【渡邊修也の競馬ブログ②】GPIの渡邊修也が応援する最近の競馬

GPIの渡邊修也が応援する騎手の情報や競馬ニュースなどを掲載していきます。

松山 弘平騎手

2017-03-08 10:58:17 | 日記
こんにちは。
今日はイケメンでも知られている松山弘平騎手を紹介していきたいと思います。
松山 弘平(まつやま こうへい、1990年3月1日)は、中央競馬・栗東トレーニングセンターに所属する騎手。

身長 166.4㎝
体重 47kg

阪神競馬場内にある乗馬センターで乗馬を学び、2006年4月にJRA競馬学校騎手課程第25期生として入学。
2009年2月に競馬学校を卒業し騎手免許を取得する。目標とする騎手は福永祐一と池添謙一。同期には小野寺祐太、国分恭介、国分優作、丸山元気がいる。
2009年3月1日、小倉競馬場第1レースでトミケンプライマリに騎乗し、19歳の誕生日に初勝利。初騎乗・初勝利は内田博幸以来44人目で、競馬学校卒業生では藤岡康太以来8人目。また第9レースではニューロザリオで勝利、デビュー日の2勝は福永祐一以来13年ぶりの記録、競馬学校卒業生では2人目。
2010年7月18日にシンガポール、クランジ競馬場で実施された国際見習騎手招待シリーズ・アジアヤングガンズチャレンジ2010に中央競馬代表として出場のため遠征。7月16日第8競走Claas4一般戦で高岡秀行厩舎所属のMake A Returnに騎乗(12頭立て7着)し、日本国外の競馬で初騎乗。アジアヤングガンズチャレンジでは結果9位だった(10人中)。
2015年、JBCスプリントをコーリンベリーで制し、GI(JpnI)初勝利。
(Wikipediaより引用)

主な成績

・スマートギア(2012年中日新聞杯)
・ドリームバレンチノ(2012年函館スプリントステークス、2013年シルクロードステークス)
・コーリンベリー(2015年JBCスプリント、かきつばた記念)

まだこれといった代表馬はいないが、2015年にGI(JpnI)に勝利しており、着実と騎手としてレベルが上ってきている騎手の一人である。

逃げ先行と引っ張る展開のレースを得意とし、技術も申し分ない。
2016年12月には通算勝利数を400 勝とし、これからも騎乗回数が増えていくだろう。
JRAのGIで松山弘平騎手が勝つ日は遠くないはず。

その日が待ち遠しいですが、競馬ファンとして長い目で見守っていこう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四位洋文騎手 | トップ | 松岡 正海騎手 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。