しなやかな技術研究会β

 自然エネルギー、気候変動問題に関する情報収集 - 多様化するさまざまなサービスを利用してみるトライアルの場でもあります

現代のT型フォードは?

2008-08-28 11:10:36 | 気になる技術
ビッグスリー崖っ縁 T型フォード発売から100年(産経新聞) - goo ニュース

 子供のころにT型フォードのミニカーをもっていた。そろえたミニカーの中で、たぶんもっとも高価で上質のモデルだった。プラスチックの幌をはずすと、シートから運転席まで細かく再現され、そしてなによりもよく走り、丈夫で長持ちした。

 現実のT型フォードの伝説を知ったのは、かなり成長してからだが、初めての大衆車であり、本格的な量産化モデルとして、その後のモータリゼーションの歴史的なハシリであった車だとしって、改めてそのデザインの良さにも感心した。

T型フォードは、たぶん初の本格的なマーケッティング戦略をもった車としてもその名を輝かしいものにしている。


Wikipedia : フォード・モデルT

1926 Model T

(TheOriginalWheelsTV,2007年03月25日)

 ところで、大衆車、万人がもてる性能もデザインもそして経済性、環境対応の高い時代に適合した車としての、現代のT型フォードってどんな車だろうか?

 Wiikipediaの大衆車の項目には、各国の大衆車が並んでいるが、T型フォードのインパクトにはかなわない。

 国内では、ホンダのフィットが人気があるようですが、好みじゃない。

日本自動車販売協会連合会 : 新車乗用車販売台数ランキング

 上からランキングをざっと見ると、カローラかなという気もしてくるが、、、なぁ?


 イメージとしては、歴代のゴルフの中でも初期の走る物置と言われた時代のモデルがあるのだが、、、値段は当時から安くないのでボツ。


 プリウス? 

 まあ、気候変動、エネルギー問題にも対応した国民車的な存在は登場していないということで、、、、



--- しなやかな技術研究会TimeLine 3 ---

--- しなやかな技術研究会TimeLine 2 ---

--- しなやかな技術研究会TimeLine 1 ---

---はてな green_tomatoのブックマーク---
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マケイン大統領候補、オバマ... | トップ | 30年以内の発生確率が70... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

気になる技術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事