ちいチャン物語

きまぐれブログ。
絵のない絵本のような、小さい物語です。


Play back ちいチャン物語(149)疑惑の切手

2017年05月17日 19時21分13秒 | 日記

ちいチャンは、いつものように、

おじいちゃんに頼まれて、手紙を出しに行きます。

切手はタバコやさんに売っていて、店の前にポストがあります。

その日も、ちいチャンは、

タバコやさんで切手を買って、

切手のノリの部分をペロリと舐めて、封筒に貼りました。

でも、その日は、切手が封筒にくっついてくれません。

どうも、ペロリペロリと舐めすぎて、

切手のノリが取れてしまったようです。

それでも、しかたがないので、ちいチャンは、

ツバで濡らした切手を封筒に付けて、ポストに入れました。

何日かたったある日、

ちいチャンは、おじいちゃんとおばあちゃんに呼ばれました。

大事な手紙が、戻ってきてしまった、

と、おじいちゃんが言います。

おばあちゃんは、

「切手は貼ったのかい?」

と、言います。

「うん、貼った。」

と、ちいチャンは言いました。

おじいちゃんとおばあちゃんは、

それ以上何も聞きません。

でも、ちいチャンは、なんだかとてもイヤな気持ちです。

(切手を貼らずに出したと思ったのかなあ。)

(切手のお金を自分のものにしたと思ったのかなぁ。)

ちいチャンは、何かを疑われているようで、

少し、悲しくなりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Play back ちいチャン物語(... | トップ | Play back ちいチャン物語(... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL