健康を科学する!

豊橋創造大学大学院健康科学研究科生体機能学のつぶやき

ゲノム編集で筋ジストロフィー症が回復!?

2017-03-01 08:30:45 | 研究
筋力が徐々に衰える遺伝性の難病、筋ジストロフィーになったマウスで、遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術を使って遺伝子を修復し、筋力を回復させる治療に成功したと、米ワシントン大の研究チームがNature Communicationsに発表したそうです(YUOMIURI ONLINE)。筋ジストロフィーのうち、患者数が最も多い「デュシェンヌ型」と呼ばれるタイプは、遺伝子の異常によって筋肉の構造を支えるたんぱく質「ジストロフィン」が作れず筋肉が衰えていきます。国内に推定約4000人の患者がいるとされていますが、根本的な治療法は見つかっていません。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170220-OYT1T50055.html?from=ycont_top_txt
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケネディースペースセンター... | TOP | ADHDの脳 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。