ちいチャン物語

きまぐれブログ。
絵のない絵本のような、小さい物語です。


Play back ちいチャン物語(32)蜘蛛の巣の虫取り網

2016年12月13日 18時31分35秒 | 日記

ちいチャンの町の雑貨屋さんには、夏になると虫かごや虫取り網が店頭に並び

ます。

でも、男の子たちが虫取りに使う網は、手作りだったりします。

針金で、丸い輪っかを作り、竹の棒の先に差し込みます。

そうしたら、軒下や縁の下に、蜘蛛の巣がないか探します。

時には、電信柱と屋根の間などに、大きい蜘蛛の巣があったりします。

その蜘蛛の巣を、丸い輪っかに引っかけて取ります。

上手く行くと丸い輪っかに、蜘蛛の巣がキレイに貼り付きます。

失敗したら、次の蜘蛛の巣を探し、貼り付けます。

そうして出来た虫取り網で、男の子たちは、トンボやセミを取りに行きます。

蜘蛛の巣が昆虫の羽に付くと、昆虫は飛べなくなるようで、そのまま落下しま

す。

ちいチャンは、男の子たちの虫取りを見ていて、落ちたトンボにさわってみま

したが、羽が蜘蛛の巣でベタベタしていました。

きれいな羽は蜘蛛の巣で汚れ、

(かわいそうだなぁ....。)

と、思いました。

男の子たちは、羽に付いた蜘蛛の巣を手で軽く拭いて、虫取りかごにトンボを

入れました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Play back ちいチャン物語(... | トップ | Play back ちいチャン物語(... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしいお話、ありがとうございます。 (izukun)
2016-12-16 15:12:11
こんにちは

懐かしいお話が、461もおありのことのようですので、
過去記事を読ませていただくのが楽しみです。

このくもの巣の虫取り網は見たことも聞いたこともありませんでした。
少し、前の時代の様子なのかもしれませんね。
また参ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL