南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

劉暁波氏が残したメッセージ

2017-07-17 14:45:28 | 時事問題

「愛する妻よ、君に伝えたい」劉暁波氏が残した愛と平和のメッセージに世界は震えた(全文)

中国で民主主義と言論の自由の尊さを訴え続け、
ノーベル平和賞を受賞した
人権活動家の劉暁波(リウシアオポー)氏が、
7月13日に亡くなりました。

2009年12月のノーベル平和賞の授与式には、
出席がかなわなかった劉氏でしたが、
自らの裁判審理で読み上げるために記した陳述書
「わたしには敵がいないーー私の最後の陳述」が、
彼の死を機に、
もう一度世界の人々の目に触れることになりました。

その当時、
私はその陳述書は読まなかったのですが、
今回日本語訳の全文を読んで、
劉氏の人格と思想のすばらしさに、
圧倒されてしまいました。

特に胸打たれた部分は以下の文です。

憎しみは人類の知恵と良心を腐らせ、敵対意識は民族の精神を傷つけ、生きるか死ぬかの残酷な闘争を煽り、社会の寛容性と人間性を破壊し、1つの国家が自由と民主主義へと向かう道のりを阻むものだ。私は個人的な境遇を超越し、国家の発展と社会の変化を見据えて、最大の善意をもって政権からの敵意に向き合い、愛で憎しみを溶かしたい。

彼の死が、
「一粒の麦」となって、
彼が願ってやまなかった民主主義と言論の自由が、
近い将来中国にもたらされるようにと、
今一度祈らされたことでした。

そして、
憎しみと敵意を放棄し、
善意と愛で巨大な権力に立ち向かった劉氏に
敬意を払いつつ、
私も日常生活の中で、
彼の生き方に倣いたいとも思わされました。

少なくとも私たちキリスト者は、
「敵を愛し、敵のために祈りなさい」と言われた
イエスさまを知っています。
そしてイエスさまは、
十字架の道を歩み、犠牲の死をとげることで、
身をもって敵を愛する生き方を示してくださいました。

この劉氏の陳述書は、
私たち世界中のキリスト者にとっても
大きなチャレンジになったことでしょう。

ジャンル:
話題の人
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休み | トップ | 五十音のクラス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。