ちいチャン物語

きまぐれブログ。
絵のない絵本のような、小さい物語です。


Play back ちいチャン物語(160)ナマコ

2017年06月09日 18時50分11秒 | 日記

ちいチャンが、桟橋から海を覗きこんでいます。

桟橋の壁には、ウニがくっつています。

桟橋の壁には、つぶ貝がくっついています。

ウニは、針のような身体を、むにむにと動かしています。

つぶ貝は、ときどきチョット、すべるように歩きます。

海底の大きな岩には、アワビがくっついています。

そして、海底には、ナマコがふらふらゆらゆらしています。

おばあちゃんはナマコが好きです。

ちいチャンは、おばあちゃんに持って行ってあげようと、

桟橋に腹ばいになり、ナマコを採り始めました。

ナマコは、思ったよりも簡単に採れてしまいました。

ナマコは、海の中でふらふらしているので、

ふらふらと網に入ります。

採ったナマコは大きくて、

(おばあちゃん、喜ぶだろうなぁ。)

と、ちいチャンは嬉しくなり、

バケツにナマコを入れ家へ帰ります。

でも、ナマコは家に着く頃に、

半分の大きさになってしまいました。

なんだか固そうです。

でも、おばあちゃんは、それが本当の大きさなのだと言います。

おばあちゃんは、ナマコを調理して、

ご飯の時に、酢としょうゆをかけて食べていました。

「ちいチャンも食べてごらん。」

と、おばあちゃんが言います。

でも、ちいチャンは、形の変わったナマコが気持ち悪くて、

食べることができませんでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Play back ちいチャン物語(... | トップ | Play back ちいチャン物語(... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL