南の島からニーハオ!

台湾宣教師ファミリーの日常生活です。2004年に来台、2012年から現地の牧師と協力して、教会開拓をしています!

五十音のクラス

2017-07-21 16:43:17 | 日文班

夏休みを利用しての日本語五十音のクラス。
蓋を開けてみると20人ほどの申し込み。

夏休みなので、
学生さんや学校の先生が多かったです。

週に一回二時間づつ、
6時間のクラスは、
今までになく短いのですが、
結局は本人が家で練習して覚えないと、
どうしようもないので、
すべて通して教えるだけなら、
6時間もあれば十分です。!(^^)!

五十音とは言っても、
ひらがな、カタカナを合わせると100字あるし、
「がぎぐげご」みたいな濁音や
小さい「っ」のような促音、
「きゃきゅきょ」のような拗音も入れると、
教えるのにも時間がかかるし、
覚える量は大量です。

それでも、
日本語の発音は、
台湾の人には簡単です。
母音はたったの五個しかないし、
巻き舌や下唇をかむような発音はないし、
北京語、台湾語を含めれば、
みんな普段使っている発音ですから。

日本語の難しさは、やっぱり文法ですね。
動詞や形容詞の変化、
助詞、助動詞の使い方。
覚えることがいっぱいです。

日本語を教えているとついつい
日本に来ている宣教師の先生のことを考えてしまします。
ホント、日本語こんなに難しくってすみません。(^_^;)

ということで、
今週のクラスはもう終わったので、
残るのは来週の木曜日の2時間のみです。
無事に全部教え終わりますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み

2017-07-16 21:37:58 | 日文班

台湾の子どもたちは、
7,8月は夏休みです。

課輔班は毎日午後2時から5時まで。
子どもたちは夏休みの宿題を持ってきて、
教会でします。

2時からと言っているのに、
12時にはたくさんの子どもたちがすでに来ていて、
買って来たお弁当を教会で食べます。
買って来てとは言っても、
子どもたちは「餐券」というものを持っていて、
それで50元分のお昼ご飯と引き換えるのです。
ファミリーマートとかセブンイレブンで。
この券は低所得者の家庭の子どもたちに支給されます。
ですから課輔班に来ている子どもたちのほとんどは、
この「餐券」を持っているわけです。
なにしろシングルペアレントの家庭が半数以上、
両親がいても共働きだし、
子どものお昼ご飯のことまでお世話できないのが現状。
決して栄養のバランスのとれた食事とは言えないけれど、
本当に助かってると思います。

そして子どもたちにとっては、
教会が居場所なんですね。
教会でご飯を食べて、
お昼寝して、
宿題をして、
友だちと遊んで。

家に一人でいるよりずっといいです。!(^^)!

そして私の夏休み。
こどもたちのお勉強をみるスタッフは足りているので、
私はこれを機に、
日本語クラスをします。
ひらがな、カタカナの五十音を教えてほしいという声は、
実はいつもあるのですが、
普段は中級ぐらいのクラスを持っているので、
なかなか開けません。
そんなわけで、普段のクラスがお休みの夏休みに
初級のクラスをやってしまおうということです。

でも、正直なところ…
こんなこと言ってはあれなんですが…
日本語クラスにはあんまりファイトがわかないのです。

日本にいるときは、
外国人の宣教師は語学クラスをするのが
当たり前だと思っていたけれど、
彼らだってそれが好きだったかどうか…
と今となっては思うわけです。
実はもっと直接福音宣教に関わる奉仕を
まかせてほしかったんじゃないのかなと。

そしてクラスの始まる2日前に、
やっと重い腰を上げて、
ネットを通して宣伝。

十分な宣伝はできなかったのに、
初回のクラスには、なんと16人も来てしまった
来てくれました。(^_^;)
あわよくば一人りも申し込みがなくて、
この夏はなしってことにならないかなと
思っていた自分を \(_ _ ;)ハンセイ…

五十音のクラス、
始まったからには、
一人でも多くの人が続けてクラスに集えるように、
教会につながるように、
クラスの中で福音に触れることができるように、
私も毎回一生懸命準備して備えます。

感謝主!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潤餅

2017-04-10 13:52:27 | 日文班

先週のことになりますが、
日本語クラスの終わりに、
「潤餅(ルンビン)」を作りました。
要するに春巻きですが、
揚げたものではなくいわゆる生春巻きで、
でもベトナム生春巻きのようなお米ではなく、
小麦粉を使った皮で巻きます。

材料は上のようなもの。
私の大好きな潤餅のお店は、
中に無添加のお野菜やらお豆腐屋らが、
なんと20種類も入っています。

これが以前撮ったもの。
台湾の潤餅の特徴は、
中にお砂糖を混ぜたピーナッツ粉を入れること。
これを入れるせいで甘くなるので、
個人的には「不要」なのですが、
台湾の人は人が巻いているそばで、
もっと入れろ、
もっと入れた方がおいしいと
うるさいのです。(笑)

台湾は、先週が「清明節」といって、
家族親族が集まってお墓参りをする日だったのですが、
「潤餅」は、この時期に欠かせない
食べ物だそうです。
(私は普段から買って食べるけど。45元(150円))
北部や南部、中部と、
それぞれ特色があるらしく、
それをしゃべりだすと止まりません。(^_^;)

日本語クラスが終わってから、
みんなで、わいわいがやがやと、
「潤餅」作りました~!
楽しかったです!

感謝主!!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どら焼き

2016-11-18 10:42:47 | 日文班

今週の水曜日の日本語クラスは、
今学期最後のクラス。

そこでみなさんでどら焼きを作りました。
どら焼きは中国語で「銅羅焼」です。
台湾でもスーパーなどで買えますが、
あんこがどうしても日本で買う月餅の味に近い…。
黒砂糖や油が入ってる?
それに、人気のどら焼き店のどら焼きも、
あんこと一緒に生クリームが入っていたりで、
わたしは好きじゃないのよね~。

あんこは事前に家で作っていきました。
日本人向きに作る場合は、
もっと甘くするのですが、
台湾の人向けに甘さをおさえたあんこにしました。
ん~、我ながらおいしく煮えましたよ♪ 

そして、みなさんとどら焼きづくり!

以前にホットケーキを作ったことのある人が、
バターは使わないのか?
えっ?蜂蜜は生地に入れるの?
外側にぬるんじゃないの?
もっとベーキングパウダー入れないとふくらまないよ!
など、ごちゃごちゃ言ってました。

これは和菓子だからね。
と何度も説明して理解できない様子なので無視(笑)

そしておいしいどら焼きができました~!!

見てくれはともかく、
みなさん大満足!!
みなさんおいしいおいしいと大絶賛!

ホント、あんこを使った和菓子をおいしいと感じる文化!
あ~、台湾に来てよかったと思える瞬間です。(笑)

感謝主!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレゼント

2016-06-20 11:13:40 | 日文班

立新教会の日本語クラスです。
最近は、日本から来られた〇木〇子さんも
一緒に参加してくださるので、
みなさんとても喜んでいます。 

そしてこの日は、
生徒さんの一人のお誕生日。
ご自分でケーキを用意して来られ、
みなさんにシェアしてくださいました!

立新の日本語クラス、
食べてばっかりです。(笑)
でも、やるときはみなさん熱心に集中して
勉強されているので、大丈夫!

そして、わたしもみなさんにプレゼント!

手作りのコサージュです。

私が作ったのではありません。
確か…松戸福音教会の方が、
クリスマスやイースターに送ってくださる
プレゼントの中に入っていた物です。 

よく見ると広告などを使って、
作られているようで、
みなさん驚いておられました。 

いつ送られて来たのか、
ほとんど覚えていませんが、
先日家の中の整理をしているときに、
見つけました!

ありがとうございました~!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本語クラス

2016-04-21 10:58:05 | 日文班

立新の日本語クラスは、
昨日が今学期最後でした。

そして最後のひとコマは恒例のお料理教室です。
今回は初心に戻って?「たこやき(章魚焼)」をしました。
前に日本語クラスでやったのは、3年ぐらい前かも。
初めて体験する人も何人かいます。

このたこやき器を買ったのは、
8年ぐらい前かな?
最近はうちで使うより、
貸し出すことの方が多く、
知らない間に傷んで来ていました。

この5ヶ月ぐらいの間に二回貸し出したら、
いつ壊れたのか、
足が一本折れてるし、
コーティングもはがれてきたのか、
すごくくっつきやすくなっていました。 
そろそろ買い替え時かな?
この夏日本に帰ったら新しいの買おう。

というわけで、
たこやき、何だか作りにくかったけど、
みなさんと楽しく作れて感謝でした~!

感謝主!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捲寿司

2016-03-15 11:47:17 | 日文班

愛家教会の日本語クラス、
相変わらず盛況です。

でも、このクラスもこの日で一区切り。
というのも、
来学期から主人と交代するからです。

みなさん熱心に学ばれているし、
生徒さんとの関係も良好だし、
授業が始まってしまえば楽しいのですが、
今のままでは忙しすぎるし、
やるべきことも山積みだし、
残念ですが、手放します…。

なんて、^m^
でも内心ホッとしている私。

人数が多いせいか、
あるいは教会からのプレッシャーがあるせいか、
(人数多いわりに全然教会につながらないじゃないかみたいな…)
私には、ちょっと重かったので、
荷を降ろせてホッと一安心です。

主人なら、
毎回、日本語の聖書のことばを引用して、
ちょこっとお話もできるし、
中国語も上手だし、
その辺のポイント外さないので、
きっといい感じで導くでしょう。

わたしは、みんな日本語習いたくて
来てるんだろうなと思うと、
そっちの方に力が入ってしまって、
本来の目的、
信仰に導くきっかけ作りみたいなのが、
うまくできないのです。
宣教師としてはお恥ずかしい限り…。

でも、立新教会でのご奉仕に集中できるので、
そっちの方で続けてがんばります♪

というわけで、最後の授業。
前半は真面目にお勉強をして、
後半は巻き寿司を作りました!

こっちもてんやわんやで大変!
食べ物を作るときは、
いつも来ない人まで来るし、
みんな子どもまで連れてくるので、
軽く30人越えでした。(^_^;)

家で25合分の酢めしを準備し、
卵焼きやらきゅうりやらも下ごしらえしておいて、
巻くばかりにして行きました。

あちこちで何度かお寿司作りはしているので、
なんと家には8枚の巻きすがあり、
それで、一気にみなさん作っていただきました~!

出来上がった一本を半分にして、
その半分だけもって帰ってくださいねと言ったのに。
全部なくなってしまったのはなぜ?
おそらく、半分は持って帰って、
半分はその場で食べてしまったのね…(笑)

というわけで、
最後の授業終わりました~。

感謝主!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お雑煮

2016-02-18 11:07:11 | 日文班

日本語クラスでは、
お雑煮を振舞いました。

月曜日の夜は愛家教会で。

40人分の準備は大変だった~!
愛家教会には、素食(ベジタリアン)の方が何人かいるので、 
お出汁なども動物性のものは使えません。
昆布と椎茸のお出汁です。
あっさりしていて、なかなかおいしいですよ。 

そして、火曜日の夜、
主人のクラスのためにも準備しました。
みなさん、とても喜んでくださったとのこと。

最後に水曜日の午前中、
立新教会の日本語クラスです。

おもちは、家で作っておいて、
オーブントースターでお餅を焼いていただきました。

一応新潟のお雑煮です。
新潟にいた頃は、
これに鮭とかいくらとかのせてたけど、
それはなし~(笑)
里芋もないので、芋頭(タロイモ)で代用。

油がまったく浮いてない
お出汁のきいたスープは、
台湾では珍しい。

みなさん、
「これが日本の味か~!!」
と感動して食べてましたが、
日本を代表してしまっていいのだろうか…と、
ふと不安になる私でした(笑)

日本語クラス、
気持ちをあたらにまたがんばろう。
このクラスから、
イエスさまに出会う人が与えられますように。

祈りつつ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本語クラス

2016-01-28 11:48:36 | 日文班

立新教会の日本語クラス、
旧正月前に今学期が終わりました。
最後の一時間はいつもお料理教室をしているのですが、
今回は生徒さんが、
みんなでご飯を食べに行きたいというので、
みなさんで教会の近所の日本料理レストランへ行きました。

日本料理レストランというと、
すごく高いイメージなのですが、
ここは安くておいしいということで、
お客さんも連日いっぱいだそうです。

さしみやお寿司、丼物や麺類など、
たっくさん注文して、
おなかいっぱいいただきました!
おしゃべりもいっぱいできたし、
楽しいひとときでした~!!

そして、すごいニュースを聞きました。

日本語クラスの一人の生徒さん。
クラスをはじめた当初からのメンバーなのですが、
熱心な仏教徒で、
教会の行事などを案内しても、
なかなか来ていただけない方でした。

それでも毎回クラスの終わりのお祈りの時間には、
はじめの頃こそ、
心を閉ざしている感じだったのが、
だんだん心を合わせてお祈りしてくださるようになり、
最近では自分からお祈りの課題なんかも
出されるようになりました。

そして、きのう!
その人と仲のいい方に聞いたら、
何とその人、
すでにイエス様のこと信じているんだとか。
しかもご主人も!!
今は教会には行けないけど、
でも、心ではもう信じているのだというのです!

おっどろいた!!

なかなか実がみられないと言われる語学クラス。
続けていれば、
こんなこともあるのだと、
聖霊様のお働きに心から感謝したことでした。

ハレルヤ~!
感謝主!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肉圓

2015-12-08 10:21:35 | 日文班

昨日は愛家教会日本語クラスの
今学期最後のクラスでした。
恒例の持ち寄りお食事会をしたのですが、
その前に、
日本語クラスの生徒さん対象に、
教会の姉妹が肉圓(バーワン)の作り方を
教えてくれました。

バーワンは、台湾の代表的な「小吃」。
あちこちの屋台で見かけます。

でも、実は買って食べたことはあまりありません。
屋台では、バーワンを蒸してから
揚げるものが多いのです。
あの油を見るとゲンナリ…。
食べる気失くすのです。

でも、今回は手作りですからね。
中の餡の中にも竹の子や椎茸がたっぷり入って、
皮(サツマイモのでんぷん)も薄め。
蒸してすぐにタレをかけて
薬味の香菜をたっぷりのせて食べたら、
もう、おいしいのなんのって!!



難しくはないけど、
作る行程が結構めんどくさいので、
作るときは一気にたくさんですね。

なんか役目柄、
お料理を教えることの方が多いのだけれど、
台湾のお料理、もっと習いたいな~。
と改めて思ったことでした!

そして夜は日本語クラスのお食事会。
今回はすごかった!!
たぶん50人越え?
日本語クラスの生徒さんとその家族、
愛家教会の兄弟姉妹も何人か。
大盛況でした。
並べられたお料理もたくさん! 
おいし楽しい時間でした!

そして食事の後にゲーム。
その後にフォン牧師の短いおはなし。
本当に良かった~。

そして、嬉しいこと!
愛家教会でこの間の日曜日、
なんと6人の受洗者が与えられたのです!
4人は課輔班の子だそうです。
そしてその中の一人に、
はじめに日本語クラスに来て、
その後に教会につながって信仰を持ち、
今回洗礼を受けた子がいたのです! 

 たぶん日本語クラスがきっかけになったこと、
みんな忘れてるけどね。(^_^;)

でも、こうやって日本語クラスが、
大きな教会への入り口になったらいいな。

ホントに。(祈) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加