慶介の黄昏れた夜には

夢を忘れないで

いい着物であるほど自宅で手入れするのは大変で

2017-05-16 01:36:29 | 日記
いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です。着る機会がなくなってしまったら一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方が賢明だと思いますよ。買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので判断が難しいときはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、着物買取業者の評価も調べられます。着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、高価買い取りのためには、まず状態が良くないといけません。タンスの奥で長いこと眠っている着物がある方、多いと思います。着物を着る機会があれば持っている必要もありますが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。しかも小袖類に比べて、振袖は虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。いろいろな理由で、着ることがない着物があれば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。生地が上質で、仕立ても良いものであれば、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を処分できやしないかと考えるのですが、懐かしい品や形見の着物もあって、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。内心おどろきました。今はブームなんでしょうか。以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、和服専業の買取業者さんだと丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、色あせや虫食いなどがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買取を拒否される場合もあるとのこと。まあ、仕方ないですね。さすがにそこまで悪いのは手元にないので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。これから、着物の買取をお願いしようというとき着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのか何とか高く売りたいと思う方は、できればお店へ持って行きましょう。査定の結果に満足できなかったときに他のお店の査定に持って行きやすいからです。お店が遠いなど、持ち込みができない場合、査定料、出張料どちらも無料で査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり書いている業者を選びましょう。これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、喪服の流通はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、ごく一部ですが、買取対象に喪服を含むところもあるので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。着物買取業者というのをご存知でしょうか。最近、苦情も多くなっているので、査定依頼するときは注意しましょう。トラブル例を挙げると、出張査定(買取)を頼んだら、アポ無しで来て、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあるようです。チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。警察に古物商の届出を出しているような業者なら、このような行為は無縁でしょう。初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしてもどこに置くのかという問題があります。もうすぐ七五三で着ますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので着物買取専門のお店に持って行きました。祖母の形見ですが、着る人もなく着ないまま持っているのも着物が生かされないと思うし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこか自分で調べる余裕もなく全く動けないままでした。この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も全国に増えているようで、いいお店をランキングサイトで調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところをがんばって見つけたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | かさばる着物を買い取りに出... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。