きららのきらきら生活

ただ今のんびりソウル旅行記アップ中です~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画~クラッシュ

2006-03-02 | ☆2006年*鑑賞映画☆

 「クラッシュ」公式HP

ロスのハイウェイで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が連鎖反応を起こす群像劇ヒューマンドラマ。


「すごい。。。」

ただこの一言に尽きると思います。
ひとつひとつ、ひとりひとりの複雑なつながり。そのつながりの演出方法も、映画には素人のわたしでさえ「ほぉ~」って思えるほど自然で巧妙。
そして、役者さんたちの演技。
どの役者もはっきりと個性を保ちつつもひとりだけ飛びぬけたりしていなくバランスがとっても良かった。

この映画に関しては感想とか、一切いえない感じです。ただ「絶対に見て損はしないから見なさい」というだけです。

最初、人種差別についてちょっと激しすぎないかい?とかも思ったけど
きっとこれがいろんな人種が交差している街、LA、の現実なのだろうなぁ。
そして、人種差別反対ー!とか思ってたって、きっと私たちだってどこかで少なからず差別的なことはしていると思います。そういう人間の根底にあるものをぐいって引き出された感じ。

群像劇、なのでいろいろなエピソードが出てきますが、一番良かったエピソードはやはり「透明のマント」でしょう。
透明のマントのお話が出てきたとき、これがあとでどうやって生かされるのかな?って思ったら、なんとまぁ、感動のエピソードでした。

「クラッシュ」、、、人と人とのつながりだって、ある意味事故的なものですものね。


 >一応一番最初に名前が出ていたサンドラ・ブロック

>その旦那のブレンダン・フレイザー「ハムナプトラ」エリートが似合わない・・・笑


 >「ホテルルワンダ」のドン・チードル

>ライアン・フィリップもいたー!正義感にあふれる警察官。しかし・・・! 

 >アカデミー候補にもなっています。マット・ディロン 老けましたー。


監督は「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本を担当したポール・ハギス。
ミリオンダラー・ベイビーは個人的にはあんまり好きじゃないんだけど、こちらはとっても好きかも。
頑張って、アカデミー脚本賞は取ってもらいたいです


★★★★★  この映画がアカデミー作品賞とれたらそれまた素晴らしいことだなぁ。。。



ちなみに、、、私はこの手の群像劇が好きです
一見ばらばらに見えた登場人物が、うまーく絡まってく様子をみているのがなんともいえない!
そして、見終わった後も余韻が残り、また見たくなる。
2回目3回目と見るたびに新しい発見が見えて、どんどん面白くなっていく。そんな感じです。

できればこの映画ももう一度映画館で見たいなぁ~

群像劇おススメ作品 ベタですが「パルプ・フィクション」「ラブ・アクチュアリー」
どちらも大好きです。



ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいしいものいっぱい♪ | TOP | お惣菜バイキング »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感して、、、つい、、、 (mari)
2008-03-02 13:02:09
昨日、やっと観ることが出来ました!
仕事関連で、この映画のポスターに関わることになって以来、
「ジャケ買い」的な興味心で気になっていて、昨日レンタルショップで発見。裏の作品紹介を読み、更に興味が増し、鑑賞しました。

人種差別、社会の闇、、、重いテーマをズドンと刺し、
でも、そこに「人」と「人」のふれ合いを求め続ける「人間」の
心の寂しさ、ホントにいい映画でした。
mariさん☆ (きらら)
2008-03-04 18:20:16
コメントありがとうございます。
こちらの作品、、、本当にいろいろなテーマが隠れていて見ごたえある作品でしたね。
何度観ても感動しちゃいます。

あ、リンク先が私のここの記事になっていたので、
もし良ければmariさんのとこのurl教えてくださいね

Related Topics