南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

夏令営(3)

2017-07-11 11:38:25 | 課輔班

キャンプ3日目は、お昼を食べて終了。
この日も映画鑑賞から始まって、
3日連載で無事に観終わり、
早速プログラムに入りました。

バイブルタイムの前のゲームは、
ストローを使った輪ゴム送り。
はい、盛り上がりました!

右下の眼鏡をかけた女の子の姿勢すごいでしょう?
彼女はチアリーダーの選手で、
世界大会まで行った中三の女の子。
しぐさの端々に筋肉を感じます。(笑)

バイブルタイムは主人の担当!
ゆっくりとした語り口調で、
子どもたち以上にスタッフのハートに迫っていました。

テーマは「細きみ声」
カルメル山であんなに勇敢に戦ったエリヤが、
イゼベル王妃が彼の命を狙っていると聞いた途端、
気持ちが萎えてしまう。
逃げて逃げて、
もう逃げる気も失せて木陰でふて寝。

そんなエリヤにみ使いが現れ、
まあ、これでも食べて元気出してと
食事を何度か与え、
ちょっと元気が出て来たエリヤを励まして、
神の山ホレブに導く。

ホレブ山で、神さまは直接エリヤにアプローチ。
岩をも砕くような強い風が吹く…、
でもそこには主はおられない。
激しい地震が起こる。
でもそこにも主はおられない。
そして火が降る、
そこにも主はおられない、
その後にかすかな細いみ声がありました。

主はその細きみ声をもって、
ご自身の臨在をあらわし、
エリヤを励まし、
新しい任務を与えたのでした。

人は大きな仕事を果たした後、
弱くなるのかもしれません。
疲れちゃうんでしょうか?
ふと我に返って、
なんて大それたことをしたんだとひるむんでしょうか?
いや、もともと人は弱いから、
一時期神さまからの使命を果たすために、
特別な力を与えられていたとしても、
本来の姿は、臆病で、
自分の中からは気力なんて出てこないのかもしれません。

でも、そんな弱いエリヤを見捨てないで、
最後まで励まし、
用いてくださるのが神さまです。

さんざん使って、
役に立たなくなったら見捨てる、
そんなブラック企業の上司とは、
基本違うのです。
そこにあるのは「愛」なのです!

感謝主!!

この日はお話の後、
室内ゲームが続きます。
真ん中のバスケットボールを
両端から小さなボールを杖で打ってあてる。
単純なゲームだけど、
異常な盛り上がり!

4つに分けていたグループで、
3日間競い合いあっていました。
最終日結果報告があり、
順位に合わせてお菓子詰め合わせのプレゼント!
勝ったグループも負けたグループも、
楽しい三日間でした!!

最後の食事は、
なんとマクドナルド!!

台湾でもジャンクフードで定評があるけど、(笑)
子どもは嬉しくて、嬉しくて、
大満足です!!

3日のキャンプが守られて、
本当に感謝でした。


今回は、
子どもと若いスタッフたちの信仰の成長を
傍らから見守りつつ、
ちょっと余裕のキャンプでした。
こんなの初めて♡

感謝主!!

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏令営(2) | トップ | 饅頭作って環島旅行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。