アメリカ永住権活用中!その後・・・

約8年のアメリカ暮らしの後2012年に帰国、2014年に永住権返上。パパはLA,ボウズは高校生。その後の生活や成長振り。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラス変更

2011-09-23 22:26:16 | Weblog

学校の予算削減、もう何年も続いているのに
まだ削減するっつーのがすごいね。

最初の数年は予算カットを免れたらしいマグネット校も
とうとう本格的予算カットの対象になったのか
音楽の学校に音楽の先生がいない(不足)状態で
ボウズもクラリネットのアドバンスクラスには入れたものの
トランペットのビギナークラスには入れなくて
ビデオクラスになった☆

ところがこのビデオクラスというのが
ボウズ曰く、全然面白くないらしい。
まぁもともとビデオに興味なんかないのに
なんでこのクラスを選択したのか不思議だったんだけど
第4希望なんて他に書くものがないから
ダンス、コーラス、舞台・・・とかから選ぶとなったら
そりゃビデオ選ぶのが普通でしょうね。
でもって第4希望なんかに入るはずがないと思うのも普通だわ。

このビデオクラスがどーにも性に合わないらしく、
学校が始まって2週目に入った頃、
ボウズがオフィスに行ってクラス変更の申し出をすると言いだしました。

え?だって一度決まった授業は変えられませんて書いてあるし
去年の算数クラスも変えられなかったじゃない!


それでも絶対オフィスに行くと言い張るもんだから
ボウズが受ける授業なんだし、
アメリカは言った者勝ち、みたいなところがあるから行ってみれば?
と送り出したところ、
意外にもトランペットの中クラスに許可されたとか。

喜んでいたら後日カウンセラーから連絡があり、
トランペットでプライベートレッスンやってたんなら
いっそJAZZ BANDに入ったら?と提案された。

クラリネットでアドバンスクラスに入ってるから
わざわざ同じような曲やるよりもいいんじゃないか、
ってこともあるらしい。

もとより今年トランペットクラスに入ったら
来年はJAZZ BAND選択しようと思ってたから
なんとラッキーな!!

ってことで今日チョイチョイっと吹いてみせ、
めでたくJAZZ BANDクラスに変更許可されたんだって。

っつーか、トランペットのプライベートレッスンったって
月に2回、半年行ったっきりで
楽譜ももらわず、プープー音出してただけでしょ!?

たまにウチで吹いてたトップガンとか
黙ってたけどストレス貯まってたんですけど
大丈夫なの!?

"大丈夫だよ~。ドレミファソラシドと
あれとこれと、渡された楽譜吹いてみたら
ちょっと間違えたけど先生の期待以上だったみたいで
WELCOMEって大喜びしてたよ~。
ボクも気持ちよかった♪”

・・・・本当なのか?

アタシもウチで飲みながら生ジャズが聴けるご身分になれるのか!?

一時は一年分のレンタル代とレッスン代が無駄になったと
絶望したもんだが
ボウズの思わぬ行動力により全て丸く収まったのは何よりである。

そして変更手続きのための書類にサインをするとき
ふと目に止ったのだが、
ビデオクラスの概要の所に”ビデオ作成のためのストーリー作成”
と書いてあるのをみてわらっちゃいました。

"アッハッハ、ストーリー作成!こりゃアンタが面白くないって
言うわけだわ!!”

そう、ビデオスキル以前の問題で、作文も満足に書けない子が
ストーリー作成なんてつらいでしょー!苦行だわ!
そりゃーオフィスに押しかけたくなるよね~。納得。
サインもサラサラしてやった。

でもな、これからの人生でまたビデオに触れる機会があった時は
今回のビデオクラスが全てと思わず、別のものとして新しい気持ちで
やってみなさい。
このサインはトランペットのためのサインで、
ビデオに決別するためのサインではありませんよ。

とにかく予算カットでつらい一年になるところが
ボウズの行動力によって思わず転がり込んできたチャンス。

これからは自分で人生を切り開いて行きたまえ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LET'S 工作♪ | トップ | 15Minutes KOTEN »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む