平成維新のトラ トラのひとりごと

必ず行き着くところがあることを信じ、許される範囲で、世の中の事象をとらえご提案。
世の中の矛盾を少しでも解消できたら

平成維新のトラ トラのひとりごと

2017-02-22 09:27:44 | 政治・経済将来を見据えて
  大臣もにんげん?   
 まともに答弁できない大臣も、それを助太刀する大臣も、残念ながら
もうとっくに飽きが来ていると言われる。

 対アメリカ外交が大成功だという官房長官の120%の褒めちぎりも
むなしく聞こえる。

 一説には「ポスト安倍」と目されたことのある、防衛大臣の答弁は田舎の
中学1年生並みではないだろうか。

 中学生では国政を任せるのは無理かもしれない。余り大きな失敗の
ないうちに早い目に引退する方が花というモノ。

 もともと自民党の大臣になると、口が軽くなり言わなくても良いことを
言ってのけるから更迭される方が多い。

 底が浅いのではないだろうか。ぽっと出の田舎者が、何も解らないまま
大舞台に上ればセリフもとちる俳優か歌手のパクパクと同じ次元となる。

 オリンピック大臣もいたな。歯舞も色丹も国後も択捉も小学生でちゃんと
振り仮名をつけるだろう。

 このような特殊な名称はそう多くないし、大事な問題を抱えた土地である
からしっかり覚えておかなくては国のかじ取りなどはもってのほかである。

 弁護士から国会議員に転身したのもいるが、テレビでの活躍と同じように
衣をかぶせず発言すると摩擦が起きることくらいご認識あるべきである。

おかしな人物の多いこの国はどこもかしこも狂っている。
早く軌道修正しないと、とんでもない方向に行ってしまわないかと心配だ。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成維新のトラ トラのひと... | トップ | 平成維新のトラ トラのひと... »

コメントを投稿

政治・経済将来を見据えて」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。