健康を科学する!

豊橋創造大学大学院健康科学研究科生体機能学のつぶやき

帯状疱疹で心臓発作・脳卒中リスク増

2017-07-15 08:30:22 | 研究
帯状疱疹を発症した人では、心臓発作や脳卒中のリスクが急増する恐れがあるとの研究結果がJournal of the American College of Cardiologyに発表されたそうです(AFPBB NEWS)。水痘ウイルスの再活性化によって引き起こされる帯状疱疹は高齢者により多くみられる病気。研究論文によると、それぞれのリスクは、心臓発作で59%、脳卒中では35%高かったそうです。また、リスクが最も高い期間は発症後の1年以内で、それ以後は減少してく傾向があったそうです。脳卒中リスクが最も高かったのは、40歳未満の年齢層だったとも。今回の研究は、2003年~2013年に追跡調査を実施した患者51万9880人の医療記録データベースに基づくものだそうです。ちなみに、帯状疱疹が心血管障害のリスクを上昇させる理由についてはよくわかっていないということです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3134387
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 左右の肺上部だけ使い左肺に | TOP | たばこ1箱1300円 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。