南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

温水

2017-09-26 19:41:29 | 文化 習慣

今日も得勝者の授業のために、
近くの小学校に行って来ました。

先週は、なにしろ暑すぎて、
背中はあせもでかゆくなるし、
夕方には熱中症でしょうか、
頭痛がしてくるしで、
さんざんだったので、
今週は心して、
いろいろ暑さ対策をして行きました。

それにしても学校の飲水機、
なんとかならないんでしょうか。

こんな立派な飲水機が、
各フロアに二つずつあって、
非常に助かるのですが、
せっかく高性能な飲水機なのに、
冷たい水がないのです!!

左が100℃の水、
真ん中が温水、33℃、
右も同じく温水、33℃…。

常温ならまだしも33℃!
いや、気温がそれぐらいだから常温なのか。

冷たい水が飲みたいよ。( ;∀;)

台湾の人は、
冷たい水は体に良くないと信じている。
暑い時期が長いので、
冷たいものを飲んでいると内臓が疲れるのだと、
誰かが言っているのを聞いたことがある。
だけど、ここまで徹底されると辛いものが…。

教会の飲水機も同じ。
熱水、温水、冰水(冷水)とあるのに、
冰水は機能しないように設定してある。

そうそう、空港の飲水機は、
冰水もありましたよ、確かに。
でもうちの娘たちが、
冰水を押そうとしたら、
台湾のおせっかいなおばさんが、
横から、
「冷たいのはだめよ」って、
温水を押されてしまったとか。

外では冷たい水は飲めないってことです。
諦めましょう…。

温水ばんざい ヽ(ToT)丿

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母親節快楽!

2017-05-14 21:39:01 | 文化 習慣

台湾の母の日は盛大です!
レストランは予約でいっぱい。
デパートも母の日のプレゼントを買う人でにぎわっています。

教会の母親節も盛大!
今日はお母さんたち全員にプレゼントが渡され、
子どもたちによる特別賛美がささげられ、
豪華な食事も用意され、
なんと大きなケーキまでありました!

それにしても…。
台湾のお母さん、いいよな。(-_-;)

子どもたちは、みんなお母さんが大好きで、
お母さんを尊敬してて、
「お母さん、いつも大変だね。」
「お母さんありがとう!」
「お母さん、世界で一番大好き!」
ってな感じで涙をながしたりする。

日本のお母さんって、
たぶん世界で一番忙しくて、
家事も子どもの世話も手抜きしないし、
子どもに対してやさしくて、
忍耐深いと思うんだけど。
(アメリカと台湾を見る限り)

なんかあんまり評価されていない気がするな。
(ー_ー)!!

なんでだろう。

最近の台湾のお母さんは、
ごはんもほとんど作らないし、
お洗濯だって多い人で2,3日に一回、
お掃除はめったにしないし、
いつも声張り上げて子ども叱って、
勉強、勉強とうるさい。

もちろん子どもへの愛は、
万国共通だと思うんだけど、
なんか日本のお母さんは、
一生懸命な分損してる気がするんだけど。

だからいつも私は日本に帰ると、
お友だちのお母さんたちに言うのです。

家事はもっと手抜きしていいよ。
子どもに我慢しなくていいよ。
わたしだって疲れるんだ、
限界があるんだ、
自分のことは自分でやれ!
って言えばいい。
あっ、旦那にもね(笑)

その方がきっと、
子どもは親の苦労を理解して、
感謝するようになるよって。

ホント、そう思うけどな…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年快樂

2017-01-28 12:00:54 | 文化 習慣

今日は台湾の春節です。

春節には以下のような挨拶を交わします。

「新年快樂」 これは「明けましておめでとう」の意
「恭喜發財」 財ができておめでとう
「吉祥如意」 良いことが思いのままに訪れますように
「萬事如意」 万事が思いのままに進みますように
「紅包拿來」  お年玉ちょうだい!

みたいな感じです。
でもクリスチャンはこんなあいさつも!

「主賜平安」 主の平安がありますように
「福盃滿溢」 祝福の盃があふれますように

台湾の人は、
家族が集まってごはん(年菜)を食べたり、
あいさつ回りをしたり忙しいのですが、
私たち日本人は、
一週間のお休みをひま~に過ごします。
同じく暇そうな日本人のお友だちを呼んで、
ごはん食べておしゃべりしたりね。 

というわけで、

新年快楽!!
主賜平安!!
福盃滿溢!!

紅包拿來!!(笑) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾っ子

2016-10-31 14:18:43 | 文化 習慣

今日は代休で、まいまいは学校お休み。
そこで学校のお友達といっしょに、
朝から「君の名は」を観に行きました。

まいまいをバイクの後ろに乗せて、
映画館に送って行く行く道すがら、
楽しくおしゃべり。

ふと、まいまいが言いました。

「ねえ、ねえ、日本のバスって、
手を上げなくても停まってくれるんだってね。
この間テレビで見てびっくりしたよ~!」 

はっ?知らなかったのか!

ひょっとして、タクシーが自動ドアなの知らないよね。

はい、すっかり台湾っ子です。(^_^;) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋節

2016-09-16 12:37:27 | 文化 習慣

台湾の暦では、
今週の木曜日が中秋節でした。
本来金曜日はお休みではないのですが、
先週の土曜日には、
みなさん振り替え出勤、登校しているので、
金曜日もお休みになって4連休です。

子どもたちの学校もお休み。
課輔班もお休みなので、
私もお休み~!

やらなきゃいけないお仕事はあるけど、
そういうときにはできないもの。(笑)
本を読んだり、
映画を見たりして過ごしています。(^^;)

前も紹介したことあるけど、

“War Room”

人に勧める機会があって、サイトを探していたら、
自分も観たくなって見てしまいました。
ホント、これを観ると祈ることについて、
チャレンジを受けるのです。
またも感動して、何回も涙…(ToT)
おすすめです!
英語か中国語(簡体字)が分かる人は上のサイトでどうぞ。 

というわけで中秋節、
台湾の人は文旦や月餅を送り合ったり、
家族や友達とBBQをして過ごします。

昨日の夜、
いつものようにウォーキングをしていたら、
あっちもこっちも家の前なんかでBBQしてて、
煙くて煙くて、
目は痛いし、咳き出るしで、
燻製になりそうでした。(大げさ(笑))

でも、冗談ではなく、
PM2.5の数値も上がってたらしいです。

中秋節といえばバーベキュー
 
その裏で大気汚染も
PM2.5濃度上昇/台湾

まあ、でもさておき、
中秋節快楽!!
ハッピー四連休!!

感謝主!! 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末いろいろ

2016-09-13 11:21:42 | 文化 習慣

そして土曜日には、
日本で育って、結婚して台湾で暮らしている
お友達+α で焼き鳥パーティーをしました!



実はこの日主催してくれたKちゃんは、
焼き鳥屋の娘なので、
道具はあるし、おいしいタレも作れるのです。
おかげですっごくおいしい焼き鳥が食べられました! 

みなさん、普段はそれぞれ異文化の中で、
苦労しながらもたくましくやっている方たち。

彼女たちが台湾に来てよかったことは、
イエス様と出会ったこと、
そして信仰がリバイブしたこと!

ホントそれぞれ苦労してるけど、
信仰を握りしめながら、
みんながんばってるよ。

加油!! 

それにしても彼女たち、
年のころはだいたい同じなんだけど、
性格や育った場所や環境は全然違う。
日本にいたら全然接点なかっただろうな~と思う。

でもこうやって異国で、
がんばってるってることと、
イエス様が、
彼女たちをつないでるんだろうな~。
なんかいいな~。 (^^)

わたしも彼女たちと出会わせてもらってホント嬉しい。

感謝主!!

 

で、こちらが日曜日夜の愛家教会でのBBQ。
台湾では中秋節に、
こうやってみんなで集まって、
BBQ(烤肉)をする習慣があるのです。

それにしても愛家教会のBBQすごいよ。
お昼から夜9時ごろまで続いてるし。
教会の中では、ミラーボール風のライトが回って、
大音量でカラオケ!
普段教会に来ていない人も、
入れ代わり立ち代わり来て、
お肉食べて、しゃべって、歌って…。

私たちは、1時間ほどで失礼しました~!

中秋節快楽!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

授業参観

2016-06-20 10:23:29 | 文化 習慣

先週の月曜日から水曜日は、授業参観週間でした。
卒業アルバムの写真も撮りたかったので、
月曜日と火曜日だけ午後少しずつ参観してきました。

水泳の授業は、1回目でした。

授業のはじめに、
先生が長々と注意事項などを話していたのですが、
気になることがいくつか。

だいたい体育の先生のえらそうな態度が、
私は自分が学生のときから大嫌いです。
聞けば、体育大学卒のばりばりの先生。
上から目線、命令口調、
「わかったか!」「はい!」
「わかったか!!」「はい!!」
となぜ二回繰り返す?

そして、子どもたちにこんなことを言っていました。
「今朝、校長先生と私で、
水泳授業の安全のために、
プールの四隅に塩を置いて、
水の神さまに安全を祈願しました。」

「では、プールに向かって礼!!」

なんか、いやな感じでした。

日本人って、宗教オンチです。
本人たちは日本人は宗教に寛容なのだと言っていますが、
宗教、信仰というものを知らない場合がほとんでです。
そして、真面目に信仰している人を頭が固いと批判し、
配慮をすることを知りません。 

プールの四隅に塩を置くと言うことが、
宗教的な行為だと認識しているでしょうか。
恐らくしていないでしょう。
「水の神さま」とか言っているのにです。
そして、その直後にプールに礼をさせることに、
不快感を感じる親や子どもがいるなんてこと、
思いもしないのでしょう。 

時に海外の日本人学校は、
日本の学校よりも、
日本らしく?なってしまうものです。

それがよく出ることもありますが、
長く付き合えば付き合うほど、
ホトホト嫌気がさしてきます。 
子どもたちも管理しやすい素直な子どもたちなので、
先生方は、ますます張り切って、
子どもたちを管理し、
日本色に染めていきます。

というわけで、
今回はとりわけ不愉快な授業参間でした。
残念です。(ーー;) 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

端午節

2016-06-10 21:36:27 | 文化 習慣

台湾は昨日が旧暦の五月五日で端午節。
今日は、本当は休日ではないのですが、
先週の土曜日にみなさんすでに出勤、登校しているので、
4日間の連休になりました。

台湾ではよくあることです。
連休を作るために、
その前の土曜日を平日扱いにするのです。
なかなかいい対応ですね♪

さて、端午節といえば、ちまき!

うちも少し前からあちこちからいただいて、
おいしい中華ちまきを楽しんでいます。

結構大きいので、
一つでおなかいっぱいになります。
それぞれの地域の味、
家庭の味があって、
ホント、おいしいですよ。

加えて、このところ長女や次女が、
台所に立ってくれることが多く、
私が教会から帰ってくるのが遅い日には、
いろいろお料理して待っていてくれます。
娘のいる生活…、最高ですわ♪

昨日も起きたら、
次女がホットケーキを作ってくれてました。

そして夜は豆腐ハンバーグ。

どちらも素材にこだわったヘルシーなごはんです。

ちなみに今朝は手作りベーグルですよ♪

母は幸せです。(^^)

感謝主!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春節初六

2016-02-13 11:19:24 | 文化 習慣

台南の地震から1週間が経ちました。

 倒壊した16階建てビルでは、
すでに110人の死亡が確認されています。
今回の地震の死者は計112人になりました。
倒壊したビル内部には未だ5人前後がいるものとみられ、
市当局は続けて、がれきの撤去作業と捜索活動を進めています。

 このビルを巡っては、鉄筋の量を大幅に減らして
強度の不足を招いた疑いがあると同時に、
ビル下層階所有者が、
柱や壁を取り除く「違法改築」を行ったとして、
こちらも調べを進めています。
 

被災した皆さんにとっては、
長い長い春節休みでしたが、
その春節休みもすでに終盤を迎えています。

除夕(大晦日)の地震による災害があったけれど、
台湾全体としては、
日本でよく見られるような自粛ムードはなく、
長い春節休みを利用して、
実家に帰省したり、
旅行に行ったり、
ご馳走を食べたり、
みなさん思い思いに過ごしていました。

我が家も1週間のお休み、
時々ニュースを確認しながらも、
ゆっくりと過ごしました。
どこに行っても混んでいるので、
外出は避け、
家にお友達を呼んで一緒にご飯を食べたり、
大掃除をしたりして(すでに毎年恒例)、
有意義に過ごしました。 

台湾では、お正月にしてはいけないことがあります。
もちろん迷信だけど、
面白いのでここに紹介しますね。 

お正月の第一日。

1.物を壊してはだめ
2.朝に体や頭を洗ってはだめ
洗濯もだめ
3.新しくご飯を作ってはだめ
前日の夕飯の残りを食べる 

大丈夫台湾の大晦日は大ご馳走(年菜)!
絶対たくさん残ってるし。 

4.人の名前を呼んで起こしてはだめ
5.お昼寝をしてはだめ 

実は私、1以外全部やってしまいました。(笑)

お正月2日目。

1.昨日に続きお掃除をしてはだめ
2.娘婿を招いてお昼ご飯をご馳走する
3.お嫁さんが実家に帰る日
そのときの手土産は偶数で
4.お正月一日目二日目は水の神さまの誕生日
洗濯はしてはいけない

はい、うちはこれも全く無視(笑)

三日目
外出、年始の挨拶、営業開始はしてはだめ 

4日目
遠出してはだめ

5日目
春節中のゴミを出して掃除する
こうして貧乏神を追い出す

 

ここまで来たら、
台湾の人も全然守ってないって感じです。(笑)

と言うわけで、
今日は初六です。
禁止事項はなくなりました~!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

灣生回家

2015-11-08 21:46:18 | 文化 習慣

映画《湾生帰郷物語》7分間予告篇

「湾生」はもともと日本語で、「台湾生まれ」という意味だそうです。
日本は1895年から終戦までの50年間、
台湾を統治していました。
その間に台湾で生まれた日本人を「湾生」と呼びます。
彼らは、敗戦後取る物も取り敢えず、
命からがら日本へ帰国しました。
日本でも苦しい生活が待っていましたが、
台湾に帰るわけにもいかず、
故郷台湾にいつも思いを馳せていたということです。

この「湾生回家」は、そうした
「湾生」たちが、
故郷である台湾へ帰り、
懐かしい人や風景に再会したときのドキュメンタリー映画です。

長く台湾統治をした日本サイドの視点で描かれていることは、
否定できませんが、
民間レベルでは、
このような美しい交流もあったのだということを
この映画から伺い知ることができます。 

台湾では10月半ばから放映されていますが、
まだ見に行けていません。 

早くしないと終わっちゃう~!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加