平成維新のトラ トラのひとりごと

必ず行き着くところがあることを信じ、許される範囲で、世の中の事象をとらえご提案。
世の中の矛盾を少しでも解消できたら

平成維新のトラ トラのひとりごと

2017-03-06 19:34:27 | 政治・経済将来を見据えて
 ○○学校という不思議が生まれた
 ○○に何を入れるかは国民の皆さんのお気持です。
 東京に「都民ファースト」という団体があると聞きます。

 昨日「ポスト安倍」についてある方と話し合いました。

 「ないわな」
 「加藤紘一氏が良かったし」
 「党内にふさわしい方がいない」
 「岸田さんは?」
 「まだ器になっていない、憲法違反の地元だ」
 「稲田大臣は?」
 「だめ。基本が解っていない。論外だ。何が元弁護士だ」
 「真紀子さんは?」
 「いいけど出てこないじゃないか。党が違う。」
 「何も自民党でなくても」
 「そりゃそうだその方が良いいいかも」
 「石原さんは?」
 [これも論外。ひどい。何を考えてそのようなこと言う]
 「力がないじゃないか」
 「高市大臣は?」
 「とんでもない。よけい悪い」
 「じゃあどうする」
 「この程度だろう、日本の政治家は」
 「昔のような大物がいない。」
 「ま、静かな石破さんの動きを知りたいな」
 「中央に居るものばかりでなく、地方からも出ればよい」
 {日本の首相選出方法自体がおかしい
 「公選制にすればいいじゃないか」
 「時間がかかる」
 「国民がもっと政治に関心を持たなければダメだ」
 「学生たちも解っているのだろうが、行動を起こさない]
 「いま一番は小池都知事で圧倒的に国民が支持するが」
 「右にでるものがない。彼女は賢いし、出ないだろう」
 「1970年頃の学生のエネルギーはどこへいった」
 「時代が違うがこのままだと、似たようなことが起こるかも知れない」
 「国会答弁にしても、頻繁に官僚や秘書たちがうろうろする。
  どうも納得ゆかぬ」 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成維新のトラ トラのひと... | トップ | 平成維新のトラ トラのひと... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。