めざせ!国際人

graceの〝英会話"・"異文化"体験記

心に残る言葉 ~信じる~

2017年08月05日 23時19分21秒 | 英語
世界陸上が始まりましたね。
今回の開催はLondonなので、時差が大きく、ファンの皆さんには眠れない日々が始まったようです。。。

少し前になってしまいますが、同じく英国で開催されたテニスのWimbledonウィンブルドン選手権。優勝したのは私が尊敬するRoger Federer(ロジャー・フェデラー)。
5年ぶりのグランドスラム優勝、ウィンブルドンでは歴代最多8回目の優勝でした。
感動しました!
引退して欲しくないな~。まだまだ彼の活躍を見ていたいですね。
もちろん錦織選手との対戦も。

今日はFedererのセリフをご紹介します。

If you believe, you can go a long way in life and I did this:
I kept believing.


信じればどこまでも行ける。僕は信じ続けたんだ。

負傷、年齢や体力を言い訳にしていては何にも挑戦できないですね。。。
自分を信じてみようかな。

「信じる」といえば、もうひとつご紹介したい言葉が。
昨夏観たフランス映画「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」。
パリ郊外の高校のおちこぼれクラスを舞台に、厳格な女性教師アンヌが情熱的に授業をした実話をもとにしたストーリーです。
その中のアンヌのセリフ。これはフランス語でしたので、私には再現できませんので、日本語でのご紹介です。

あなたたちを信じているのは私だけ?」

これは、「どうせできるわけない」と諦めきっている落ちこぼれの生徒たちに言ったセリフです。生徒たちは徐々に変わっていきます。
教師はまず生徒たちの様々な力を信じなければ。

それから、教師としてのセリフではありませんが、アンヌのセリフで
私の人生における成功は、すべて母のおかげ
というものがありました。
これもまた私の心に響いたセリフです。

愛をもって信じてくれる存在。

感謝を忘れずにいたいですね。


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英語とフラワーアレンジメン... | トップ | Hope soap »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。