健康を科学する!

豊橋創造大学大学院健康科学研究科生体機能学のつぶやき

10年長生きすることを可能にしているとみられる遺伝子変異

2017-11-25 08:30:14 | 研究
米中西部に暮らすキリスト教の一派アーミッシュ(Amish)の人々に、それを持たない人よりも10年長生きすることを可能にしているとみられる遺伝子変異が見つかったとする研究報告がScience Advancesに発表されたそうです(AFPBB NEWS)。アーミッシュはPennsylvania州などに住むプロテスタントの一派で、自動車や電話などを使わず、独自のコミュニティーを形成しているそうです。その健康な老い方について10年以上にわたって研究が行われてきたそうです。研究では、Indiana州Berneのアーミッシュコミュニティーの人々177人を調査。そのうち43人に「SERPINE1」と呼ぶ遺伝子の変異があることを発見。平均寿命はこれら43人が85歳だったのに対し、残りの住民の平均寿命は75歳。こうした遺伝子変異を持つアーミッシュの人々は糖尿病にも極めてかかりにくく、代謝も良いそうです。細胞の老化で中心的な役割を果たしているたんぱく質はプラスミノーゲン活性化抑制因子1(PAI-1)とみられており、RPINE1遺伝子の影響を受けるそうです。PAI-1は動物の加齢に関連があることが知られているが、ヒトでの影響はいまだ解明されていないとのこと。

http://www.afpbb.com/articles/-/3150748
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

クローン病の治療

2017-11-24 08:30:32 | 研究
特定の種類の「善玉菌」を取り入れて腸内細菌のバランスを整えると、クローン病治療の助けになる可能性があるとの研究結果がScience Translational Medicineに発表されたそうです(AFPBB NEWS)。痛みを伴う炎症性腸疾患のクローン病の患者数は世界で数百万人に上っているそうです。クローン病の症状には、頻繁な下痢、発熱、筋けいれん、倦怠(けんたい)感、直腸出血、原因不明の体重減少などがあるが、原因はまだ解明されておらず、根治的治療法は確立していません。不定期に現れる可能性のある症状を緩和するために、外科手術や薬剤、サプリメントの投与などが行われているのが現状。論文によると、クローン病の症状を改善させるには、抗生物質を用いて腸内微生物叢の細菌の大部分を死滅させる必要があるそうです。その後、ウレアーゼとして知られる有害な酵素を持たない細菌を腸内に再導入するそうです。研究は、クローン病を抱える子ども90人の便サンプルを分析し、健康な子ども26人と比較。その結果、クローン病患者には悪玉菌のプロテオバクテリアが多数存在することが明らかに。プロテオバクテリアにはウレアーゼ酵素が含まれており、この酵素が尿素をアンモニアに変換し、クローン病における腸内細菌のアンバランスを促していると。そこで、抗生物質のバンコマイシンとネオマイシンを下剤とともにマウスに与えて腸内細菌量を減らした後、単一細菌種の大腸菌を導入。その結果、大腸菌がウレアーゼ酵素を持たない場合、マウスの腸の健康状態は改善されたそうです。一方、大腸菌がウレアーゼを持つ場合には、腸の炎症が悪化したそうです。さらに、実験参加者5人に同じ抗生物質と下剤を与えた結果、腸内細菌量が10万分の1に減少したそうです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3150792
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

認知発症とゲーム

2017-11-23 08:30:59 | 研究
視覚刺激への反応を求める特定のゲームでトレーニングを積むことにより、認知症の発症リスクが29%低下する可能性を示唆する研究結果がAlzheimer's & Dementiaに発表されたそうです(AFPBB NEWS)。2800人以上を対象とした無作為化臨床試験に基づく研究では、いわゆる「脳トレゲーム」が使用されたそうです。この脳トレゲームは、画面中央に表示される物体を識別しながら、同じタイミングで周辺部に表示される別の物体の位置を把握する内容となっているものだそうです。ユーザーが上達してレベルが上がるにつれ、表示スピードが速くなり、難易度が増すそうです。ゲームの目的は、脳の変化する能力(可塑性)を訓練することと、認知や意思決定、思考、記憶などの能力をテストすること。被験者の参加時の平均年齢は74歳だったそうです。ただし、一部の専門家からはこの結果について懐疑的な見方も。

http://www.afpbb.com/articles/-/3151084
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

歩き方で個人識別

2017-11-22 08:30:26 | 研究
人工知能(AI)の学習機能を活用し、映像に記録された歩き方の特徴から個人を識別する技術の精度を大幅に高めたという発表があったそうです(YOMIURI ONLINE)。これまで、歩く姿勢や歩幅、重心、手の振り方などを映像から数値化して、個人を特定する技術を開発され、警察庁で防犯カメラに映った被疑者の特定などに試験運用されているそうです。ですが、体の向きが違うと精度が大きく落ちることが課題だったそうです。そこで、数値化すべき特徴を研究者が指定するのでなく、AIが大量の画像から自動的に特徴を探し出す「深層学習」という技術を使い、様々な方向に歩く約1万人の映像をコンピューターに学習させたそうです。その結果、1人で歩いている人物の識別率は、体の向きが90度違うと従来は61・5%にとどまっていたのが、95・8%まで高まったそうです。この技術は、犯罪捜査などへの応用が期待されるそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20171108-OYT1T50066.html?from=ycont_top_txt
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

異常気象による経済損失額

2017-11-21 08:30:46 | 研究
異常気象に起因した2016年の経済損失が1290億ドル(約14兆6000億円)に上ることが、The Lancetに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。気候変動によって干ばつや暴風雨、洪水が増加していることから、損失額はさらに増加するだろうと警告しているそうです。論文によると、2016年に発生した異常気象は797件で2010年から46%も増加。経済損失額はフィンランドの国家予算に相当する1290億ドルだったというもの。また気候変動によって将来的にも世界各地で熱帯暴風雨や干ばつ、洪水の頻度と深刻度が増すことはほぼ確実であり、貧しい国々の財政が過度に圧迫されるだろうと指摘。貧国では異常気象による昨年の損失額が2010年から3倍に増えており、先進国よりもGDPに占める割合がかなり大きくなっているそうです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3148793?cx_position=7
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

巨大惑星

2017-11-20 08:30:52 | 宇宙
地球のはるか遠方にある小型の暗い恒星を公転している「怪物級」の巨大惑星を発見したとの研究結果が発表されたそうです(AFPBB NEWS)。理論上存在するはずのない惑星の発見は、天文学者らに大きな驚きを与えたそうです。見つかった惑星は、半径と質量が太陽の半分ほどの恒星の周りを公転しているそうです。これほど小型の恒星の周囲では、木星のような巨大惑星が形成されることはないというのが長年の定説だったそうですが、今回のガス状巨大惑星の存在はこの説を揺るがすものということです。惑星の形成をめぐっては、銀河で発生する大規模な爆発の名残のガスと塵が集まって新しい星ができ、その星の周りを残りの物質が円盤状に回転・凝集して塊となると考えられているそうです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3148869?cx_position=6
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鳴き声の「なまり」を学習

2017-11-19 08:30:16 | 研究
鳴き声の「なまり」を学習

コウモリの幼獣は、母親ではなく群れの仲間から発声を学び、群れ特有の鳴き声の「なまり」を身につけるとの研究結果がPLOS Biologyに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。論文によると、コウモリの発声の違いは、英語のロンドンなまりで話すかスコットランドなまりで話すかの違いと同レベルだそうです。今回の研究結果は、集団の中での言語習得に新たな光を投げかけているそうです。この種の学習能力は主に人とその他ごく少数の動物だけが持つと考えられているそうです。鳴き鳥では、親のどちらかをまねることで鳴き声を習得する傾向があるが、コウモリは鳴き鳥と異なることを今回の結果は示しているそうです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3148931?cx_position=4
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

太陽系に最も近い恒星のちりの帯

2017-11-18 08:30:09 | 宇宙
欧州南天天文台(ESO)は、太陽系に最も近い恒星プロキシマ・ケンタウリ(Proxima Centauri)の周囲で新たに発見されたちりの帯の想像図を公開したそうです(AFPBB NEWS)。南米チリ北部の砂漠にあるALMA電波望遠鏡を使った観測により、光を放っている冷たいちりの帯は、プロキシマ・ケンタウリから地球と太陽の距離の1~4倍の距離に分布していることが判明したそうです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3149288?cx_position=9
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ予防接種の効果

2017-11-17 08:30:43 | 研究
2016~17年のインフルエンザ流行時に予防接種の効果があったのはわずか5人に1人に過ぎず、今年も同様の効果しか上がらないだろうとする論文がPNASに発表されたそうです(AFPBB NEWS)。論文によると、2016~17年にはH3N2型(A香港型)の変異型インフルエンザが流行したが、鶏卵を利用して大量生産されたインフルエンザワクチンはこの変異型に対応しておらず、予防接種の効果があった割合はわずか20~30%にとどまったというもの。インフルエンザのワクチンとは、不活化させたインフルエンザ病原体の表面にあるタンパクを浄化したもの。これを接種することで免疫システムの準備を整え、新たな病原体が侵入した際に対抗できるようにする。現在人々に接種されている2017年のワクチンは2016年と同じH3N2型(A香港型)で、もし今シーズンもH3N2型が流行すれば、また予防が困難な年になるだろうということです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3149529
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ピラミッド内に巨大空間

2017-11-16 08:30:05 | 研究
エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッド内部に巨大な空間があるとの調査結果がNatureに発表されたそうです(YOMIURI ONLINE)。研究では、宇宙から飛来するミュー粒子を使ってピラミッドを透視。巨大通路「大回廊」(全長約50メートル)の約20~30メートル上に未知の空間があるのを発見。詳しく分析したところ、全長が約30メートルもあることがわかったそうです王の埋葬室の可能性もあるそうです。従来は「王の間」が埋葬室と考えられてきたそうですが、王の間の天井には古いひび割れがあり、崩れる危険がある場所に埋葬するとは考えにくいことから、本当の埋葬室は別の場所だという説もあったそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20171102-OYT1T50065.html
Comment
この記事をはてなブックマークに追加