五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2017・6・12

2017-06-13 13:20:31 | 日記
昨日はわざと書かなかったけど、この日記に毎日老老ブレックファーストと老老ディナーのメニューを書いていくのは結構時間がかかる。たかが前日の食事のメニューと言う勿れ。納豆を食べたか食べなかったか、生野菜はあったかなかったか?あったとしたらなんだったか?位はすっーと思い出せても、メインは何だった?肉だったか?魚だったか?それとも卵料理か?若しくは肉料理と卵料理のミックスだったか?味噌汁の身は何だったか?他に並べた皿はなかったのか?なんてことを完全に思い出すのに下手すると一時間以上かかってしまうことがある。それでも思い出しただけマシだ。いくらなんでも一時間以上かかって味噌汁の身を思い出さない時には、わざと忘れたふりして味噌汁自体がなかったことにする。何か言いたいかというと、加齢と言うことです。それだけ忘れっぽいと言うことです。だったらそんなメニューなんか思い出そうとしなくてもいいじゃないか?並べ立てた処で、フィンランド料理とかモリジブ料理と言うならともかく珍しくもないし、、美味しそうでもない。確かにそうだ。でも、よく言われていることだけど、こうしてメニューを思い出すことは認知症の予防にもなるらしいし、この一時間は無駄にならない気がする……と言い訳ばかりしているのは、昨日に続いて今日も何を食べたか忘れていたからだけど、たった今、朝のメインが大根おろしを一杯添えたいわしの丸干しだということを思い出した途端、芋釣り式に前日の残りの牛肉とインゲンのバター炒めを特製アラビアータソースで絡めた一品を添え、茗荷入り納豆にきゅうりの浅漬け、それに味噌汁はカブだったことまで思い出したのだ。いやいや、朝ばかりじゃない。夜はぎょうざを焼いて、麻婆豆腐とキムチスープだったことまで思い出してホッとする。食後、三四年前に評判だったのに見逃していた「野火」(脚本監督・塚本晋也) をhuluでやっていたので見る。凄いの一言。終わった後、圧倒されてついJダニエルに手が伸びたらすぐさまダウン、ゴーツーベッド。やっぱり酒が弱くなっている。★テアトロジャージャン第十回記念公演「四階で火事が!三階で洪水が!(仮題)」作演出・桃井章 出演・浜田晃/岸本敏伸、桑原なお、大塚みどり、茂木英治/水沢有美・公演日時9月14日(木)~18日(月・祭)・料金3500円★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・6・11 | トップ | 2017・6・13 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。