ちいチャン物語

きまぐれブログ。
絵のない絵本のような、小さい物語です。


Play back ちいチャン物語(210)町の病院

2017年08月19日 19時41分09秒 | 日記

ちいチャンの町には、町立の病院が1件あります。

お医者さんや、看護婦さんは、そう何人もいません。

看護婦さんは、

ケガ人の手当をします。

注射をします。

注射器を、四角い蒸し器のような物に入れて、消毒をします。

包帯は、洗って診察室の隣の部屋に干してあります。

お医者さんの横には、

消毒液の入った洗面器が置いてあり、その下にタオルがかけてあります。

そして、診察室は、白い布で覆われたつい立てがあります。

つい立ての奥にはベッドがあり、

そこで手当をしたり、注射をします。

注射の液は、ガラスのアンプルに入っていて、先が長いです。

看護婦さんは、ヤスリのようなもので、アンプルに傷を付け、

先端を、ポキッと折ります。

そして、

注射器で、中の液を吸い取り、それから針を付けました。

ちいチャンは、注射が嫌いなので、

看護婦さんの行動を、いつもじっと見ています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Play back ちいチャン物語(... | トップ | Play back ちいチャン物語(... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL