南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

志工老師

2017-08-14 10:23:12 | 得勝者課程

土曜日はChapions program(得勝者課程)の
志工老師(ボランティア先生)の研修会でした。

各プログラムごとに持たれるのですが、
私は「真愛守門員」に参加しました。
二年前に参加して、
一応ボランティア先生としての
免状も持っているのですが、
国の方が同性婚を認めたりと、
性教育をめぐる情勢が大きく変化しているので、
それに伴いテキスト等も改訂されており、
もう一度再研修を受ける必要があったのです。

このChampions program は、
宗教法人ではありません。
あくまで社団法人なので、
国の方針や法律が変われば、
それに対応しなくてはいけません。

それでも、このプログラムの基本理念は変わりませんし、
その使命、スピリットも変わりません。
正しい性の在り方を
若い人たちにきちんと教えるのがその使命です。
今の時代、
「こうあるべき」と断言することは許されていません。
ただ、サジェスチョンを与えたり、
生き方の方向を示したり、
正しい選択を助けたりすることはできます。
教える内容が制限される中、
私たちはかしこく対応しなければいけませんね。

また、時代に即しての変化もありました。
今までのテキストは6課までだったのが、
今回配られたテキストは8課になっていました。

最後の2課は、
ネットの使い方と注意すべき点について、
学べるようになっています。

今、ネットを通して、
ポルノグラフィー依存症になったり、
出会い系サイトなどで、
性犯罪に巻き込まれたりという子どもたちが
急増しています。
それに対応しての学びです。

今の時代このような学びが本当に必要です。
そして、台湾の教会の対応の速さには驚かされます。

日本も必要ですね。
日本の青少年のネットを媒介にした性の問題は、
ひょっとしたら台湾以上かもしれません。
ホント、対応が急がれます。

このChampions programが、
ますます用いられますように。

ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食の安全 | トップ | 映画と停電 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

得勝者課程」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。