『植物 オヤジ』

日々出会う、植物たちの「たくましさ」と「美しさ」を再発見する。

320歳のディコトマ

2017年07月23日 | 日記


大木となったディコトマ。
これがアロエだろうか。



幹周りは軽く3メートルくらいありそうだ。



樹齢なんと320年。
誰が数えたんだろう。



淡路島の「星の植物園」。
もちろん淡路産ではなく、遠い国からプラントハンターによって運び込まれたんだろう。
立派すぎて見るというより拝むという気分になる。
彼にとって幸か不幸かはわからない。
けど、こんな立派なディコトマを拝めるのは幸せである。
植物の多様性、生命性は凄みがある。

嗚呼、ボタニカル。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マツリカ | トップ | 水草の祝福 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。