昇交点

五藤テレスコープ的天文夜話

第22回天体スペクトル研究会

2017-03-07 17:05:42 | 星まつり・観測会・イベント



3月4日・5日は仙台市天文台で開催された第22回天体スペクトル研究会に参加してきました。
天体スペクトル研究会 は分光観測に関連する研究発表があり年1回開催されています。

筆者は以前から関心はあったのですが、参加ははじめてでした。

内容としては、分光観測の研究発表、関連機材の紹介、教育普及活動などにわたっていました。参加者も会の性格上研究者や教育関係者が多く、アマチュアの参加は少なかったように思いました。筆者が天文雑誌を読み始めたころかそれよりも前は分光観測記事やスペクトル画像の投稿が結構あったように思いましたが、今はほとんどないかとても少なくなってしまったと感じています。

逆にデジタル技術のおかげもあって最近は学校の天文部や高校・大学での観測実習で取り組むケースが増えてきています。

分光観測の現状はそんな感じなのですが、そういう状況でも星まつりでアウトレット販売した星用直視分光器が完売したり、その後も少ないながらも天体のスペクトルを観察したいという問い合わせをいただいていますので、将来的には弊社で何か分光に関連するものを提供できたら面白いことになりそうかなと思っていますが、やるとなれば普及させるには時間をかけて丁寧にやっていくしかなさそうです。

ただ、筆者も残念に思っているのは分光観測の入門書に関しては国内では皆無で、洋書を頼るしかありません。天文教育とアマチュアへの普及を考えると1冊あるとありがたいです。(kon) 


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  MARK-X用2軸モータードライ... | トップ | 超新星 SN2017B »
最近の画像もっと見る

星まつり・観測会・イベント」カテゴリの最新記事