五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2016・10・12

2016-10-13 10:41:27 | 日記
昨日の日記では、台本のラスト部分が漸く納得が行ってエンドマークをつけたと書いてあって、それは決して嘘ではないのだけど、読み返している内に欠陥に気づいて、今日5時に起きてから老老老散歩までの一時間、老老老ブレックファースト(紫蘇入り玉子焼生姜風味、かいわれサラダ、キンピラ、納豆、小松菜の味噌汁)の後、大童で五反田に帰って、朝直した部分とその後ラストまでを10時過ぎまでに完成する。まだ気がかりはないわけではない。だからまだこれから稽古中に直しは加わっていくだろう。でも、それは「演出家」の私の役割で、「作家」としての私は今日の作業で終わることにする。長かった。書き始めたのは七月の末だったか八月に入ってからだったか、当初は八月一杯の予定だったのに九月末の顔合わせの時になってもまだ半分しか出来ていなくて、何とかとりあえずのエンドマークを打ったのが、十月になってからで、漸く自分なりにOKを出してのが今日と云うことは、約70日も台本にかかってしまったことになる。かかりすぎだ。でも、今年はこれで新作が三本目、ちょっと疲労か?こんな日は寒くなっても来たし熱燗をしみじみ飲みたい。今日は母が弟たちと墓参りに出かけて食事がいらないとのことだったので、リハが終わって5時から開店する6時までの間に近所の焼鳥屋に飛び込み、一人きりのお疲れ会。以前の日記にもかいたけど、作家にとっての打ち上げは脚本を書き上げたその日だ。、職業脚本家の時からその日は新宿の焼鳥屋に繰り出してやきとりを好きなだけ貪り食ったものだ。今日もたった一時間の間に焼鳥12本を胃袋に押し込む。そして熱燗が体中を暖める。幸福だ。★テアトロジャージャン第八回公演「喪服の女」(作演出・桃井章)日時・11月2日(水)~6日(木)・料金3000円・出演 水沢有美、大塚みどり、菊地祥子、岸本敏伸 ・予約問い合わせ090ー9964ー2231★第九回公演「M家の人々Ⅲ・歌う女」(作演出・桃井章 )日時2017年3月17日(金)~3月20日(月・祭日) 出演・水沢有美他 詳細未定★テアトロジャージャンのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセス。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016・10・11 | トップ | 2016・10・13 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。