南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

白いカーネーション

2011-05-10 14:20:29 | 教会



日曜日は母の日でした。

台湾の母の日は、すごく盛大です。
レストランはどこも予約でいっぱい。
デパートでは、母の日セールでにぎやかです。

わたし達の通う竹子坑教会でも、
礼拝の中で、
子ども達がお母さん達に向けて歌を歌ってくれました。

ところが、ふと気付くと、
二人の子どもの胸には、
白いカーネーションが。

そうです。
お母さんを亡くした人は、
白いカーネーションを胸に付けるのです。

台湾に来てから、
結構、この区別がはっきりしているので戸惑います。

わたしは5年前に母を天に送っているので、
わたしも胸に、白いカーネーションをつけました。

何だか、少しさびしい思いがしました。

小さな子ども達ならなおさらでしょう。

なんだか、ちょっと…。

という感じです。

母の日の由来の地、アメリカでは、
どんな感じなんでしょうね。
気になります。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

外埔教会日文班

2011-05-10 14:00:36 | 教会

主人が奉仕する外埔教会での日本語クラスは、
五月をもって終了します。

そこで、日本語クラスのメンバーが、
うちの家族をお食事に招いてくださいました。

母の日の前ということもあって、
レストランは、どこも予約でいっぱい。
でも、近場で、小さいけれど、
おいしいレストランを予約してくれました。

見てのとおり、
年齢層の幅が広いです。
日本統治のなごりがある中で育った方達が、
親達が使っていた日本語に懐かしさを覚えて、
学びに来たりしています。

もちろん、お食事はどれもおいしかったです(^^)

お食事が終わったら、
今度は、一人の年輩の方のおうちで、
お茶をいただきました。

台湾の伝統的な建築で、
「三合院」と言います。

真ん中の建物の正面には、
先祖が祭ってあり、
そこが居間兼客間となります。

最近では、このような伝統的な建物は、
すっかり姿を消しましたが、
学校なども運動場を三方向から囲むようにして、
校舎が建てられていたり、
マンションも中庭を中心に3棟建てられていたりするのは、
「三合院」の名残なのかも知れません。

こちらのご主人が、
サトウキビをふるまってくれました。

一年に一度しか収穫できないのに、
わたし達のために、
バサッと気前良く切ってくれました。

皮を削った茎を噛みしめると、
甘い汁が、ジュワーッと口に広がります。

たくさんは食べられなかったけど、
子どもたちにとっては、
いい経験になりました。

外埔教会のみなさん、
ありがとうございました。

感謝主!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家のメンテナンス

2011-05-10 13:34:10 | Weblog

ここ2,3日で、続けて家のあちこちに問題が起こった。

洗濯機が壊れ、
ガスコンロが壊れ、
シャワーのお湯が出なくなり…。

全部、大家さんのもので、
どれも古いし、
うちが2月に引っ越して来るまで、
2年も人が住んでいなかったわけだから、
一気にいろいろ問題が発生するのは仕方のないのかも知れない。
でも、一度に来られると、
これがまた結構なストレス。
日本ならまだしも、ここは外国だしね。

家のメンテナンス担当は主人。
だから主人は、その度に業者と連絡をとり、
大家さんと連絡をとり、
問題の解決に当る。

ご苦労様です。本当に。

でも、その甲斐あって、
今日の午前中には、すべて解決しました!

感謝主!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加