ちいチャン物語

きまぐれブログ。
絵のない絵本のような、小さい物語です。


Play back ちいチャン物語(107)敷居にろうそく

2017年03月21日 20時11分38秒 | 日記

ちいチャンの家の各部屋は、障子(しょうじ)、襖(ふすま)、引き戸で仕切ら

れています。

障子をスーッと開けて、パタンと閉めます。

襖をスーッと開けて、パタンと閉めます。

引き戸をスーッと開けて、パタンと閉めます。

時々、障子や襖や引き戸が、スーッと開かなくなる時があります。

ガタッと引っかかったり、手前と後の障子がぶつかったり。

おばあちゃんは、障子にハタキをかける時、障子を開けたり閉めたりするの

で、開けにくい障子には手間取ります。

そんな時、おばあちゃんは、敷居にロウを塗ります。

ローソクの芯の付いていない方で、すりすりすりすりと敷居にロウを塗ります。

そうすると、とてもすべりが良くなって、障子が列車のように走ります。

おばあちゃんは、ついでにと、家中の開きの悪い敷居にロウを塗ってまわります。

ロウは、縁側のガラス戸の敷居にも、塗る時があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Play back ちいチャン物語(... | トップ | Play back ちいチャン物語(... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL