五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2017・5・15

2017-05-16 11:25:25 | 日記
朝、老老ブレックファースト(トロロご飯、新じゃがと牛すじとゆで卵のおでん風、かぶの浅漬け、ミニトマトのオリーブオイル風味、きゃべつの味噌汁)を食べたこと、かなり長文のこの日記を書いたこと、12時に茅場町のTデンタルクリニックで定期検診を受けたこと、その帰りに人形町まで歩いてホボ同年配の脚本家Kさんに電話して、私も昔から知っている奥さんのKさんが経営するカフェでお喋りしたことまでをAとする。2時過ぎに都営浅草線で高輪台まで出て五反田のマンションで廃棄処分にしたこれまでの人生のポートレイトが入った空き缶とホボ25年前に知人からこれで20万円貸してくれと送られてきたままになっている有田焼の皿を回収したこと。5時半に老老ディナーで塩分制限で控えていたパスタを、それも塩分たっぷりの明太子パスタをコンソメスープとサラダと一緒に食べたこと。食後、羊羹を食べながら母と「YOUは何しに日本へ?」をみたことまでをBとすると、私はそれ以外の時間をあることに使い切った。それは掲載雑誌を買い損ねた又吉直樹の新作「劇場」をAとBの間に人形町の本屋で買い求めて都営浅草線の中で読み始めてから止まらなくなって、本当は五反田のマンションでもう少し後片付けをする筈だったのに早々に切り上げ、大崎から目黒まで山手線に乗っていた僅か五分弱、目黒駅前でバスを待つ10分の間、そして恵比寿三丁目までバスに乗っていた10分ほどの間も本から目を離す訳にはいかず、いつもはあれほど好きな「YOU…」が早く終わってくれと願い、母が引き上げると同時に再び「劇場」の世界にとっぷり浸かり込み、普段ならお茶や珈琲やある時はウィスキーのロックを嘗めながら活字に目を走らせるのに、そんな余裕はなく読み続け、ふと気づいてみたら1時過ぎ。時間が時間なので、トイレに行って歯を磨いたのをきっかけに五階に上がってベッドに横になったものの、そしてこれまたいつもなら殆どすぐに眠ってしまうのに、そのまま「劇場」を読み続けること二時間余り。最後のページを読み終えたのか四時近く。いやぁ、例え中編にしろ一冊の小説を一日で読み切ったのは何時ぶりだろう?もうそろそろ夜が開ける。きっと明日は寝不足で、朝起きられるかどうか分からない。でも、そんなことがなんだ?こんな経験はこれからあるかどうか分からない。久しぶりに小説を読んだ高揚感に打ち震えたことが大事なんだよ★テアトロジャージャン第十回記念公演「四階で火事が!三階で洪水が!(仮題)」作演出・桃井章 出演・浜田晃/岸本敏伸、桑原なお、大塚みどり、茂木英治/水沢有美・公演日時9月14日(木)~18日(月・祭)・料金3500円★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・5・14 | トップ | 2017・5・16 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。