大橋迎春歌謡サミット’15 \開催決定/

2015年01月06日 | 迎春歌謡サミット
NEW:『大橋迎春歌謡サミット』とは?ブログを更新しました。http://blog.goo.ne.jp/gotoukenta_1983/e/2e027e4c0c1f07c767a16e8636b1dc28(1月6日)
NEWS:タイムテーブルを公開しました。
NEWS:DJ2bn,DJありがとう,出店のプロフィールをUPしました。(12月26日)
NEWS:最終ゲストアーティストにDJありがとうが決定しました。(12月26日)
NEWS:山陰の情報誌「Lazuda1月号」イベント紹介ページで紹介されました。(12月25日)
NEWS:山陰の情報サイト「さんさんクラブ」http://ww2.sanin-chuo.co.jp/にて、紹介されました。(12月15日)
NEWS:当日のイメージが拡大するフライヤーができました。(12月7日)
NEWS:極寒屋台村の出店を更新しました。(11月18日)
NEWS:注意事項/周辺情報を追加しました。※宿、駐車場等(11月8日)
NEWS:大橋迎春歌謡サミット第二弾。開催決定!(11月6日)





2015年は『たぬき音楽祭』本祭の年。※予定希望


そこに向かって、音楽と暮らしを紡いでいきたいと考えています。



そして、年明けの第一弾。


2014年、自分の中で描いてきた“こうあったらいいな”の価値観を間接的に思いきり肯定し、膨らませてくれた2組のバンド「フジロッ久(仮)」と「ヤング」のフロントマンを迎えて、イベントをスタートさせます。









この2人は、絵空事を自活して、音楽と暮らしを切り離さずに、暮らしと音楽(その他やりたいこと)を同じ線の上に並べた景色を信じてやっている人たちで、遠く離れた地で、同じようなことをそれぞれ具現化してやっているのが嬉しくて、ワクワクしていました。
一過性のライブやイベントではなく、今後にきっと派生し、繋がっていく音楽を届けてくれるであろうと期待しています。



場所は、昨年同様にEADという松江ローカルの文化をサブリミナル的に発信、電波させ続けてきたビルの3Fと屋上を駆使して開催いたします。








屋上には一日限りの極寒屋台村が出現。



ここでは、季節外れの極寒BBQや焚き火、フリーマーケットを楽しめる様になっています。
※フリーマーケット募集中。





また、3階の室内ではテーブル・椅子は取り払い手作りのライブ&ダンスフロアが出現。
ゲストライブやDJの他、映像や装飾を楽しむことができます。



つまり、季節や地の(不)利を活かした100%D.I.Yなイベントとなっています。


そして、新しい1年の文化を担う若い人にこそ是非、体感してほしいという思いから、


「20歳以下入場無料」
「25歳以下は、マイナス500円」



という価値価格でお越しいただけます。


更に、エントランスでのワンドリンクオーダーシステムに関しては、お越しいただく方の気持ちに委ねたいと思います。
とはいえ、絶対に飲食物の持ち込みは禁止します。



それぞれ想像力を働かせながら、最高な一日と新年を皆さんとスタートできたらと思っています。



是非、雪、霰、雨にも負けずお越しください◎






『大橋迎春歌謡サミット』

日時:1月11日(日)
場所:EADビル3Fと屋上(〒690-0843 島根県松江市末次本町36)
開場/終演17:00-22:00
◎前売りチケット:2500円(当日3000円)
◎20歳以下入場無料(入場時に身分証を必ず提示ください)
◎21歳~25歳:2000円(要予約※店舗では買えません)(当日2500円)
※前売りチケットの予約は、何れも1月10日(土)20:00迄
※以下のフォームに、一般前売りチケットか、21歳~25歳迄の割引チケットか明記の上ご予約をお願いします。


ご予約・問い合わせ:
チケットご予約の方は
下記メールかTELにて
■氏名(フルネーム)
■公演日 1/11(日)
■枚数
■返信用メールアドレス
■電話番号
をお送りください
mail : kentarhythm@gmail.com
TEL :090-1351-6141(ネオ公民館「誉」/担当:後藤)



[概要]
松江大橋南詰に位置する「誉」で月に一度開催していた“大橋月桃ディスコ”の北詰バージョンとして謹賀新年にお届けする『大橋迎春歌謡サミット』。店主と繋がりのあるミュージシャンやお店が集い、この街の新しい1年の音楽、文化のはじまりを勝手に祈願し、踊り、祝う年初めの(半)野外(半)屋外フェスティバル。
2年後には変わりはじめるこの街の「今」だから出来ることと、季節の不利を活かした遊びに是非お越しいただければ幸いです。


【GUEST LIVE】
高梨哲宏(from.ヤング)
藤原亮(from.フジロッ久(仮))


【DJ】
2bn(from.PLAY ON.)
ありがとう


【ローカルアクト】
ワンダーワンダー
DJ えるえる&たべほうだい



【会場装飾】
ニケ
240


【極寒屋台村】
タパタパのスープ
アジパイのカレー
絶滅危惧種
極寒BBQ大会



<チケット取扱店舗>
◎松江今井書店スタジオワンダー田和山店
◎ネオ公民館「誉」
◎鳥取「アジパイ」
※店舗チケットの発売は12月13日(土)より開始。
※メール予約に関しては随時承っています。



【どんな人たちが出るんですか?な、出演者のご紹介】

スポンサーもなし、協賛もなし、なのに入場無料。“祭りを僕らの手の中に”をテーマに、「IZU YOUNG FES」を主催する伊豆のD.I.Yバンド、ヤングの“高梨哲宏”と、「ニューユタカ」をコンセプトに、全く新しい抗い方(シュプレヒコール)を提示し続けている東京のパンクバンド、フジロッ久(仮)から“藤原亮”の2人をライブゲストに。
また、“音楽と温泉、地域と都市”を独自の角度で結びつけている岐阜の特異なフェス「FUKUNE FES」を主催する“2Bn(ツボン)”をゲストDJに招き、2015年の幕を勝手に開けさせていただきます。
全国津々浦々から、既存のものではなく、何か新しい景色を独自の視点で実績している顔ぶれが新年早々“島根”に集結いたしました。正に、松江大橋を拠点に据えた“サミット”です!!これは、コタツを背負ってでも駆けつける価値ありですね。



【高梨哲宏】


野外音楽祭『IZU YOUNG FESTIVAL』の主催やstomachache.とのコラボアイテムの本気リリース等、バンドらしくない活動をする伊豆のバンド。
セルフビルドした山小屋『かわいい女の子スタジオ』を拠点に、アルバム『ニューパーク』を2013年に全国リリース。
2014年7月にシングル『サマータウンとアドベンチャー』をリリース。

主な経歴
FUJIROCK、BOROFESTA、りんご音楽祭等、野外フェスに出演。
ほぼ日刊イトイ新聞、東急ハンズのwebCMに楽曲提供。




【藤原亮】


東京のパンクバンド『フジロッ久(仮)』のフロントマン。


ソロに於いては、類稀なメロディーセンスと歌詞、声の良さが一際発揮される。
小西康陽、ハンバートハンバート、片想いをはじめとするミュージシャン、DJ、ライターが軒を並べてその音楽性を絶賛。


時代にフィットしたリアルな言葉、サウンド、皮膚感覚を頼りに新しくユタカな景色/形式を発明しつづけている。


【DJ 2bn】


元某レコードショップ・バイヤー。
これまでに、名古屋の老舗CLUB BUDDHAにて最新のINDIE~DANCE MUSICをPLAYする人気パーティー「PLAY ON」オーガナイザーとして活躍。
最新のINDIE~ELECTROからNEW WAVE~NU DISCO~HIP HOP~BREAK BEATS等をクイックにMIXしていくスタイルが人気だが、新譜だけにとどまらない幅広い知識と膨大なレコ-ド・ライヴラリーから選りすぐった楽曲を 確かなスキルと過剰な音楽愛でジャンルを越えてMIXしていくプレイ・スタイルが真骨頂。
岐阜県福知温泉にてFUKUNE FESを毎年主催
http://www.fukujionsen.com/fukune/


【DJありがとう】


2012年よりなんとなしに活動を始めた野良犬DJ。程度の低いDJプレイは彼を一躍、近所の嫌われ者に。
https://soundcloud.com/dj-arigatou


-極寒屋台村ノミネート店舗-



【お料理ユニット『タパタパ』】


ホンマキョウコ、ワカツキキョウコからなるお料理ユニット。

「思い出を食べる」をコンセプトにウェディングやバースデーのケーキやフード、お土産やプレゼントなどの焼き菓子などを作っている。フリーペーパーvi-beに毎月作品を掲載中。南田町のタパタパ基地ではとっても不定期なカフェ部門「きっさてんごっこ」展開中。
◎身も心も温まるスープ


【カレー食堂『アジパイ』】


インドカレーをベースにオリジナルなスパイスカレーが楽しめるカレー屋さん。月1ペースでライブを開催、色んなイベントにも出店、楽しいこと大好きなカレー屋さんです。
◎特性カレー他


【『絶滅危惧種』】


【世界に現存する最後の作品そして僕】広島。古着、リメイク(服、雑貨)、作家さんの委託販売などを取り扱い営業中。
◎リメイク(服、雑貨)、絶滅危惧種オリジナルTシャツ、缶バッチ、ステッカーなど



※注意事項/周辺情報

[情]<安宿>大巾屋(会場徒歩5分)(2500円~3000円/1人)
■http://www2.plala.or.jp/oohabaya/index.html
[情]<安宿>ヤングイン(会場徒歩3分)(2000~2500円/1人)
■http://www.jalan.net/yad366950/
[情]<駐車場について>
■無料駐車場はありません。有料駐車場は会場に隣接しています。※割引券の発行は致しません。
[注]<車でお越しの方へ>
■天候によっては、スタッドレスタイヤの装着をおすすめします(積雪時の場合は必須です)。
[注]<喫煙について>
■当日は、高校生の入場もあるため3階ライブ会場では禁煙とさせていただきます。尚、喫煙スペースは、屋上に設けていますのでそちらをご利用ください。



※タイムテーブル
17:00-17:30 DJ 2bn
17:30-18:15 DJ えるえる&たべほうだい
18:15-18:45 WONDERWONDER
18:45-19:25 DJ 2bn
19:25-20:10 高梨哲宏
20:10-20:55 DJ ありがとう
20:55-21:55 藤原亮


22:30- 打ち上げ
※参加希望の方は、1月9日までにkentarhythm@gmail.comまで連絡をお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ今週日曜日!大橋迎春歌謡サミット!

2015年01月05日 | 迎春歌謡サミット
今週はいよいよ『大橋迎春歌謡サミット』








「子だぬき音楽祭」終了した翌週ぐらいから取り掛かっていたイベントで、時の流れは早いものだなーと色んな意味で思う。




大きめのことをした後は、決まって余韻だとか、ロスみたいな感覚に陥るもので、せっかく韻を踏むぐらいなら前へと飛べるものを踏んでいきたいと思い、擬音語爆発させながらあーでもない、こーでもないを組み合わせながら取り組んできました。



昨年は、2度の「子だぬき音楽祭」、年明けての「迎春歌謡サミット」、3月から8月まで続けた月1イベント「月桃ディスコ」と、何だか沢山企画した1年だったと思います。
毎年毎年、もういいやってぐらいの気概でやってはいますが、不思議とまた何か頭ん中で踊りはじめているから健全な病気にかかっているようなものなのかもしれません。



毎年、飽きもせず感化される出逢いがあり、自分の中では県境とか、ジャンルとか、職業とかも関係なく、面白いこと一緒にやっていきましょーよと、“こうあったらいいのにな”の景色を一緒につくっていければいいのになと思ってやっています。



真冬、極寒屋台村、カフェ店内を“こうあったらいいのになのライブハウスに”と、わざわざ面倒くさいことを周りや、お店、理解者や出演者と作っていく。



フジ久「シュプレヒコール」でいう所の“チェーン店やテレビでは見ることのない響き、気付き、口ずさみ”とは、コンビニやブラウン管だけを指しているものでは勿論なく、この世界を自分たちの手で彩っていけるという決意だと僕は受け取っていて、本当に楽しいことや喜びって、手をかけなきゃみつかんないし、例えばそうした行為が間接的に誰かや何かにとってのエネルギーへと派生していくものだと信じています。




こんなことがしたいんだ。
こんな遊びがしたいんだ。
これをこうしたほうが面白いと思うんだ




そういった1つ1つの頭ん中でくすぶっている思いを口にして、交渉して、その時出来る限りの一番美味しいところを手さぐりで一緒に探す。ひとつの突拍子のないことも形となれば、次の瞬間からスタンダードとなる。


B1の楽屋をラウンジの会場にすることも、1ドリンクをBBQにすることも、良かったねの合意の下終われば、次からの選択が広がっていく。そうやって出来ること、こうあったらいいなのレイヤーを膨らませていくことって、会社や組織でなく、個人の遊びだからこそイチイチご機嫌を伺わずに出来ていくことだと思うんです。やってみて駄目なら違う方法で色々やっていけばいいわけだし、子ども心の遊びってそもそも全部が手さぐりなわけで、それを大人になった今は、もっと形として出来ることが増えているはずなんだと思います。




今回で言えば、会場となるEADや関係する人に対して、「椅子もテーブルも全部どかしましょー」、「ステージをつくりたいんです」、「イベントを楽しみにくる人の気持ちにドリンクオーダーの是非は任せてみましょー」「街中ですが、ドラムセット持込みたいんです!」、「20歳以下は無料にします。25歳以下は可能性の宝庫なんで500円引きにしましょー」と、改めて列挙してみると無茶ばかりをきいてもらっているなと痛感します。




やっぱり僕は、“いいね”を簡単に押せて満足できちゃう空気が物足りなくて、何に対しても“いいね”を本音で押せないから、あーだこーだ言いながら新しい空気を作る他ないなと思ってやっています。




フジロッ久(仮)の藤原君のスタンスにしても、ヤングの高梨君のイズヤングフェス、DJで出演する2bn君のフクネフェスにしても、「僕らはこーしたい」ってぼやきを、形に変えている人たちだと思うんです。




デコレーション、プロジェクトマッピングにしても、これをこうすることでこんなことにもなるんだっていう一種の魔法だと思っているし、予測できないDJの次の一手だってそう。




はるばる広島から二言返事でいきますよ!と、「絶滅危惧種」さん。


なんかワクワクするスープをこさえてきますね!と、「タパタパ」さん。


毎度毎度、電話をする度、ありがとうございます!と、店を休んで2時間かけてカレーを届けてくる「アジパイ」さん。


そして、僕の無茶をほぼ9割聞いてくださる「EAD」の皆さん。


また、今回チケット用にハンコも友達に作ってもらいました。





どんだけ風呂敷を広げても、ちゃんと信じて、そこに参加してくれる人たちがいるのは幸せなことだと思う。


是非、皆さんのお越しをお待ちしております◎






『大橋迎春歌謡サミット』は、いよいよ今週日曜日。

2015年もあそんでいきましょー!




チケットの予約はコチラです↓↓YO!!
kentarhythm@gmail.com
090-1351-6141







『大橋迎春歌謡サミット』

日時:1月11日(日)
場所:EADビル3Fと屋上(〒690-0843 島根県松江市末次本町36)
開場/終演17:00-22:00
◎前売りチケット:2500円(当日3000円)
◎20歳以下入場無料(入場時に身分証を必ず提示ください)
◎21歳~25歳:2000円(要予約※店舗では買えません)

ご予約・問い合わせ:
チケットご予約の方は
下記メールかTELにて
■氏名(フルネーム)
■公演日 1/11(日)
■枚数
■返信用メールアドレス
■電話番号
をお送りください
mail : kentarhythm@gmail.com
TEL :090-1351-6141(ネオ公民館「誉」/担当:後藤)



[概要]
松江大橋南詰に位置する「誉」で月に一度開催していた“大橋月桃ディスコ”の北詰バージョンとして謹賀新年にお届けする『大橋迎春歌謡サミット』。店主と繋がりのあるミュージシャンやお店が集い、この街の新しい1年の音楽、文化のはじまりを勝手に祈願し、踊り、祝う年初めの(半)野外(半)屋外フェスティバル。
2年後には変わりはじめるこの街の「今」だから出来ることと、季節の不利を活かした遊びに是非お越しいただければ幸いです。


【GUEST LIVE】
高梨哲宏(from.ヤング)
藤原亮(from.フジロッ久(仮))


【DJ】
2bn(from.PLAY ON.)
ありがとう


【ローカルアクト】
ワンダーワンダー
DJ えるえる&たべほうだい



【会場装飾】
ニケ
240


【極寒屋台村】
タパタパのスープ
アジパイのカレー
絶滅危惧種
極寒BBQ大会



<チケット取扱店舗>
◎松江今井書店スタジオワンダー田和山店
◎ネオ公民館「誉」
◎鳥取「アジパイ」
※店舗チケットの発売は12月13日(土)より開始。
※メール予約に関しては随時承っています。



【どんな人たちが出るんですか?な、出演者のご紹介】

スポンサーもなし、協賛もなし、なのに入場無料。“祭りを僕らの手の中に”をテーマに、「IZU YOUNG FES」を主催する伊豆のD.I.Yバンド、ヤングの“高梨哲宏”と、「ニューユタカ」をコンセプトに、全く新しい抗い方(シュプレヒコール)を提示し続けている東京のパンクバンド、フジロッ久(仮)から“藤原亮”の2人をライブゲストに。
また、“音楽と温泉、地域と都市”を独自の角度で結びつけている岐阜の特異なフェス「FUKUNE FES」を主催する“2Bn(ツボン)”をゲストDJに招き、2015年の幕を勝手に開けさせていただきます。
全国津々浦々から、既存のものではなく、何か新しい景色を独自の視点で実績している顔ぶれが新年早々“島根”に集結いたしました。正に、松江大橋を拠点に据えた“サミット”です!!これは、コタツを背負ってでも駆けつける価値ありですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迎春歌謡サミット 終えて

2014年02月18日 | 迎春歌謡サミット
迎春歌謡サミット ありがとうございました!




オーガナイズイベントとしては、たぬき音楽祭以降初ということもあり、構想段階からかなり緊張していました。



けれども結果的に、地元の仲間、はたまた東京や大阪はじめ、全国の音もだちと一緒に一日を創りあげることができて本当に良かったと思います。



ゲスト陣の音楽は勿論素晴らしく、いつも日本の音楽の可能性、美しさを再認識させられます。

加えて、ここ最近思うのは、とにかく地元スタッフ、出演者、何よりもお客さんの表情やエネルギーがとに角素敵で、この人たち万歳!って、心底思わされます。





誇張でも何でもなく思うのは、そうした個の集大成である“みんな”でつくり上げるものって、何にも代えがたいなと感じます。



今回は、本当に会場作りから殆ど何もかもをイチからやりました。



デコレーション、照明・VJ、ステージ、たき火
これら全てが個人の気持ちをエッサホイサして形に変えています。



ライブハウス、クラブも勿論素晴らしいですし、カフェイベントだって素晴らしい。

けれど、既存のものに依存してしまっては想像力も、汗も流せなくなってしまう。何をするにしても、いつも初心の気持ちでつくっていくことが大切なんだと実感している次第です。




また、松江というとことん美しい町の とことん美しい場所が現存していること。そこに、素敵なお店や人がいるということ。


普段気付けないけれど、そうした当たり前をもっともっと大切に、好きでいることができたなら、町も文化も もっともっと素敵なものへと紡がれていくんじゃないかと思います。




たかが輝く世界をもっともっと好きでいれる様、これからもできることをできるうちにやっていけたらと思います。


“美しいものを 美しいと言えますように”



関わった皆様、本当にいつものことながら
ありがとうございました!



※後日、当日の写真をUPします。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


誉info...

3月16日(日)@ネオ公民館「誉」
LIVE:藤原亮(フジロッ久)/音ととと and more...

4月12日(土)@ネオ公民館「誉」
LIVE:東行 and more...


※3月頭に、大きな発表があります。お楽しみにしていてください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

~迎春歌謡サミット~「音沙汰(from SEBASTIAN X)×笹口騒音ハーモニカ(from うみのて)」開催決定!)

2014年01月09日 | 迎春歌謡サミット
随時情報を更新(2月14日現在)


NEWS:出演順を更新しました。(2月14日)
NEWS:音沙汰のCD「SUPER GOOD」をネオ公民館『誉』http://www.matsue-homare.com/で取扱い開始しました。(1月27日)
NEWS:【お詫び】「店舗でのチケット発売日」が延期となりました。準備が整い次第、ブログとtwitterでお知らせします。お急ぎの場合は、mail予約をご利用ください。(1月25日)
NEWS:タウン情報誌Lazuda2月号(1月24日発売号)に掲載されました。(1月23日)
NEWS:注意事項/周辺情報を追加しました。※宿、駐車場等(1月21日)
NEWS:迎春歌謡サミット第二弾。開催決定!(1月9日)
NEWS:ナタリーニュースに掲載されました。http://natalie.mu/music/news/107377(1月9日)









明けましておめでとうございます。


昨年は、たぬき音楽祭・アライバリズムをはじめ多くの方にご協力戴きました。
今年も色んな一日を創出できる様、できることに取り組んでいきたいと思っています。



そして、新年一発目となるイベントが来月2月16日に決定いたしました。


昨年、僕の中でもう一度イベントや音楽の可能性を信じたい!という気持ちを与えてくれたバンド「SEBASTIAN X」より、ボーカルの永原真夏と、ピアノの工藤歩里によるアコースティックユニット「音沙汰(おとさた)」と、代表曲“SAYONARA BABYBLUE”を年末にYOU TUBEで聴いて以来、個人的にドハマリしてしまった音楽家である「笹口騒音ハーモニカ」をゲストに迎えてお届けいたします。





当日は、会場となるEADビルを駆使したレイアウトで、屋上には一日限りの極寒屋台村を配置します。ここでは、焚き火やおでん、フリーマーケットを楽しめる様になっています。
※フリーマーケット募集中。

また、3階の室内ではテーブル・椅子は取り払い手作りのライブ&ダンスフロアが出現。ゲストライブの他、和を中心としたDJを楽しむことができます。


つまるところ。

ここでしかない景色や空気、人、音楽を存分に楽しめる一日となっています!


チケットは、限定50枚 加えて高校生は入場無料という文化のお年玉。
是非、この機会に遊びにいらしてください!




『誉』PRESENTS~迎春歌謡サミット~



2月16日(日)@松江EADビル(3F/屋上)
開場/終演17:00-22:00
チケット:2500円(限定50人)
※入場時1D ORDER/高校生に限り入場無料(要学生証)
ご予約・問い合わせ:
チケットご予約の方は
下記メールかTELにて
■氏名(フルネーム)
■公演日 2/16(日)
■枚数
■返信用メールアドレス
■電話番号
をお送りください
mail : gotoukenta_1983@mail.goo.ne.jp
TEL :090-1351-6141(ネオ公民館「誉」/担当:後藤)


会場住所:〒690-0843 島根県松江市末次本町36

<LIVE>
音沙汰(from SEBASTIAN )
笹口騒音ハーモニカ(fromうみのて)
OBUTSUDAN-SUMINO


<DJ>
2bn(PLAYON.)
エンペラー梅木
えるえる

<極寒屋台村>
繋がる根の焚き火と、おでん
アジパイのカレー
ロージーの雑貨

<装飾>
ニケ


<チケット取扱店舗>
[松江]
今井書店スタジオワンダー田和山店 0852-20-8686
誉 090-1351-6141

[米子]
Hasta Latina 0859-37-3102

[出雲]
コスモ出雲店  0853-20-2600


<概要>
 松江大橋南詰め・ネオ公民館「誉」から、北詰め「EAD」に向けて最速で春を発射するネオ歌謡フェスティバル“迎春歌謡サミット”。この度ゲストとして迎えるのは、“たぬき音楽祭”や、“アライバリズム”で心臓をぶち抜かれた人も多いのでは?!ご存知SEBASTIAN Xより、Vo,Keyで編成されるSUPER GOODなアコースティックユニット「音沙汰(おとさた)」と、日本の吟遊詩人と称され、全国で話題沸騰・爆弾投下中の「笹口騒音ハーモニカ」が厳冬真っ只中の島根に初登場します。また、松江の文化基地「EADビル」を会場に、室内の音楽ステージとは別に、“季節の(不)利”を活かして屋上に極寒の屋台村を設けることになりました。“楽しみたい”という気持ちがあれば、季節も地域も環境も関係ないと考えていますので、場と人と音楽が放出するエネルギーで街を再発電し、頭と心に花を咲かせましょう。(店主)



<出演者プロフィール>
音沙汰(おとさた

SEBASTIAN XのVo.永原真夏とKey.工藤歩里によるユニット。
マイペースに活動中。
ピアノと歌のシンプルなアンサンブルはバンドとは違った魅力がある。
@manatsu_injapan  永原真夏
@KudoAriri 工藤歩里





笹口騒音ハーモニカ

1984年2月29日、うるう年に生まれてこのかた活動中の大御所。 ¥anagawarecords社長。太平洋不知火楽団、うみのて等々でライブハウスから路上まではばひろーく活動中。ソロ、バンド活動共に様々なイベントに引っ張りだこで365日どこかでライブをしている。数百もの大名曲をつぎつぎと生みだしており、これまで8枚のオリジナルアルバムとベスト盤を1枚発表。 もはや現存する最後の生ける伝説的シンガーソングライターといわれている。 2013秋、9枚目となる笹口コンピューター名義のオリジナルアルバム『NO!』をライブ会場&通販限定で発売!
http://yanagawarecords.com







※注意事項/周辺情報
[情]<安宿>大巾屋(会場徒歩5分)(2500円~3000円/1人)
■http://www2.plala.or.jp/oohabaya/index.html
[情]<安宿>ヤングイン(会場徒歩3分)(2000~2500円/1人)
■http://www.jalan.net/yad366950/
[情]<駐車場について>
■無料駐車場はありません。有料駐車場は会場に隣接しています。そちらの駐車場をご利用の際は、駐車券を帰りの際、受付に提示していただければ割引券を差し上げます。
[注]<車でお越しの方へ>
■天候によっては、スタッドレスタイヤの装着をおすすめします(積雪時の場合は必須です)。
[注]<喫煙について>
■当日は、高校生の入場もあるため3階ライブ会場では禁煙とさせていただきます。尚、喫煙スペースは、屋上に設けていますのでそちらをご利用ください。


※出演順(詳しい時間がどうしても必要な方は、gotoukenta_1983@mail.goo.ne.jp迄お問い合わせください)
17:00 ダンススタート
DJ 2bn(PLAYON.)



OBUTSUDAN-SUMINO [LIVE]



DJ えるえる



笹口騒音ハーモニカ [LIVE]



DJ エンペラー梅木



音沙汰 [LIVE]



DJ 2bn(PLAYON.)



22:00 ダンス終了。




※↓前回の迎春歌謡サミットの様子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加