南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

資源回収

2011-01-26 21:47:45 | Weblog

今日も行って来ました。
引越し先の大掃除!

今日は、Yさんの応援も入りました。
ありがとう~!

そうそう、きのうは、
前の住人が置いて行った山のような本を処分しました。

洋書は、インターナショナルスクールのフリーマーケットに出すことにして、
キリスト教書は、教会に寄付。
それ以外の本を集めたら、
ダンボール5箱ほどに!

で、それを資源回収所に持って行ったのです。
そうしたら、なんと日本円にしたら1000円分ぐらいに!!
すっごーい!!

台湾の貧しいお年寄りなどは、
古紙やペットボトルなどを集めて生計を立てているけど、
なるほど、日用品や食べ物の安い台湾なら、
何とか、食べていける。

また資源ごみが出たら、
持って行こ~~っと。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お掃除

2011-01-25 09:18:10 | Weblog

案の定、
引越し先は、ほとんど掃除がされておらず、
物もたくさん残っていて、
毎日、お掃除に通う毎日。
二年間、誰も住んでいなかったので、
積もりに積もったホコリは、半端ない。

それにしても、
子どもたちは、なかなか戦力になる。
土曜日と日曜の午後をかけて、
手際よく掃除していた。
えらい、えらい!

とりあえず、
それぞれの寝室と台所は、
お掃除が終わった。

あとは、浴室とかリビングとか…。
がんばりまっ!

( ̄´口` ̄)ノ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日文班小朋友

2011-01-22 09:04:07 | 教会


きのうから、台湾の学校は春節をはさんでの冬休み。

日本語クラスの子ども達が、
以前から、うちに遊びに来たいとしきりに言っていたので、
早速、きのう遊びに来てもらった。

子どもたちと約束したのは、
引越しが決まる前。
本当は引越しが決まったときに、
忙しくなるから、
キャンセルしようとも思ったのだけれで、
子ども達ががっかりするだろうと思うと、
それもできず、
予定通り来てもらいました。

お昼ご飯は、
子どもたちが大好きなドリアとパンプキンスープ、サラダ。

その後、
子どもたちと一緒にチョコチップクッキーを作りました。

で、問題はそのあと。

なんと家中を使ってかくれんぼを始めた。
ヽ(´~`; ォィォィ

かくれんぼに飽きると、
今度は、うちの自転車やキックボードを使って、
車庫周辺で遊び始めるし…。

ちなみにみんな同じ学校の6年生。
日本の小6より、かなり幼いです。
かわいいです。(^_^;)

ということで、
これで、お引越しに全力投球できます!

って、あと1週間!?

 ヽ(  ̄д ̄;)ノ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うそ

2011-01-19 07:44:05 | 信仰 聖書
最近、
いろんな人の「うそ」を聞くことが多い。
噓だとわかっていても、
黙って聞く。

子どもの時には、
誰もが、親や先生から、
噓はだめだよと、
教えられてきたはず。

でも、いつしか人は、
自分を守るために、
平気で噓をつくようになる。

神さまを知らないから…かな?

私のことを何でも知っていて、
心の深いところまで探られ、
いつも共にいて、
見守っていてくださる神さまがおられることを
知っているなら、
そんな簡単にうそはつけないはず。

噓をつく度に、
私たちの心は貧しくなっていく。
自由を失っていく。
ちっとも自分を守れていない。

悲しいことだと思う。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

引越し?

2011-01-14 10:00:59 | Weblog
3日ほど前の夕方
我が家の大家さんから、主人の方に電話があった。

ご主人の友達が、
今私たちが住んでいる家に住みたがっているから、
今度、見に行かせてほしい。

とのことだった。
…耳を疑った。

一年前に、ここに引っ越してきて、
そろそろ、二年目の契約の更新をしようと思っていた矢先。
期限は、2月の7日、
もう3週間しかない…。
今、この家を出されたら、うちはどうなるの?

一応交渉はしてみたけれど、
家賃を25パーセントアップしなければ、
話にもならないということらしい。

台湾では、家を借りる側の権利は、
無きに等しいと聞いていたけれど、
自分たちがその当事者になるとは思わなかった。

でも、でも、大丈夫。
神さまの許しなくしては、
何事も起こりえない。

今、住んでいる家の近くに、
うちの家族サイズにちょうどいい部屋があって、
そこを宣教師に貸したがっている人がいるとの情報が、
すでに私たちの耳に入ってきていた。
同じ協同会の牧師仲間の持ち家で、
マンションの13階だという。

早速昨日見に行ってきた。
2年誰も住んでいない上に、
物がほとんどそのままの状態で残っていたので、
すごい状態だったが、
うちが住むなら、こまごまとした物は、
みんな出してくれるという。
家賃は、今まで借りていたところと同額。

感謝主!

引越しの日取りももう決まった。
2月1日。
あと2週間!?

これから忙しくなる。( ̄Д ̄;;
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

合歓山

2011-01-11 15:11:15 | 旅行


私たちが泊まったところ。
天祥にある長老教会の宿泊施設です。
とても安く泊まれる上に、
管理人のご夫妻は、とてもいい人たちで、
施設内も清潔です。

利用する人たちは、
やはりうちみたいな宣教師家族が多いみたいですが。



中央のつり橋が見えるでしょうか。
この橋の下に、
なんと天然の温泉があるのです。

子ども達を連れて、
行ってみたのですが、
危険と判断し、
途中で引き揚げました。
立ち入り禁止区域だったし。

でも、知る人ぞ知る温泉らしく、
途中、この温泉に入ってきたという人とすれ違ったし、
つり橋から下を見ると、
何人かの人が水着を着て入っているのが見えました。

いつか、整備されて、
また入れるようになったら、
是非行ってみたいところです。



さて、こちらは、合歓山です。
3000メートル以上の高さがあります。

帰りは、これらの山々を越えて帰ってきました。
こんなに高いところをドライブできるなんて、
日本では、出来ないことですよね。

雪もうっすら積もっていて、
道路も部分的に凍結していました。
南国台湾でも、雪が降るところがあるんですよ。
すごいですね~。



本当にいい眺めです。

空気が薄く、
車は苦しそうだったけれど、
なんとか山を越えて、帰宅。

3泊4日本当に、楽しい旅でした。
感謝主!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タロコ渓谷

2011-01-10 13:03:10 | 旅行


タロコ渓谷は、立霧渓が大理石の岩盤を侵食してできた渓谷。
そして、ここが砂卡礑(シャカダン)。
澄んだ青い水と緑の山々にがとてもきれいです。
ここのハイキングコースをみんなで歩きました。



そしてこちらが、長春祠。
ここには、台湾の東と西を結ぶ東西横貫公路の工事中に、
殉死した212人が祀られているそうです。
中央に3000メートル級の山々が並ぶ台湾。
その両側を結ぶ道路工事は、
とても大変なものだったと予想できます。



燕子口と呼ばれるところ。
岩壁に多くの小さな洞穴があり、
そこにたくさんのツバメが巣を作っているために、
このように名付けられたらしいです。



そしてここが、タロコ渓谷で最も景色が美しいといわれる九曲洞。
でも、私たちが行ったその日は、
落石の可能性があるからということで、
ほんの数十メートルしか歩けませんでした。
残念。
でも、入り口だけでもなかなかの景観でしたよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羅東

2011-01-06 10:17:49 | 旅行


温泉でゆっくりした後、
今度は、羅東(ルォドン)運動公園で、
サイクリングをしました。
この公園、すっごく広いのです!

サッカー場、野球場、陸上競技場、テニスコート何でもあります。
それ以外に、ジョギングやウォーキングにはもってこいの
大きな緑いっぱいの公園があります。
こんな公園の近くに住んでみたいな~
と思わせるような公園でした。

雨の日の多い宜蘭にしては珍しく、
私たちの滞在中は、とてもいい天気。
私たちが公園の到着したころは、
もう3時半ごろだったのですが、
サイクリングをしていた間中、
ポカポカあたたかかったです。

夜は、羅東の民宿に泊まりました。
この民宿、
知り合いの羅東教会の牧師さんのご両親の民宿でした。
実は、ご両親、もうご高齢で経営はしていなかったのですが、
息子のお友達家族ということで、
今回ご好意で泊めていただいたわけです。

とても、きれいなところで、
美味しい夕食、それに朝食までいただいて、
本当に感謝でした。

夜は羅東の夜市です。



結構大きな夜市で、食べ物も豊富、
着る物やアクセサリー、ゲーム(的当てや射撃みたいな)もたくさんあって、
なかなか充実した夜市でした。

日本だとお祭りのときにしか見られないような出店が、
ここ台湾では、いつでも見られるし、
子どもから大人まで楽しめるこの雰囲気が、
私は大好きです。

さて、次の日、いよいよタロコに出発です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宜蘭

2011-01-05 14:16:34 | 旅行
12月27日8時半頃に出発!
教会の大きなバンを借りたので、
7人、ゆったりとドライブすることができました。

宜蘭に着いたのは、お昼ごろ。
早速、インターを降りたところにあるレストランでお食事。
どれを選んでも、
一皿100元(300円程)のリーズナブルなお店へ。
人数が多かったので、
いろいろな種類が頼めて、お得な感じ!
お味もなかなかでした。

その後、礁渓(ジャオシー)に向かいました。
ここは、温泉で有名なところ。
まずは、みんなで足湯。
ちょっと熱めのお湯が、気持ちいい~。


その後は、
温泉につかる組と足ツボマッサージ組と分かれました。
私は、足ツボ組の付き添いでした。(ーー;)

温泉は、オープンしたばかりの公共の温泉施設だったこともあって、
何とタダ!
足ツボも一人分のお値段(50分500元)で、
二人マッサージしてもらえるという、お得なキャンペーン中!
何とラッキー!
いえ、感謝主!!



足ツボをしたのは、17歳コンビのお二人。
この若さで、人に足を揉ませるなんて、
なんて贅沢…。

温泉組も、温度別の湯船があって、
とても気持ち良かったと、
大好評でした。

ということで、まずは温泉でゆっくりとしたところで、
次は、羅東(ルォドン)の運行公園へGO!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます

2011-01-04 09:23:13 | Weblog
明けましておめでとうございます!

新年のごあいさつが遅れました。
年末は、家族旅行に行ってまいりました。
海〇名家も一緒です。

あと、西大寺教会の星〇ちゃんが、
遊びに来ていたので、
(高校生で一人旅ですよ~)
一緒に宜蘭(イーラン)と太魯閣(タロコ)に行ってきました。

そのときの様子などは、
また追って、ご報告を。

とにかく楽しく3泊4日を過ごし、
その後、大晦日は家で過ごしたのですが、
その日の夕方食べたオレンジが悪かった…。

何とそのオレンジ、腐っていたらしく、
私は食中毒。

その晩は、強い吐き気と下痢でさんざんでした。

年が明ける時間、
大きい子どもたちは、
毎年恒例の台北101ビルの花火をテレビで見ていたのですが、
トイレから出てくる私に、
「明けましておめでとう!」

それに対し私は、
「吐きまして、おめでとう…」

つらい夜でした。

でも、夜半遅くには、嘔吐下痢もおさまり、
寝られたのですが、
次に日からは発熱。
二日間寝込みました。

昨日あたりから元気になりました!
感謝主!

聞けば、よく母もやったそうですよ。
食中毒。

遺伝性の食中毒ですね。
もったいないがりで、いやしいという…。

ということで、
今年は、食には気をつけます。(^^)

こんな私ですが、
今年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加