五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2017・5・19

2017-05-20 12:12:57 | 日記
今日のNHKプレミアムトークは「ひよっこ」に出演している和久井映見さんだったので、「ひよっこ」ファンの母と私は、老老ブレックファースト(海苔マット明太子、納豆、ナスの漬け物、豆腐の味噌汁)の後も続けて見てしまう。彼女の台本に対する真摯な向かい方、ドラマの中で彼女の部屋に置いてあった裁縫道具や薬箱の中身に、スタッフの気配りを感じてしまって、ますますこの番組が好きになる。終わった後、老老散歩に母を連れ出して、スーパーで買い物。母の今日の買い物は、賞味期限ギリギリで半値になっていた食パンとアイスクリーム一個。昼に一緒に食べるんだと楽しみにする母が愛しい。午後、月に一度の定期検診にS内科クリニックへ。採血されながら看護師の女性に去年発見された大動脈解離のことで、後一日遅かったら破裂して今頃は死んでいたかもと脅かされ、あなたは運がいいと何度も言われる。確かに運だ。通風の発作が頻発していたので近所の整体師に紹介されてこのクリニックに通いだしたのが一カ月前。もしもここのクリニックを知らなかったら大動脈解離の症状が現れても診察を受けていなかっただろうし、他の医者ではスルーされていたかもしれない。それに最初の背中の激痛は翌日には緩和していたのだし、例え微熱が続いていたとしても、芝居の制作のCHさんから半強制的に診察を受ける様に指示されなかったら病院へ足は向かわなかった気がする。そんないくつかの幸運が重なって今私をこうして呼吸させてくれるのだと思うと、この一分一秒が大事に思えてくる。嗚呼、それなのに今日の私ときたら淫らなことばかり妄想したりして……、いや、それはそれで大事なことなんだけど……(閑話休題)で、今日の老老ディナーは、朝の買い物の時に母が所望した鶏のから揚げとポテトフライ、それに近所の商店街にある豆腐屋までわざわざ買いに行った絹ごしの冷や奴、かぶの漬け物、それに茗荷とネギの味噌汁。地上波はみたいものがなかったので、母と昨日に引き続いて録画してあった「ブラタモリ・京都篇」を見る。しばらく京都に行ってないなと呟いたら、母は私なんか四十数年前にたった半日だけ行っただけだわと拗ねる。だったら近い内にいこうよ、母上と誘いたい処だけど、私には母を連れて京都に遊ぶお金も元気(脚力と血管)がない。10時過ぎ、そろそろ五階に上がろうかと思っていたら名古屋のCHテレビのSプロデューサーが来店。彼が演出家として20数年ぶりに撮ったドラマの苦労話を聞く。色々大変だったかもしれないけど、定年前にまたドラマを演出できてよかったね、Sさん★テアトロジャージャン第十回記念公演「四階で火事が!三階で洪水が!(仮題)」作演出・桃井章 出演・浜田晃/岸本敏伸、桑原なお、大塚みどり、茂木英治/水沢有美・公演日時9月14日(木)~18日(月・祭)・料金3500円★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。ん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・5・18 | トップ | 2017・5・20 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。