平成維新のトラ トラのひとりごと

必ず行き着くところがあることを信じ、許される範囲で、世の中の事象をとらえご提案。
世の中の矛盾を少しでも解消できたら

平成維新のトラ トラのひとりごと

2017-04-21 06:42:50 | 政治・経済将来を見据えて
   「忖度」に続いて「魔法の証明」  
 国民感情としては、何ともすっきりしない話が多すぎる。
多くの学者も同様であろうが、臭いものにふたをするというこの国の
なれ合いがまかり通っているのだろうか。

 これはあの「ロッキード事件」より質が悪いように思える。

 連日、テレビも取り上げ新聞も紙面をにぎわしているが、まだ真相は
闇の中である。

このような時には一人一人が自分の身の回りを固め、動きを沈める
ことをお奨めする。

 なぜ? 大問題が出てくると、世間の目を方向転換しようとして別の
事件などによって矛先をそちらに向けようとする何かが働く。

 ややこしい話だが、過去にはそのような事件が多かったように思うから
である。

 それにしても。もう末期症状です。
 毎日毎日大臣殿の失言が続くのは、内部で何かがくすぶり出している
ことの表れでしかない。

 ひょっとしたらお一人だけが突っ走っているのではないのだろうかと
勘繰ったりする。

 殆んどの内閣がそうであったように、内部でごたごたしているから
ろくな答弁も出来ないし、とんでもない発言を並べ撤回することになる。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成維新のトラ トラのひと... | トップ | 平成維新のトラ トラのひと... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。