですよ。

炊飯器も一日おいたらカラカラにコメが干からびておりました。

なので、今は炊きあがって暫くしたらコンセントを引き抜いてスイッチを
切っております。


迷うなぁ。。。しかし、どうせ買うなら一日でも早い方が良いというのに、
変なとこでいつもケチになってしまうのです。

じゃぁ、テレビなら良いのか?という話ですが、とにかく洗濯機の品質に
300ユーロの価値が見出せなくて、他で時間とお金を無駄にするという、
変なの!!


ハァ~、一人暮らしとなると服だけではなくて、タオル、バスマット、
シーツやカバーと洗うべきものがグンと増えた訳なのですね。


ウウ~ン、BOSEのイヤホンもなかなか買えない一品なのですが、
BOSEなら品質に迷いはない訳で、フランスの洗濯機。。。


多分、買うでしょう。クッソー!!妙に腹が立つわ!!



この記事をはてなブックマークに追加

マーボードーフー

2008-06-11 01:36:27 | Weblog
昨日、近くの中華スーパーで仕入れたマーボードーフーの素で
マーボードーフーを作ったのです。


舐めてました。


丸美屋の、あの幼少の頃から慣れた味とは大違い!

山椒が思い切り効いていて舌が痺れっぱなし、
しかも味はほのかに苦く他の味がしない。


これが本場の味?


もしかしたら何か足さないといけなかったのかもしれないけれど、
パッケージが読めませんからぁ~(ノ><)ノ


仕方なく丁寧に作ったのにも関わらず、全部ごみ箱行き。


物価高のフランスでマーボードーフーの原価計算をしてしまう自分が悲しい。


しかも材料費8ユーロ!


日本だったら一回分の食事を賄える金額ではないか!?


先日購入した布団カバーは不良品だったのに、(日本では考えられませんが袋状に縫うのを忘れられた一枚の布でした。)
自分が間違えたと思い込んで使ってしまって返品出来なかったり、
20ユーロもするパソコンとテレビを繋ぐコード(高すぎ!!)が使えず無駄になってしまったり(+_+)


フランスで納得して買えるのは、ワインとフランスパンとビールとチーズと牛肉位でしょうか?


フランス人でも生活がキツイと友達が言ってました。


フラン(Franc)の頃は良かった、ユーロになってから働いても働いても欲しい物が買えないと
こぼしているフランス人がいました。


ユーロ高は外国の企業買収を防御するための国策だとも。


しかし、それには賛成のようでした。

《だから仕方がない。》と。

どうやら訳の解らない外人の下で働くよりはキツイ生活の方が良いらしいです。

私なら会社の経営者が外国人でも生活水準が高ければ良いと思うのですが、
そこがフランス人はプライドが高いと言われる由縁なんでしょうか?


昨日もいきなりトラックのストライキに遭遇し、トラムの道が遮られて、全員バスに乗り換えを命じられた。

文句を言ってるのはソフィーと私だけ。


結局、IKEAを諦め帰宅。


他人の時間と無駄になった交通費をどう考えるのか?

まだまだ理解不能なお国です。

この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです~(^O^)

2008-06-10 16:15:37 | Weblog
久しぶりのブログです。

まだインターネットが家に来てないので今日は携帯からです。

引越しの後、徐々にアパートの手入れをして、後は寝室とトイレの壁紙の張り替えと
床の張り替えを残すのみとなりました。


家具付きのアパートで日本人感覚で、まさか壊れた家具などあるはずないと思いこんでいたら、
引越ししてきて、数日でベッドが壊れました。


裏返して確認すると六本の足の内、元からネジがなく、かませてあっただけの足が二本。


よくもまぁ、こんな半分壊れた物を。


そして、便器も程なく壊れました。


便器はIKEAで買ってきて自分で取付したけど、他、食卓に付いていた椅子も座ったらガタン!と傾き、よく見ると
壊れてました。


これは修理して座れるようにしました。


そして一人でご飯を食べるのが寂しいので、しょっちゅうお友達を呼んで食事会をしています。


フランス人にトムヤンクンを出したら《すっごい変な味。ごめんなさい。》と言って
残しておりました。


私と他のアジア人には大満足の味でしたけど。


そして1番生活の中で変化したのはテレビを見る時間が一気に増えました。


楽しみのためではなくて、耳を馴らすため。


するとさすがに最近は何を言ってるか少し聞き分け出来るようになってきました。

しかし、つまらない番組ばっかしなので日本では見なかったサッカーやテニスの試合を
見るようになりました。


昨日のスイスとスペインのテニスの試合は良かった。

ナデルというスペイン人の青年、強かった!


さて、インターネットが我が家に来るまでまだ一週間掛かるみたい(:_;)


というような平穏な日々を送っています。。。

この記事をはてなブックマークに追加