日記

日々の日記

ど根性カエルと、息子に求婚の話

2016-11-08 01:03:28 | 日記2
ド根性カエル。

仕事中、ヒキガエルを見た。しかし様子が変。近づくと後ろ足の片方が折れている。舌も出している。

どうやら、鳥か猫かネズミにやられたようだ。

棲み家まで帰ってほしいものだと思ったが、厳しいかもというのが印象であった。

命の限りを振り絞り、家族が待つ棲み家へと数歩ずつ進む姿に胸を打たれた。

数時間後、再び様子を見ると、5メートル進んでいた。

期待と諦めが交差する心境のまま、仕事を終えた。

翌日、急いでカエルを見に行くと、カエルは居なかった。

無事に帰ったのか、小動物に連れて行かれたのか、力尽きていたので敷地を管理する方が移動したのか。

毎時間、仕事でそこを通るたび、カエルの姿を探している。

あの雄姿が今も目に焼き付いている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


急遽、仕事が連チャンになった。連チャンとはいい響きだ。いつまでも連チャンしてくれ。じゃんじゃん出ろ。パチンコかっちゅーの。

収入にはなるのだろうが、風邪を引く率も上がる。

今は仕事中の環境が、お米と納豆2パック、味噌汁。それを日に2食。

コンビニで買ってもいいのだろうけど、、、、今度そうしてみるか。

冷めたご飯に2パックの納豆をかけ、電子ケトルで沸かした湯で簡易味噌汁を飲む。キャンプか?と自分に突っ込みを入れたくなる。

今度の休日、子供と過ごす予定の日に、会社から仕事を頼まれた。予定を確認してから返答すると言った。

休もうと思う。

子供が慕ってくれる幼少の時期、満喫するため。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子供と詰め将棋をやっている。

持ち駒をひとつずつ動かして、全ての王手を探せ。そのうちの1つが答えだ。それは人生にも通じるぞ。〇〇ちゃんと〇〇ちゃん、どっちと結婚してもいいけど、よく考えろ、どっちのほうが優しい?どっちのほうがお料理上手か?

将棋と人生は似てるぞ。よく考えろ。。。

なーんて話を先ほど将棋をしながらした。

保育園のお友達が、息子と結婚したいと言ってるらしい。息子を「お父さん」と呼ぶらしい。その子の両親が互いにお父さん、お母さんと呼ぶ関係を真似してるんだね。


周りのお友達は、結婚しちゃいなよーと冷やかしているらしい。今度、私も送り迎えのときリサーチしとかないと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最近、思うのですが、子供の結婚式までは元気でいたいなと。

ましてや、孫を見れた日には、最高の幸せと思う。

うちの母は、ひ孫を見るまで死ねないと言っている。それは最高の、更に最高の幸せだと思う。

私はせめて、子供たちの結婚式まで、いろいろ反抗期などあるだろうけど、その時まで元気でいたいなあ~

途中をかいつまんで、息子たちの結婚式に早くならんかな。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きっかけは | トップ | ベネッセ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記2」カテゴリの最新記事