楽観

2011年03月24日 | 震災

メディアは、中央制御室に照明がついた。燃料プールの温度が下がったと一喜一憂していますが、本質を見失っている気がして仕方がない。


福島県の最も高い水道水から検出された放射線量は約1000Bq/Kg 300キロ離れた東京ですら210Bq/Kgを検出。日本では乳幼児や子供の許容量は100Bqとされているため、既に子供にとっては健康に影響のある値であります。

事故発生当初の日記に、今のうちに水道水を溜めておいた方がいいと書いたのだけど、恐らく誰も溜めてないと思う。放射能や原発事故に至っては安全を基準に考えるのでなく、最悪の事態に備えるにこしたことがない。それは今までがそうだったから僕の主観として言えることなのです。




因みにWHOが定めた世界平均安全水準は10Bq/Kgであり、東京の値は既に21倍。福島にいたっては100倍の数値を記録しており、多くの都民が焦ってペットボトルを買い溜めるのは身の健康を考える上では妥当な行為であると思うし(勿論、子供や妊婦を優先しなければならない)、また、政府も最初から最悪の事態を想定して水道水を溜めておくように支持しなければならなかった。



その失敗、保身を都民に対して「大人は大丈夫です」とアナウンスするのです。



そして忘れてはならないのは、毎時毎分毎秒、放射能は出続けているということであり、水道水の放射線量が下がるという根拠は何処にもないのです。(原発は「止める、冷やす、閉じ込める」が前提にあり、現在、冷やす。ましてや閉じ込めるという作業は一切できてない)



また、一昨日は安全圏と言われているはずの福島原発から40キロの地点で通常の1600倍を越える放射性物質“セシウム(半減期30年)”が検出され、今日付けの新聞にいたっては、30キロ圏外においても100ミリシーベルトを観測する可能性があると発表。

一般に100ミリシーベルトとは、健康に影響が出始める目安であるにも関らず、政府は「直ちに避難や屋内退避はしなくていい」と言う始末。


加えて現在進行形で原子炉からは原因不明の煙が連日あがり、原子力安全委員ですら1号機の炉心融解の可能性が高いと言い出したのです。



混乱を招かないために、やむを得ず情報を統制する気持ちも分かりますが、それにしても全ての発表が、事体が悪化してから「○○が発生しましたが大丈夫です。直ちに影響はない」という、全局同じの台本を読み上げる状況にあり、まるで戦時中とさえ思えてきます。




隣県、日立市で働く友達の職場は平気で水道水を飲み、マスクもせず「放射能?騒ぎすぎ」だとか言っているそうだ。

過剰な風評も良くないかもしれないけども、わけのわからない過信は自分や仲間の健康を害します。




そして、以下は例え話ではありますが、リスクマネージメントについて分かりやすく記してありましたので転載します。






= = = = =

あなたが、野球チームの監督だとします。

三点差で勝っている大事な試合で迎えた九回裏、相手の攻撃です。
先発ピッチャーが疲れて、制球が乱れています。

すると、ストライクをひとつも取れずに、打者を歩かせてしまいました。
二人目の打者も、ストライクが取れません。無死、一、二塁です。
三人目の打者も、同じく歩かせて、無死満塁です。

次の打者は強打者です。

このような良くある場面で、あなたが監督だったらいつピッチャーを交代しますか?「いや、あいつは良く頑張った。最後まで投げさせよう」とどこまで粘ることができるでしょうか。精神論も勝負の内、信じることも大事です。データを収拾して、投手と打者の相性とか、分析することもできます。それとも、自分が監督であるにも関わらず、中継をしている解説者に耳を傾けて、アドバイスを貰いますか?

この時に「もしここでホームランを打たれたら逆転負けだな」と言う最悪のシミュレーションをできない監督がいたら、誰の目にも失格です。だからこそ、先発を信じるなら腹をくくる、あるいはブルペンで肩を鳴らしている守護神を投入して、何があっても抑えに行くべきなのです。


= = = = =

あくまでも例え話ですが、ふざけている訳ではありません。皆、自分の健康の監督です。家族のリーダーの人からも沢山連絡を頂いています。健康を守ると言うことは勝ち負けでも、名誉を守るためでもありません。その役を担った使命だと思っています。

お互い、励まし合って頑張りましょう。

peace
SHING02


そして、僕も全く同じ気持ちであり、 この国は最悪の状況、事態悪化に対する対処のできない監督を持ってしまったのだと思います。



だから、僕は こうして書き続けることによって、心配をする地域の仲間への一つの判断材料にしてもらいたいと常々思っています。




みんな、健康で。




追記:ベクレル、シーベルトの違い。

放射線による人体への影響度合いを表す単位を「シーベルト(Sv)」、放射性物質が放射線を出す能力を表す単位を「ベクレル(Bq)」といいます。


放射性物質にはさまざまな種類があり、放射性物質によって、放出される放射線の種類やエネルギーの大きさが異なるため、これにより人体が受ける影響は異なります。


このため、放射線が人体に与える影響は、放射性物質の放射能量(ベクレル)の大小を比較するのではなく、放射線の種類やエネルギーの大きさ、放射線を受ける身体の部位なども考慮した数値(シーベルト)で比較する必要があります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひばく | トップ | 認識 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆっきー)
2011-03-28 01:06:07
はじめまして。
おっしゃる事、その通りだと思います。

私も福島市に友人がいます。
ご主人と幼児とおなかの赤ちゃんと、逃げた先は茨城・・。ガソリンがそこまでだったそうです。泣きながら、福島に両親を置いて(6人はクルマに乗れない+ガソリンが無かったから)出たそうです。
こちらから野菜やお水を送る事にしていますが、解決にはなりません。茨城では近すぎると心配しています。

被爆報道も、大丈夫一点張りですね。
レントゲンは一瞬なのに、何故比較対象にできるのか??信じられない思いで、初めてマスコミに不信感を抱きました。
私は医療関係者です。
その理論なら、レントゲン技師の放射線測定のカウントのバッジは(法律でつけることになっている)存在意義なし。

一瞬の線量と、一日の線量では比較にならないはず・・。そんな馬鹿な・・。とテレビのコメンテーターの偉い先生方、掛け算しなくていいの!!!??と驚きました。

その後テレビの報道は見るのを止めました。
日立のお友達も、心配ですね。
マスコミ操作なのでしょうか。

島根原発、とんでもないものだんだ。と今日何時間もネットで調べて色々知りました。

あんなもん、子供に残したくない!!!
断層の上なんて、めちゃくちゃです。
廃炉にしたい。
初めて切実に思いました。
後悔の嵐。

なんで、被爆国が原発なんだか。
福島を契機に寡黙な島根県民の私たちでも、声を上げる必要があるのでは。
ましてや、長崎で被爆した永井氏の出身地(木次の三刀屋)でもあります。

子供の未来を、お金(中電の配る保証金?)や便利さに変えて暮らしてきたかと思うと
堪りません。

福島発のハイロアクション、加われないかな
と思っています。
3月11日前になれたらいいのに・・。
同意します。 (大場新之助)
2011-04-20 14:52:41
政府の安全デマがまかり通っている現状に恐怖を覚えます。
高円寺で行われた反原発デモにも参加しましたが、
まだ多くの人が安全神話を信じている様です。
身の回りの人にはしっかりと注意をよびかけていこうと思っています。
千里の道も一歩からです。
そして、未来の子供に住み良い環境を守るためにも
みんなで相談してなにをすべきか考えていかなければと思います。
良い波動を広げましょう!
今は結びつきがおきやすい時代だと思います。
信念をもって生きたいと思います。
そして、生かしていただいてありがとうございます。
宇宙に感謝。
Unknown (大場新之助)
2011-04-20 14:56:39
高円寺デモに参加していたみなさんは
ほとんどが平和的で、問題意識のあるかたばかりでした。
地球を愛し、つながりを愛する気持ちにふれ、
未来に希望をもつ事ができました。

原発推進者も反対者もしっかり情報公開したうえで、
協力して良い未来をつくりあげていきたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む