南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

週末

2015-09-28 19:26:21 | Weblog

大型台風が台湾に接近していて、
台中の北を横断していくということなので、
恐らく、今晩は荒れることでしょう。
あちこちで停電も始まっているようです。 

さて、週末は慌しく過ぎて行きました。

金曜日の夜には、
S子の学校の秋のコンサート。

 

S子は二つのクワイヤーに属しているのですが、
その一つでピアノ伴奏をしました。
ディズニーの In to the woods の曲をメドレーで7曲。
楽譜40枚分だったとか。
ただでさえも学校の勉強が大変なのに、
一日に何時間も練習して、
よく備えていました。
ホント、根性あるわ~!
練習の成果は十分発揮できていました!
お疲れさま~(^^)v

そして土曜日の午前中は告別式。

周媽媽、93歳でした。
周家は、親族そろってのクリスチャンホーム。
そしてその周家の初穂がこの周媽媽です。
ご主人は軍人で、
国民党軍として台湾に来たのですが、
早くに病気になって他界したので、
生活の面ではとても苦労されたとか。

それでも、日曜日の礼拝は欠かさず、
牧師家族や宣教師家族を尊敬して、
いつもいろいろとお世話し、
支えていたようです。

子どもたち、孫たち、ひ孫たちにも慕われ、
みんなに愛されて、惜しまれて、
天国へ帰っていきました。
本当にいい葬儀でした。

本当はこの日の午前中は、
まいまいの参観日と学級懇談会があったのですが、
まいまいが、「来なくていいよ、
聖書にも葬儀に出たほうがいいって書いてあるでしょ!」
なんて言うもんだから、
学校の方は失礼しました~! 

そして、土曜日の午後には、
春水堂でお茶♪
台湾に住む日本語を母語とする女性たち4人で、
楽しいおしゃべりのひと時でした。
私以外は、まだ若い人たち。
台湾の地で格闘しながらも、
たくましく生活しています!
加油~!!

そして、同時にもたれていたのが、
立新教会のバーベキュー!

台風前の暑い日でしたから、
子どもたちは水遊びを始めてしまったようです。
こちらには主人が行きました!

台湾には、中秋節に家族や仲間と
バーベキューをするする習慣があります。
教会でもみんなこうやって楽しむのです。

日曜日礼拝が終わってからは、
愛家教会にも寄って行って、
ちょっとだけこちらのバーベキューにも参加してきました。

というわけで、
忙し楽しい週末でした。

感謝主!!


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日と木曜日

2015-09-25 10:04:02 | 課輔班

シカゴのお友達がFBでこんな写真をアップしていたので、
思わず手を止めて、
去年の今頃はミシガンにいたんだなって、
思い出にふけってしまいました。 
当たり前だけど、
台湾と全然違うところだったな~と。(笑) 

台湾では、
高い山に行かないと紅葉は見られないし、
私たちの住んでいるところは、
にぎやかでごちゃごちゃしてて、
一年中湿度が高く、
空気もあんまりよくないところ。

またいつか行きたいな、ミシガン♪

課輔班の子どもたち元気です。
その後1年生が一人、
3年生が二人加わって、
全部で21人です!!

水曜日のバイブルタイムは、
サムエル記シリーズ!
今週はイスラエル初の王様サウルのお話。
みんなよく聞いていました。
感謝主!!

そして、
昨日はうちに残っていた
ジャスミンティーゼリーの素を使って、
ゼリーを作って、
おやつの時間にみんなで食べました。

日本の子どもなら、
慣れない味に戸惑うかも知れないけど、
台湾ではお茶のゼリーはみんな大好き!
美味しくいただきました~!

そして、宿題が終わった子どもたちを連れて、
久しぶりの外遊び!!

男の子ばかりの5人です!
暑い中、汗びっしょりになりながら、
それでも速度を緩めることなく(笑)
ひたすら駆け回り遊びました!
私は見てるだけ~!
それでも暑い~!!

というわけで、
ミシガンもいいけど、
常夏の台湾もいいです♪

感謝主!! 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主日崇拝&愛宴

2015-09-20 20:48:59 | 教会

久しぶりの教会集合写真。

前日の王牧師夫妻と私たちとのミーティングで、
会衆の半分が子どもなら、
説教など、もっと子どもを意識したものにしようと
話し合ったばかりでした。

そして、今日は主人の説教。
「五つのパンと二匹の魚」の箇所から。

説教は30分きるぐらい?
子どもでもわかる平易な言葉を使って、
でも内容は薄めないで…と
意識して話していました。

あと、子どもの座る位置も工夫して、
おしゃべりさんたちは引き離して(笑)
すわってもらいました。

そうしたら、なかなか良かったですよ。
子どもたち、説教中静かだったし、
ちゃんと前を向いて、
お話しを聞いている感じがしたと、
主人も喜んでいました。

感謝主!!

そして、愛餐は私が担当。
今は3ヶ月に一回順番がまわって来て、
予算は1000元です。

ごはん
肉じゃが
たことアボカドの刺身風
マカロニグラタン
ほうれん草のおひたし
お味噌汁(大根、えのき、油揚げ)
グアバ

どれも大好評でした。

こちらも感謝主!!
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

得勝者過程第一堂課

2015-09-19 10:51:33 | 得勝者課程

今学期も立新小学校へ出張授業。
六年生の2クラスで週一回、
一コマずつ授業をすることになりました。

全六回のカリキュラムですが、
第一回目の今回の学びのテーマは、
自分を知ることと受け入れることです。

まずはゲームをして、打ち解けた雰囲気を作り、
その後授業の内容に入ります。
子どもたち、熱心に聴いて、
ノートをとっていました。 

得勝者の働きは、
現代を生きる子どもたちにとって、
本当に必要な学びだと思うし、
教会がこのようなプログラムをもって、
学校、社会に貢献できることは、
とてもいいことだと思うのですが、
異なる意見を持つクリスチャンもいます。

昨日も
「まず先に神さまを知れば、
自然に自分を知るはずだ!」
との批判を受けました。
教会の第一の使命である伝道を差し置いて、
このような社会的な活動に教会が力を入れるのは、
間違っているということでしょう。

そんなつもりはないんですけどね。
開拓期の教会、
こんな形で地域の人たちに
教会の存在を知っていただいて、
たくさんの人と接点を持つのは、
非常にいい種まきだと思うし、
伝道の下地を作ってると思うんですけど。

この姉妹は、課輔班の働きについても懐疑的で、
いつも批判します。

こういう批判にさらされて、
傷つかないかといえば、
やはり傷つくのですが、
そのことについて議論したり、
あまり、重く受け止めたり、
長く心で反芻したりしないようにしています。

わたしたちは、神さまに与えられた使命、
そして、神さまからいただいている
自分たちの賜物を生かして、
ひたすら主に仕えるのみです。

感謝主!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新学期に入って

2015-09-17 10:15:59 | 課輔班

立新教會のFacebookのページができました。

今までは私個人のタイムラインに、
写真などを載せていましたが、
今後は、上のリンク先にどんどんアップします!

Facebookをやっていない人も
見られる設定になっているはず?なので、
どなたでもアクセスして見て下さいね。

さて、課輔班も9月から新学期が始まっています。
学年も一つずつ上がりました。

ところがです。
今、課輔班には18人しかいません。

夏休み前には定員30人ぴったりいたのですが、 
まずは6人の子どもたちが卒業しました。
また、信仰上の問題で、
家の人が送ってくれなくなった子どもが、
兄弟二組の4人。
あと、引越しなど家庭の事情で来れなくなった子が二人。
ということで、今18人なのです。 

そして、学校というか行政の方の対応も変わりました。
今までは、教会の課輔班は学校の課輔班との協力関係の中で、
問題を抱えた家庭の子どもたちをお互い分担して、
面倒をみて来たのです。
ですから、教会の課輔班に欠員が出たら、
すぐに新しい子どもを紹介してくれました。
ところが、そのような子どもたちへの学校の対応が、
今年度から非常に充実することになりました。

学校の課輔班のために政府が十分な予算をとり、
人員も増やしたようです。
そのことによって、以前よりも多くの子どもたちを
学校の課輔班で対応できるようになりました。

また、貧困家庭の子どもたちは無料で、
貧困ではないけれど、
私立の塾や学童保育に行けるほど裕福でない子どもたちは、
小額の学費を負担するような方法で、
あらゆる状況にある子どもたちに援助の手が届くようにしました。
国?台中?政府すごいですね。 

そして、補導課の二人の先生も異動。
前の先生方とうちの牧師夫婦は、
いい信頼関係、協力関係があったのですが、
新しい先生方とは、
まだ関係ができていません。

ということで、新学期に入ってから、
まだ、一人も子どもを紹介してくれないのです。

というわけで、
私たちもいろいろと方針転換しなくてはいけません。

まず、自分たちで生徒を集める努力をすること。
そのためには、私たちの課輔班の特色を
出していく必要があります。 
子どもや親たちに、
うちの教会の課輔班を選んでもらうのです。

そして、それと同時に、
9月からすでに始まっている
国中班(中学生を対象にした課輔班)を
充実していくことです。
小学生の部の縮小は仕方ないとして、
中学生の部を拡大していくのです。

台湾の教会の青少年育成のための基金団体も、
そちらの方に移行するように、
各教会にアドバイスしているようです。

ちなみに教会の国中班には、
今6人の子どもが来ています。
なかなかいい滑り出し。

ということで、
今、過渡期にある立新の課輔班の働きのために、
お祈りください!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカル

2015-09-11 11:01:27 | Weblog

子どもが通う日本人学校に、
ミュージカルの劇団が来てくださって、
公演してくださいました。

この劇団のメンバーは、みなさん、
もともと劇団四季で活躍されていた方たちです。
難病で長期入院している子どもたちに、
ミュージカルを見せて励ましてあげたい、
そんな思いから、
NPO法人を立ち上げて、
全国各地の病院、
またこうして台湾にも来られて、
公演活動をしています。

どうして台湾か、
実は、この劇団のリーダーは、
寺田真実(まさみ)さん、
30年以上台湾宣教師をしておられた、
寺田先生の息子さんなのです!

先生ご家族は、
かつて台中に住んでおられたこともあり、
その間、息子さんの真実さんは、
台中日本人学校通っていました。
そんな関係で、
今回台中日本人学校に来てくださったということです。 

やはり、一流の劇団で活躍されていたこともあって、
歌もダンスもすばらしい!
こんなに間直で、(しかも無料で)見られるなんて、
本当にラッキーです。

公演が終わってから、
少しお話する機会がありました。

実は今回、どうしても真実さんに会いたいということで、
協同会の牧師と彼の奥さん、お母さんを
一緒に連れて行きました。

聞くと、寺田先生ご家族が、
台中でご奉仕をしておられたときに、
家族ぐるみのお付き合いがあり、
よく一緒に遊んだりご飯を食べたりしたというのです。

本当に嬉しい再会だったようで、
何度もハグしてました。(笑)

私たちも、
実際に真実さんにお会いするのははじめて。
もちろん彼の歌や演技もはじめて。
寺田先生にも似ていらっしゃるし、
亡きシマ子先生にもよく似ていらっしゃいます。
こうして、NPO法人を立ち上げる
そのバイタリティーと言うか、行動力もお父さん似でしょう。

本当によい機会でした。

感謝主!! 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母語

2015-09-07 11:41:28 | 信仰 聖書

昨日の午後、
日本語で聖書のお勉強会をしました。

二週間ぐらい前に、
愛家教会の牧師に、
最近愛家教会の教会員と結婚した
一人の女の子を紹介されました。

また、結婚して4ヶ月ぐらいだということですが、
実は彼女、日本で育った台湾人です。
7歳のときに家族で日本へ移住して、
その後ずっと日本語で教育を受けてきたので、
中国語は家で親が使うのをきいていたぐらい。
日常会話はだいたい理解できるようですが、
中国語を話す機会はあまりなかったとのこと。

そして、結婚した相手が台湾人、
その上家族親戚、みんなクリスチャンという環境。 
ダブルカルチャーショックです。

日本で無宗教の環境で育った彼女は、
自分には分からない世界だから、
信仰に関しては無理強いしないでほしいと、
頼んでいたようです。

でも、でも、
ご主人と一緒に暮らす中で、
やっぱり、夫婦で同じ信仰、価値観を共有できないのは、
大きな問題だと思い始め、
ご主人と一緒に教会にも通うようになりました。

ところが、
教会で使っている言葉が理解できない。
聞いたことのない単語がぽんぽん出てくるので、
全然わからなくて、すごいストレス。
そしてまだ信仰があるわけではないので、
礼拝の間中、疎外感を感じて、
戸惑っていたというのです。

そこで、愛家教会のフォン牧師、
早速私のところに連絡をくれて、
彼女と一緒に、日本語で、
聖書の学びをしてくれないかと、
頼んできたわけです。

はい、はい、
私、そういうの大好きです♪
日本語で聖書のお勉強会なんて、
久しくしてないわ~~!
うれしい!!

というわけで、私もこの話に飛びつき、
昨日、日曜日の午後から始めました。

中国語では表現しきれない信仰の葛藤や疑問、
一人で、ネットなどを利用して聖書の勉強してきたけれど、
理解できないことがたくさん!
堰を切ったように、話はじめました。
わたしも丁寧に彼女の疑問を解いてあげました。 

あっという間に3時間。(笑)
次回からは2時間ぐらいにしとこうよ、
ということで、今回の学びを終えました。 

彼女は台湾人だけれど、
彼女の母語は日本語なのです。
そして、母語じゃないと届かない部分が
やっぱりあるのです。

彼女は台湾に嫁いできて、
台湾の濃密な(笑)家族関係の中で、
きっと、すぐに中国語も上手になり、
台湾語も話し出すことでしょう。
私よりもうんと上手になるはず。

でも、このしばらくのとき、
母語で聖書を学ぶ機会が与えられて、
本当によかった~。
神さまの導きに感謝です!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の礼拝

2015-09-06 13:56:46 | 教会

今日は日曜日、
イエス様の救いと復活を記念し、
お祝いする礼拝の日です。

礼拝に行ったら、
新しい家族が来ていました。
課輔班に来ている子どもの家族です。
お母さんと中学生の男の子、
小学3年生の女の子、
まだ一歳ぐらいの男の子の
4人家族です。

実は3人の子どものお父さんはみんな違います。
そして、聞いたところによると、
一番下の子のお父さんも
最近家を出てしまって帰ってこないとの事。

お母さん、落ち込んで、
困ってしまって、
教会にやってきました。

もともと母子家庭(籍が入ってなかった)で、
しかも先住民の家族なので、
政府の援助は受けていると思うのですが、
それでも、小さい子を抱えて、
お母さんも十分働けない状態、
経済的に困ってしまっているのが現状です。

まずは、フードバンクの援助が受けられるように、
手続きをすることにしました。
それから、師母が礼拝後に、
丁寧に神さまの愛、
イエス様の十字架の救いを話して、
信仰に導いていました。

先住民の家庭は、戦後、
村ごとキリスト教に改宗しているところが少なくないので、
彼女もキリスト教自体には、
何の偏見も抵抗もないのですが、
個人的にイエス様とつながっているわけではないので、
新しいことを聞くように聞いていました。

これを機会に、
家族が救われるといい。
家族を簡単に捨てていなくなってしまう男たちではなく、
イエス様にちゃんと頼れるといい。
イエス様は裏切らない、
私たちを捨てない、
本当に信頼できるお方だから。 

感謝主!  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講習会

2015-09-05 22:21:55 | 得勝者課程

今日は、得勝者基礎課程のボランティア教師訓練会がありました。

朝の8時半から午後の3時半まで、
びっしりでした。
疲れた~。

でも、面白かった。
講師の先生は、
得勝者のスタッフなのですが、
自ら週に20クラスももっているという人。
クラスの導き方を指導してくれたのですが、
おもしろい!聞かせる!
これだったら、子どもたちは退屈しないでよく聞くでしょう。

でも、自分が一人でこれをやれるかと言ったら、
かえって自信失った~。
こんなに上手にしゃべれないし、(あたりまえ)
生徒の質問も恐らくちゃんと理解できないし、
とにかくわかんない単語がぽんぽん出てくる。

あ゛~~、まだまだだ~!
もしクラスを一人で担当することになったら、
準備にめっちゃ時間かかるだろうな。 

でも、やりたいな~。
とか思わないこともないかな… みたいな。
主が道を開いてくださったら、いつか。
( -_-)遠い目


それにしても、
子どもたちが新学期に入って、
何だか忙しい毎日。

というのもS子。
水泳部なのですが、
学校のプールが工事中で使えないのです。
それで、毎日公共のバスを使って、
片道30分ぐらいかけて一番近い大学のプールを借りて
練習しています。 

まあ、それはS子が忙しいだけですからいいのですが、
帰りもやはりバスで、直接家に帰ってくるために、
自転車通学ができない。
そうなると行きは車で送っていかなくてはダメ。
しかも週に二回は朝練があるというので、
6時半前に家を出ないといけないのです。
そして、それに合わせてお弁当を作って持たせてみたいな。
朝、早くてつらいです~。 

S子を送って帰ってきたら、
また、少しして、
今度はまいまいをスクールバスのバス停まで送る…。

なんか、朝だけでぐったりですわ。

でも、まあ、がんばります。
月曜の夜には主人が帰ってくるし、
そうしてたら、S子の送り迎えとか頼んじゃおっ!

(* ̄ー ̄)ニヤリ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加