東京ドリーム学園でディスカッション能力を身に付ける

東京ドリーム学園でディスカッション能力を身に付ける!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今こそ攻め時?東京ドリーム学園

2016-10-29 14:38:18 | 日記
東京ドリーム学園もその1つだが、日本語学校は果たして日本にいくつあるか。

2010年調べでは日本語学校の数は全国合わせて397校とある。この数字が
多いか少ないか、自分としては少ない方だと思う。

これが外国人留学生が学ぶためにしか存在しない学校というのならばまだともか
く、日本生まれ日本育ちでも親が日本語を話せないため、ろくに教わる事ができ
なかった人が学ぶための場所でもある。
つまり全部が全部、「外から来た人の為の学校」というわけではないのだ。

生徒総数は当時43669人で、1校あたり110人くらい――とはならないだ
ろう。
平均的に割り振られればいいのだが、中心地に人は集まるわけで、もちろん留学
生もそれに漏れない。だから全国的にばらつきがあるだろう。

そんな中で東京ドリーム学園の生徒数は2015年で210人くらいだったはず
なので、平均から言えばずいぶん多い分類だ。
東京にあるからというイニシアチブが高いのもあるだろうが、やはりそれなりに
長く続いている学校という実績があるという証明でもある。

そう、東京ドリーム学園は開校してからそれなり年月が経っている。
それのわりに、全国の日本語学校は平成23年をピークに、減少の一途をたどっ
ていて、現在では300ほどしかないようである。それでも平成10年のころか
らすればまだ多い方だが、近々、下回る事は目に見えている。そのくせ、生徒数
は増加の傾向にあるという。

こうなってくると最大収容人数300人で、まだ収容人数にも余裕のある東京ド
リーム学園は、今こそ生徒を集めるチャンスなのではないだろうか?
1つの学校に集約する必要がないかもしれないが、交流もウリであると考えられ
る東京ドリーム学園は人数が多ければ多い方がいい。
それに人数が多ければ当然、閉校になりにくいわけだから、減少傾向にある日本
語学校の代表格的な存在になることができるのではないだろうか?

ぜひとも東京ドリーム学園には打って出てもらいたいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 求む!東京ドリーム学園 | トップ | みんな仲良く東京ドリーム学園 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。