平成維新のトラ トラのひとりごと

必ず行き着くところがあることを信じ、許される範囲で、世の中の事象をとらえご提案。
世の中の矛盾を少しでも解消できたら

平成維新のトラ トラのひとりごと

2017-03-08 04:27:49 | 政治・経済将来を見据えて
  欲と名誉と一挙に得ようとした? 
 欲ばかりで、名誉など全くふさわしくない人物が、お尻の禿げる
程度の低い?愚かなことを考えついたものである。

 世の中には、いろんな方がいらっしゃる。論外に太っ腹の方もいれば
どちらかと言えば針の穴から世間を見ようとする方もいるのである。

 へたくそな、重箱突きもいるが、少なくとも国政のありかたを審議する
のに、まともな返答もできない方もいることはいる。

 つまるところ、己に与えられた重大なことを認識せず、ろくに考えて
いないことになるし、お勉強が足りないのである。

 漢字の読み方も知らないのを、大臣に任命するお方もいるとは、実に
国政を軽視し、国民を愚弄しているのではないかと思われるが・・・・。
どこかの国の政治はこの程度なのでしょうな。

 誰があなたたちにお支払する財源を供給しているかお考えになった
ことがおありでしょうか。

 総活躍を当てにする人人はどんどん減るでしょうし、今日生まれた
子供を含んだ人人が、一人1,000万円の負債を抱えている実態をどの
ようにするというのですか。(親方日の丸も限界がある。)

 増えるばかりというのにどうにもできないでいるのに。

個人でも企業でも国や地方自治体でもそろばんをはじいて経営・運営を
しなければ再建不能な状態になります。

にも拘らずその国は、十分なそろばんをはじかずに足りなければ赤字
国債に頼るという愚かな政策しか出来ていない。

犯罪者は自らの行為に対し、大いなる反省をなせば情状酌量もあると
いう。

政治家の振る舞わない行為は、失敗しても誰かが拭ってくれるという
話しなのでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成維新のトラ トラのひと... | トップ | 平成維新のトラ トラのひと... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。