ごしょらくさん

ごしょらくおじさんの日記

老茸(ろうじ)と夜明け前

2016-10-07 20:32:06 | daily happening
オイラ、どちらかというと読書を余り好まない。老眼が始まってからその兆候は更に強まり、最近新聞さえもおっくうになってきている。

そのオイラが、本屋で単行本を買ってきた。島崎藤村の「夜明け前」である。何故夜明け前かというと、文中にキノコに関する件があるからである。

老茸(ろうじ)別名クロカワ



【 彼は茶屋の軒をくぐって、何か有り合わせのもので茶漬けを出して貰おうとすると、亭主が季節柄の老茸(ろうじ)を焼こうといって・・・

— 中略 —

・・・やがて茶屋の亭主がそこへ持ち運んで来た焼きたての老茸を・・・ 】


 — 以上、新潮社 文庫本 小説「夜明け前」 第二部、下巻より引用 — 



老茸(ろうじ)は別名クロカワ・ウシビテと呼ばれ、姿・形が異様で、とても食用とは思えない一見グロテスクなキノコである。

焼いて食うのが一般的とされ、通の間では人気のあるキノコで、一部地域では、マツタケよりも珍重されるところもあるとか何とか・・・

苦味があるのが特徴で、酒飲みの間では、焼いた老茸を肴に一杯飲るのが通とされ、酒飲みにはこの苦味が堪らないらしい。

因みに、オイラも酒好きではあるが、茹でてポン酢で食ったのみで、これまで焼いて食ったことがない。今度一遍試してみよう。

尚、小説「夜明け前」について、俄か知識であるため、内容を説明せよとか、感想はどうだったかとのご質問には一切お受け致しかねます。

そこんところ 「ヨ・ロ・P・ク!」


押せ!
人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キノコ祭り | トップ | ヒトもキノコも外見で判断し... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クロカワ (南箕輪の通りすがり)
2016-10-08 04:53:15
あ~このキノコ先日見ました。たしか4本入って1200円の値段がついていました。すでに山でゲットされたのですか。自分も採ってみたいものです。これから飯山経由で新潟まで道の駅めぐりしてきます。いろいろなキノコがみれそうで年甲斐もなくウキウキしてます。でわでわ。
うしびて (北栗)
2016-10-08 08:10:53
おらほうでは「うしびて」と呼んでる
大きな城にあたるとリュックいっぱいになる
リュックは 松茸と「うしびて」採れたことかくすため
素人にばれたら 城だろうがどこだろうが ひっかきまわされて 山がだめになるから
「うしびて」はゆでて大根おろしで食べる
苦みが何ともいえぬおいしさである
あ- 食べたい
キノコの話は大好きだ
南箕輪のとおりすがりさん (naotyan)
2016-10-08 18:05:35
え~と、今自分がお世話になっている道の駅では、クロクカワはキロ当たり5千円だそうです。
グラムあたり500円ですからね、高価な部類のキノコに間違いはないようです。

道の駅巡りですか?いいですねぇ。自分も時間さえあればやってみたいですね。
道の駅は、地場で採れた物が沢山ありますので、楽しんできて下さいませ。
北栗さん (naotyan)
2016-10-08 18:10:35
コンバンワ。コメントありがとうございます。

キノコの話しは大好きであるとのこと。連日キノコの話題ばかりなもので、飽き飽きしている方もおられるだろうと懸念しておりましたが、やはり世の中キノコ好きの方はおられるんですねぇ、安心しました。

そうなんですよね、シロを引っ掻きまわすバカな奴が。結局、マツタケにしろクロカワにしろ、シロの大事さという物が分かっていないんでしょうね。

コメントを投稿

daily happening」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。