広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひばく

2011年03月18日 | 震災
テレビの解説者が伝えない「ひばく」の違いについて(とても重要なことなので読んでください)



「被曝」の「曝」は、「曝す=さらす」のばくです。原子爆弾による「被爆」と読みが一緒ですが、意味合いは少し異なります。この微妙な違いから生じる誤解が、「被ばく」の認知度の誤差にもつながっていると思われます。




【テレビの解説者が微量だから安全だと主張する“被爆”について】



肌で放射線を直に受けることを「外部被ばく」と言います。

身近な例では、X線や宇宙線による軽い外部被ばくがありますが、強い放射線を大量に浴びると、造血器官、皮膚、神経、生殖器、内臓などがすべて打撃を受け、その結果、嘔吐、脱毛、倦怠感などの急性障害や、潰瘍、がんなどの晩発性障害が起きます。


このように重度の外部被ばくは、原子爆弾以外は、原子力施設の臨界事故、あるいは強い放射能源に触れてしまったケースなど、すべて「人為的な」原因によります。

安全な距離を保つか、間に遮断するものがあれば、外部被ばくを避けることは可能です。そのため、屋内退避や被爆対策をすれば大丈夫だとしきりに言ってい るのは、この外部被爆に当てはまることかと僕は疑ってみてます。

↑僕と核参考。


 
【重要】【テレビの解説者が軽視している内部被曝について】
※あくまでも僕の私見です。



今、しきりにテレビの解説者が微量なので安全です。を、繰り返す放射線量ですが、確かに外部被爆としては安全な量だと思います。

しかし、“量”ではなく“質”によって健康に影響が与えられるのが内部被曝の怖さです。


質とは何かと言いますと端的に言うと自然界にある放射性物質と核爆発をして生み出された人工放射性物質では全く異なる性質を持っていると言われています。


そして、一昨日 東京で自然界に存在しないセシウムが微量ではありますが東京で観測されました。
これがどういう意味を持つかと説明します。





政府や解説者の会見や解説の言葉を注意深く聞いてみてください。「現時点の放射線量に触れたからと言って“ただち”に健康に影響を与えることはありません」 必ずそういうはずです。


何故、“ただちに”を必ず付けているのかと想像しますと、いずれ影響が出てくる可能性が高いからであり、しかし、それを認めてしまいますとチェルノブイリの健康被害者数が万人単位で変わってくるはずなので、報道規制がかけられているのだと推測できます。
 

【その根拠は何故か?・・・・】

IAEAが世界に公式発表しているチェルノブイリの犠牲者の数は
死者31人 小児ガン2000人(2006年には9000人のがんによる死者がでる可能性がある、と訂正)と発表。  
 
他方、ロシアの独立調査機関ECRRの発表によると「少なく見積もっても290人の直接的な死者と、欧州で100万人以上のがんによる死者を出した」「現場で働いた80万人の除染作業者のうち、すでに少なくとも3万人は放射能の影響で重病を患って、命を落としている」と発表。 

しかし、国連をベースにする原子力組織、そして原子力を保有する各国政府はIAEAの発表したレポートを採用しています。何故かは分かりませんが、簡単には変更できない理由もあるのだと想像できます。


現にチェルノブイリ以降、年々ガン患者や白血病患者は増えていますが、国際機関は頑なに放射能との因果関係を否定し続けています。


テレビで解説されている方々はIAEAの報告書に従って見解を述べているに過ぎません。

これを医療に例えるとすれば、医者は“痛い”と訴え続けている患者が後を絶たないといういうのに、学術書にないから“その痛い”を認めないと20年近くも言い続けている様なものであると見れます。

事象があるから向き合うのが本来の役割である科学者が、専門書で大丈夫だからと言って事象を無視し続けているのが、今の“ひばく”の現状としてある認識であります。


 
 
過剰とか煽りでなく、無数の人命に関わってくる可能性が否定できないので書きました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共有事項(3.12朝1時時点) | トップ | 楽観 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (読者)
2011-03-18 14:43:56
残念ながら,Svという単位は内部被曝も考慮に入れた評価をしています.

「被曝者」と呼ばれる人から検出されている放射線量から計算した放射性物質の量からして,付着した放射性物質を全て飲み込んだとしても影響が無い量であると計算できます.(東大の早野先生のツイッターより.数値に関して,その分野の先生が検算済み)

医療が発達した現代において,統計的にガンで死亡する数は増加します.そのため,必ずしも放射線が原因とは言えないと思います.

『質とは何かと言いますと端的に言うと自然界にある放射性物質と核爆発をして生み出された人工放射性物質では全く異なる性質を持っていると言われています。』

具体的にどのような点でしょうか.ウランやプルトニウムなどの毒性は,それ自体が持つ化学毒性が出る以前に,放射線による毒性が発揮されるといわれています.(つまり放射線が検出されないことが大切であるということ)

もう少し勉強されたらいかがでしょうか?
こういう資料もあります。 (大場新之助)
2011-04-20 18:51:31

『チェルノブイリ:100万人の犠牲者』
についてのインタビュー。
http://goo.gl/BFLCd 
これまでの発表と大きく食い違う数字。それは何故なのか。
日本語字幕付き、スクリプトの書き起こしもあります。
(映像ながいので書き起こしだけでも一読してみてください。)

以下一部抜粋


チェルノブイリ原発事故の死者は100万人ということですが 死因は何でしょう?
癌、心臓病、脳障害や甲状腺ガンなど
死因はさまざまでした。
何より多くの子供達が死にました。
胎内死亡、又は生後の先天性障害です。

IAEAが発表している4000人という数字と食い違う件↓

WHOはIAEAの許可なしには調査書を発表できないのです。
IAEAは世界中の原子力の規制だけではなく
原子力の促進を行う機関でもありますからね。当然、WHOに「原子力は健康に有害だ」と言われては
困るわけです。
Unknown (大場新之助)
2011-04-20 19:09:47
そして内部被曝がおそろしいのは、放射性物質がどんどん蓄積していくことにある。

3.11から放射伊物質が漏れ続けている。

これからは、水や食料からも知らず知らずのうちに放射性物質をとりこむことになるでしょう。

微量なら大丈夫とかありません。

体から排出されるまずっと細胞を破壊し続けるのです。

放射性ヨウソなら甲状腺。(半減期8日)

ストロンチウムはカルシウムに似た構造のため骨に蓄積します。(半減期30年)

プルトニウムに至っては、約2万4000年も半分になるのに時間がかかります。

東大の先生がいってることはうさんくさいです。

幼児の年間最低被曝線量も20ミリシーベルトにあがりましたね。

これは、チェルノブイリで作業する成人の4倍にあたります。

数年後、何千人もの児童が甲状腺の手術をうけるでしょう。

その時に政府も東電も、責任とらないでしょう。

我々は、法的に
直接的な因果関係を証明できないからです。


そうなってからでは遅いとおもいませんか?

すでに最悪の事態がおこっています。

メルトダウンでレベル7です。

政府の発表を鵜呑みにしないで、
自ら情報を集め、
ジャッジしましょう。

数値に関して,その分野の先生が検算済みだからOKとかいくない(’o’)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む