めざせ!国際人

graceの〝英会話"・"異文化"体験記

英語とフラワーアレンジメントのコラボ講座 母の日 & uber

2017年05月16日 16時11分51秒 | 英語
英語とフラワーアレンジメントのコラボ講座
今月の開催日は5月14日(日)。 そうです、Mother's Day(母の日)!!!!
というわけで、main flowersはもちろんCarnations。私の大好きなノビオ(カシス)。


デザインはCountry Garden Basket。
ガーデンからお花を摘んで、腕に提げたバスケットに入れていったイメージです。

今日はfoligeではなく、イルカ(dolphin)が飛び上がっているようにも見えるdelphiniumでoutlineを作りました。
グリーンとデルフィニウムだけの状態でも綺麗でした。
2種類のカーネーションをアレンジし、茎の部分も挿して、摘んだお花がバスケットに入った様子を再現。
最後にリボンを付けて、お母さまへのプレゼント用に。大変上手に出来上がりました。
お母さまに喜んで頂けたらいいな。

リピーターのKさんのご実家で綺麗に咲いている大輪のバラを頂戴し、一緒に愛でながらTea time!

今日の英会話のテーマはTaxi。
まずは、「タクシー乗り場はどこですか?」と尋ねるところから。
今回は
"Could you tell me where I can get a taxi?"
だけでなく、
"Could you tell me where to get a cab?"

taxiをcabという、New Yorkerっぽい表現もご紹介。

観光地やレストランなど、ドライバーさんお勧めの場所を尋ねる
"What place/restaurant/local food would you recommend?"

recommend(勧める)はレストランやお店でも使える便利な単語ですね。

ところで、最近アメリカでは、taxiというより「uber」というシステムが人気です。
東京でも導入されていますが、スマホのアプリから、乗車場所検索して、近くで待機しているuber(プロのタクシードライバーではなく、登録している人なら誰でも自家用車でお仕事)を見つけて依頼するわけです。スマホでドライバーさんの顔写真やレビューを見ることができます。そして料金決済もスマホで。チップも不要。行先への道もスマホのmapで確認できます。とっても便利ですね。
私のフランス人の友人もフランスでこのドライバーをしていた(アルバイトで)そうです。
会社員時代の憧れの先輩が、現在シリコンバレーを本拠地としてお仕事されているのですが、彼もCaliforniaでuberを使っていらっしゃるそうです。
New York在住の姉も最近、初uber体験。やはりチップが不要で、スマホからの決済が楽、と言っています。
時代は進化。。。

さて、今、母の日のアレンジメントとKさんから頂いた豪華なバラのおかげで我が家はFlower Gardenのようです。バラの贅沢な香りも。

次回の「英語とフラワーアレンジメントのコラボ講座」は、7月23日(日)の開講です!
暑い夏に爽やかなParallel Designを作ります。
パーティーのテーブルアレンジとしても美しいデザインです。ご期待ください。
英語もお花も初心者の方ばかりですので、どうぞお気軽にご参加下さい!
場所は「三橋の森カルチャースクール」(さいたま市)です。


http://mihashinomoriculture.jp/bosquet/


『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナルシストと水仙 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。