南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

水曜日は

2016-10-07 09:55:04 | 課輔班

月曜日の夜に、腰がピキンってきて、
あっヤバイと思ったら
案の定次の日から腰が痛い。

バキッっていうのと違って、
パキンだったから、(笑)
そんなにひどくはないはずと油断して、
いつもどおり火、水、木と教会へ。
得勝者と課輔班のご奉仕。
しかも、水曜夜にはウォーキングにも…。

あほだった。

昨日は痛みぶり返し、
一日痛みの中で過ごしました。

牧師や師母にばれると、
やれ、医者に行ったか、
原因はなんだ、
こうすればいい、ああすればいい…
となるので、
ばれないように平静を装っての奉仕。

そして今日は久しぶりの一日オフ。
いい子にしています。


写真は、水曜日の課輔班のときのです。
聖書のお話はヨシュア記に入りました。

2年半ぐらい前に話したモーセのお話、
覚えている人?と聞いたたら、
四分の一ぐらいの子どもが手を上げてました。
そんなもんかなと思いつつ、
とにかくヨシュア記、士師記と続けるつもり。
 

水曜日は特別な日にしようと、
私たちスタッフも一生懸命です。

だから水曜日はいつもよりワンランク上のおやつ!
子どもたちへのプレゼントがある場合は、
水曜日のバイブルタイムの後に配布。
それそ知ってか知らずしてか、
お隣の葬儀屋さんの社長さんが、
ここ2週間、水曜日になると、
となりのとなりの屋台で売っている
雞蛋糕を差し入れしてくれます。 

ご近所でも、
水曜日は子どもの歌声が聞こえてくるし、
何かアクティビティーがあるんだろうな、
ぐらいは感じでいるのでしょう。
いいことです♪ 
 

まあ、でもこちらが力を入れれば入れるほど、
サタンはおもしろくないわけで、
いろんな邪魔が入ります。

いつになく、ぐずって宿題をしない子、
かんしゃくを起こす子。
遊んでばかりいて、
時間になっても宿題が終わらない子。
それに巻き込まれて、
こちらもイライラ…。

聖書のお話は好きじゃない!
と言って来る子もいます。

でもそんなの口だけなんです。
だれよりも熱心にお話を聞いて、
反応してくる子はその子たちなんですから。

こんなサタンの策略にはまらないように、
水曜日はよく祈って備えないとね。

感謝主!!

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七日目に休まれた | トップ | 貧困社会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

課輔班」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。