昇交点

五藤テレスコープ的天文夜話

今年もおしまいですね

2016-12-28 15:06:38 | うんちく・小ネタ



2016年もあとわずかになり、弊社も本日が仕事納めです。

さて、2016年は火星中接近をはじめとした天文現象がありましたが、とにかく天候に恵まれなかった年だなと痛感しました。全国でみれば多少違うかも知れませんが、特に7月以降から冬に入るまでまともに夜が晴れたという印象が薄かったです。それだけに筆者もそうですが、みなさまも悶々と過ごされた期間が相当あったかと感じます。2017年はぜひとも晴れる日が増えていくことを期待したいです。

他に印象に残ったことは、天文業界とメディアとのギャップでしょうか。メディアではしきりに「スーパーマーズ」とかおなじみになった「スーパームーン」という言葉が闊歩し、天文学を知った立場とすればキャッチなだけで食傷気味感がありましたが、そのおかげで夜空を見上げたという人は相当数になったと思います。しかし、昨今の時代、どうしても流行りが終わったらそれまでという感じが残念なところですが、もしもそのような潜在層の1%でも光学機器を入手して楽しんでいただければ市場にも活気がでるかと思います。この辺りは根が深いところなのですが業界としてもマニアだけでなく一般層に訴求させることが課題かもしれません。

弊社については12.5㎝屈折 GTL125/1200APO、双眼鏡StarCruise842、単眼鏡GT-M518を提供し、 前者の2製品は年内に完売しました。GTL125/1200APOはサイズ・価格が大幅にアップしたこともあり、前作のGTM100/1000APOのような販売ペースというわけにはいきませんが、星まつりやデモをご覧いただいたみなさまから評価をいただいたこともあり、手堅い売れ方だったかと思います。またStarCruise842は弊社初であり、かつ五藤ブランドを冠した久々の製品でこれまでに多くの方にお求めいただきました。客層は弊社のポジション上では天文愛好家が多いのは当然ですが、野鳥愛好家の方からも指名でオーダーをいただいたことは市場を知るうえで貴重な経験でした。単眼鏡GT-M518は天文用途ではございませんが、小さいながらも五藤光学のエッセンスが濃縮されており、こちらもamazonのレビューでも好評価をいただいていて販売も継続しています。

最後に年末年始は月もめだたないので、天候が良ければ存分に星三昧できるかと思います。ぜひ良い年をお迎えください。
本年もありがとうございました。(kon) 

画像:組立中のマークX用2軸モーター 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マークX赤道儀用2軸モーター... | トップ | 単眼鏡 GT-M518 が新聞に掲載... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む