慶介の黄昏れた夜には

夢を忘れないで

質屋では以前は和服の取扱いが一般的で

2017-05-20 20:47:12 | 日記
質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは行わないところも少なくないですから、あらかじめ持ち込む前に聞いてみたほうが無駄足にならずに済むでしょう。どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。わざわざ遠くの専門店に行かなくてもネットで検索すれば簡単に見つかります。どうにも着る機会がない着物は多くのご家庭にあるでしょう。着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので他の着物より格段に手がかかります。振袖など、着る機会が限定される着物は特に、業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。仕立てなどがいいものであれば新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。本格的な振袖を着るのは成人式が初めてだと思いますが、それにまつわる思い出や、思い入れも当然あって、絶対手元に置いておくという人も多数派なのでしょうが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら専門の業者に買い取ってもらえばすっきりするのではないでしょうか。保管状態によりますが、生地や色柄が良ければそれなりの評価が期待できます。今の自分に、役立つものを買えるはずです。箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、どこに持ち込んだらいいのかお困りの方も少なからずいらっしゃるでしょう。それならネットの和服買取業者を利用すると悩みも解決すると思います。ネットで査定・買取依頼をすると、宅配便の送料が無料になったりするのでお得ですね。また、元が高額な着物の場合は、まともな見立てのできる業者さんを選ぶことが大事なポイントです。いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。いくら着物として上等であっても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと絶対高値はつかないのが当然といえば当然です。手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買取できるかもしれません。いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにまず無料査定にかけてみるのが一番です。子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。保管も手がかかるのはよくわかっています。とはいえ、桐だんすを購入するにも着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。七五三で着た後はごめんなさいをして、その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。ということは、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。保管も手間がかかることが多いので、着物買取業者に引き取ってもらうのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。参考までに、価格は品質と現状をみられて数千円になる場合もあり、保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いので複数の業者にあたって、自分が納得できたら手放すといいでしょう。買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に提出することをすすめます。証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地の基準に適合していることを公に証明している登録商標だと考えてください。もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですがあれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、査定のときには揃えておいてください。日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。買い取るとき、高値をつけられるものといえば有名な産地で生産された品です。大島紬の他、本場黄八丈など着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名な産地の着物は古くても価値があるので高額買い取りもよく耳にします。保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどこの業者の買い取りでも求められます。もう着ない着物も、買取で高値がつけば着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。状態が良く新品に近いものは、高値がつくケースも珍しくありません。加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると予想以上のお金が手に入るかもしれません。さらに、仕立てる前の反物だけでも着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。反物のままでも遠慮なく査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 質屋では以前は和服の取扱い... | トップ | 質屋では以前は和服の取扱い... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。