健康を科学する!

豊橋創造大学大学院健康科学研究科生体機能学のつぶやき

都市部の気温が2100年までに8度上昇!?

2017-06-12 08:30:25 | 研究
地球温暖化とヒートアイランド(都市高温化)現象の二重の打撃に直面することで、世界の一部の都市では2100年までに気温が8度程度上昇する可能性があるとする研究結果がNature Climate Changeに発表されたそうです(AFPBB NEWS)。このような気温の急上昇は、都市住民の健康に悲惨な影響を及ぼし、企業や産業から利用可能な労働力を奪うとともに、水などのすでに逼迫した状態にある天然資源に圧力をかける恐れもあるそうです。今回の予測は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量が21世紀末まで上昇を続けると仮定した最悪事態のシナリオに基づくものだそうです。このシナリオの下では、人口が上位4分の1に入る都市は21世紀末までに気温が7度以上上昇する可能性があるということです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3130053
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喫煙で毎年700万人が死亡 | TOP | 節度ある飲酒 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 研究

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。