南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

饅頭作って環島旅行

2017-07-11 13:44:59 | 課輔班

昨日は、教会で饅頭(マントウ)の作り方を学んできました。

マントウってこんなもの。
いわゆる蒸しパンです。
台湾の人は朝ごはんにこのマントウと豆乳を飲むのです。

今回の中身は、
かぼちゃやサツマイモ
ドライラズベリーやレーズン、
チョコレートやタロイモなど。
あと、初めて食べたのは、
九曾搭(台湾バジル)を入れたもの。
塩コショウで味付けてて、おいしかった~!

教えてくださったのは、林波ご夫妻

このご夫妻すごいんです!
マントウの作り方を教えてまわる働きを初めてから3年。
夏休みを利用して、
普段のお仕事をお休みして、
あちこちの課輔班でこんな教室を開いているのです。
一つの教室で100個以上のマントウを蒸かします。

もともと台南の人ですが、
トラックに寝泊まりしながら、
台湾全土をまわっています。
もちろんボランティアです。
材料費さえもとりません。

一年目は、1年に15日20か所で。
二年目は、39日44か所。
三年目は、58日63か所。
今年は4年目、
すでにたくさんの予約が入っているそうです。

砂糖と塩、酵母を水に溶かします。

中力粉の中にそれをドバっと入れて、

まぜまぜ、こねこね

何しろ量が多いので、
いくつかの塊に分けます。

子どもたちも体験。
捏ね捏ねが終わったら、
寝かせて発酵。
台湾暑いので30分ぐらいでいいらしい。

子どもたちにも成形させます。
みんな思い思いの形に。

それ以外はこうやっておばちゃんが成形。
これは台湾バジルを敷き詰めて巻き込んでいます。

で棒状になったものをカット。

蒸かし器に敷き詰めて、

30分ほど蒸かしたら出来上がり!

わー!おいしそう!!

ということで、
楽しい時間を過ごせました!

子どもたちも楽しくておいしくて、
大満足!!

感謝主!!

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏令営(3) | トップ | 台湾通信vol.56 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。