gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

公務員法、閣議決定見送り=降格規定に総務相が異論(時事通信)

2010-02-19 11:30:37 | 日記
 政府は12日午前の閣議で、当初予定していた国家公務員法改正案の決定を先送りした。原口一博総務相が事前に、事務次官・局長級から部長級への降格を可能にする規定が不明確と注文を付けたため。鳩山由紀夫首相は閣議後の閣僚懇談会で「非常に重要な案件なので、きちっと明確になるようにしてもらいたい」と、公務員制度改革を所管する仙谷由人国家戦略担当相ら関係閣僚に再調整を指示した。
 同法案は、事務次官について「(局長級と)同一の職制上の段階に属するとみなす」とし、局長級への異動を柔軟に行えるよう規定。さらに、次官・局長級で勤務実績が劣るなどの要件に該当する場合は「その意に反して降任を行うことができる」との表現で、部長級への降格を可能にしている。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
枝野氏は仙谷氏の隣=閣僚席次
記者会見の開放状況を調査へ=原口総務相
「事務次官」存続に総務相が異論=公務員改革法案
「市町村負担金」廃止を=原口総務相

首相「子分に金配っていない」 与謝野氏の話を否定(産経新聞)
節足動物の進化系統を解明=クモ類が最初に分岐-過去最大の遺伝子解析・米チーム(時事通信)
開封後1週間のワクチン接種=新型インフル、子供8人に-茨城(時事通信)
「日本の医師にハイチの被災地医療の追体験を」―国際援助隊医療チームの畑医師ら(医療介護CBニュース)
トヨタ プリウス改修 名古屋の販売店でも開始(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住宅火事、2人死傷(産経新聞) | トップ | 大阪府医師会長に“民主寄り”... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。