『植物 オヤジ』

日々出会う、植物たちの「たくましさ」と「美しさ」を再発見する。

ガウディ

2017年06月17日 | 日記

サボテンはおもしろい。
丸いのや細長いのから団扇みたいのまで形のバリエーションが豊富だ。
細長いやつの先っぽが膨らんできた。
このデザイン、見たことある気がする。


これだ。
サグラダ・ファミリア、聖家族教会に似ている。




先端の状態。




これはカサ・ミラの通気塔みたいだ。


一つ一つ微妙に形状が違うところも似ている。

植物のデザインがガウディを思わせるのは実は反対で
ガウディの建築物が植物や動物たちの姿形からイメージしたのだろうと思う。
生き物みたいにしなやかな曲線ででわずかに左右対称でない建物たち。
まるで生きてるみたいだ。
人が生活するためのデザインだったろう。
アントニオ・ガウディは植物好きだったに違いない。
おんなじ植物オヤジだ。

嗚呼、ボタニカル。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チランジアの花 | トップ | エケベリア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。