広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「永原真夏ツアー2016『わたしのバイオロジー』島根公演~大橋月桃ディスコ~」

2016年02月29日 | 大橋月桃ディスコ
NEW:永原真夏とジオラマ作家、池内啓人との対談が公開されました。是非、一読を!http://ototoy.jp/feature/20160316/
NEW:日本と台湾を行き来するカルチャーサイト「UROROS」に掲載されました。http://uroros.net/eventnews/12104/
NEW:永原真夏「バイオロジー」を山陰のタワーレコードことスタジオワンダーが大転回中!





この春、3月27日より松江大橋南詰“旧JAZZ BAR「ぽえむ」”の跡地に“「NU(ニュー)」”というお店を立ち上げます。
http://nurecords.jp/




※旧ぽえむ外観



松江大橋川を一望できる絶景のロケーションの下、音楽イベントをはじめ、様々な利用が出来る遊び場として運営していく所存ですので、気軽に遊びにきてください。
※「NU」の経緯などにつきましてはWEBを参照ください。



そしてこの場所での個人的なこけら落し企画として5月8日に「誉」の5周年も兼ねたイベントを企画します。

以下、当日の内容とご挨拶を書きましたので読んでいただければ幸いです。






~ごあいさつ~
山陰のローカルステーションを自 称するネオ公民館『誉』。その横に新たな遊び場“NU(ニュー)”がこの春よりオープンします。今回は、「誉」5周年と、 「NU」のこけら落しの思いも込めた“大橋月桃ディスコ”を開催します。

この度迎えるのは、「音沙汰」の2人。SEBASTIAN X時代も含めて、節目節目に必ず来てもらっているミュージシャンであり、Vo.永原真夏が“山陰の緑(みどり)”と歌に込めたこの土地でのライブは、何れ も特別な時間が刻まれてきました。誉5年目、NUのはじまりといった節目と門出の記念として“たぬき音楽祭”以来、半年振りの登 場となります。



-永原真夏の歌を通して-

永原真夏が放つ歌に触れると、命 を強く感じることがあります。決してポジティブなだけではない歌詞の世界では、生きて行くという覚悟と諦めが同居しているかのよ うでもあります。けれど、ならば、命がけで遊ぼう!!と、歌で証明していく他ない1人の人間の気概というか、諦めの悪さを通じ て、“たかが輝く世界”に眉を潜めていた人たちが少しだけ笑い、時に爆笑してしまう瞬間をライブを通して何度となく目にしてきま した。


残り2年で失われてしまうであろ うこの街の限りある時間の中で、「誉」や「NU」が爆笑しあえる場となれば幸いです。


さぁ、立ち上げよう
命がけで遊ぼう
爆心地は心臓
騒ぎ立つ風に乗れ!








〜大橋月桃ディスコとは?〜

街の決定により2年後には失われてしまうであろう景色・営みを前に、自分たちの住む街に対する気 持ちが、音楽や遊びを通して少しでも膨らんでいくきっかけとなればと思い、松江大橋の畔「誉」で2013年よりスタートしたイベント。







「永原真夏ツアー2016『わたしのバイオロジー』島根公演~大橋月桃ディスコ~」
日時:2016年5月8日(日)
会場:島根・松江NU
時間:17:00-21:00
料金:前売り2800円(別途1D)/ 当日3500円(別途1D)
※20歳未満入場無料(入場時要身分証)
ご予約・問い合わせ:

ご予約の方は、下記メールにて
■ 氏名(フルネーム)
■公演日5月8日(日)
■枚数
■返信用メールアドレス
■電話番号
をお送りください
mail : kentarhythm@gmail.com
(ネオ公民館「誉」/担当:後藤)


-LINE UP-

【LIVE】
音沙汰(永原真夏+工藤歩 里)

【Local ACT】
O.G.K
wonder wonder

【DJ】
エンペラー梅木
Hal
松浦発電所

【FOOD】
アジパイ



-プロフィール-

音沙汰


Vo.永原真夏とKey.工藤歩里によるアコースティック・デュオ。
不定期に、マイペースに活動中。
2014年にアルバム『SUPER GOOD』をリリース。
永原真夏はソロプロジェクト「永原真夏+SUPER GOOD BAND」としても活動中。
http://nagaharamanatsu.com/


OGK(オージーケー)



鳥取県出身

2003年、地元山陰鳥取でマイクを握る。
いくつかのグループワークを経て2007年ソロに転向。

【ジャンル】【理屈】という言葉を嫌い、グッとくるものを日々様々な現場で探している。
一度耳にすれば忘れられない声、どんな音にもノせてくる変幻自在のFlowが最大の武器。
【NO LIVE NO LIFE】と自身が掲げるようにステージングには高い定評がある。
ときに実の家族すら入り乱れるLIVEは予測不可能。
そしてLIVEだけではなくSIDE MCとしてDJからの信頼も厚い。
MICを握れば1度もステージから降りず映画2本分の時間フロアを煽り続けている。
老若男女問わず彼のステージを心待ちにしている人間が沢山いる。
生の現場にこだわり腕とMIC1本でPROPSを獲得してきたOGKが遂に待望の1st Alubum『THE BEGGINING』を発表。
彼の果て無き闘いが今幕を開けた。


WONDER WONDER(ワンダーワンダー)


草原の風を感じられる牧場系バンド。鳥取を中心に活動中。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「たぬき音楽祭」まで一か月... | トップ | 大橋月桃ディスコ2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む